介護はこれから先どんどん拡大していく事業。これからますます需要は増えるでしょう。 そうしたことから、介護事業への参入・起業を考えている方は少なくありません。

でも、その反面企業の撤退も後を絶ちません。

なぜでしょう。

実は、闇雲に参入して結果が残せるほど甘くはないのです。

介護業界では経営計画を立てる上で抑えておくべきポイントがいくつかあります。

このポイントを押さえておかなければ、財務体質が悪化→従業員の待遇が悪化→介護サービス悪化となり、最悪、利用者の方への虐待となっていきます。

結果として企業の死活問題となります。

企業運営が、負のスパイラルに陥ってしまうと、経営者、従業員、利用者、すべての人の将来の希望や夢を奪ってしまう、結果になってしまします。

まだ遅くありません。そうならないために、このポイントを押さえて、今からしっかりと事業計画を立ててみてはいかがでしょうか?

 下のボタンをタップして、LINEにご登録されたに、「介護事業計画のポイント」をプレゼントします