借りない資金調達とは?

現在ではビジネスの可能性を広げる方法として、借りない資金調達が注目を集めています。

企業や会社が資金を調達するにあたり、銀行からの融資やビジネスローンが一般的な選択肢です。

私も以前までは、金融機関からの借り入れでキャッシュフローを改善していました。

しかし、融資で一時的に資金調達をしても次のデメリットやリスクがあります。

  • 長期間に渡って返済しないといけない
  • 安易に融資を利用すると将来の資金繰りが圧迫する
  • そもそも審査に通らない可能性がある

一方で借りない資金調達は、金融機関から融資を受けるわけではありません。

返済の必要性がないため、「毎月の返済が苦しい…」「資金繰りが圧迫する…」といったリスクはないですよ。

借りない資金調達は大きくわけると2種類の方法がありますので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

助成金や補助金を利用する

借りない資金調達として、助成金や補助金の利用は代表的です。

例えば、去年の東京都では「TOKYOイチオシ応援事業-地域の魅力を活かした新ビジネス創出事業-」や「創業助成事業」などの助成金制度がありました。

助成金や補助金には次の4つのメリットがありますので、私も申請したことがあります。

  • 融資とは違って返済しなくても良い
  • 利子や利息の負担がかからない
  • 担保や保証人は不要
  • 経営に口を出されない

お金の借り入れではなく事業資金の受給という形になりますので、国や自治体への返済は不要なのです。

まずは自分が起業を計画している地域で、どのような助成金や補助金の制度があるのか調べることから始めましょう。

ファクタリングサービスを利用する

助成金や補助金は、申請しても必ず事業資金を受給できるわけではありません。

私も東京都の助成金制度を申請しましたが、残念ながら審査に落ちてしまいました。

ビジネスローンと比較しても審査はかなり厳しめですので、借りない資金調達を考えているならファクタリングサービスがおすすめです。

ファクタリングサービスは入金待ちの請求書の売掛金を売却し、最短即日で資金を調達する方法を指します。

法人でも個人事業主でも利用できますし、取引先に知られずにやり取りできる点も大きなメリットです。

私は数多くのファクタリングサービスの中でも、日本中小企業金融サポート機構を利用しました。

クラウド契約で最短当日にお金を振り込んでくれますので、急ぎで資金が必要になった時に活用してみてください。