web用語解説 part2

私が調べたweb用語の解説Part2です。リンにしてください。
1-1 web解説の目的とは。
Webサイトによる利益を増やすためには、明確な目標を設定し、それを達成するようにWebサイトを改善し続けることが重要になります。その手段のひとつがアクセス解析です。

「明確な目標」とは、Webサイトからの登録数や問合せの件数、あるページまで訪問者がたどりついた件数など、具体的な数値のことです。アクセス解析はリアルタイムで確認できるため、Webサイトを変更した際はアクセス解析にすぐに反映されます。思うような解析結果が得られない(=目標に達しない)場合は、対策を立て直し、改善を繰り返すことが大切です。
1-2 PV(Page View)とは。
、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標の一つです。ブラウザにHTML文書(ウェブページ)が1ページ表示されたら1PVとカウントされます。PV数はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールをサイトに導入することで解析することができます。
1-3 ユニーク。ユーザーとは。
1日・1週間・1カ月など特定の期間内にWebサイトを訪れた人の数です。

例えば、今日までの過去1週間にAさん・Bさん・Cさんの3人がWebサイトをそれぞれ1回・3回・5回、訪問したとします。
ユニークユーザーはWebサイトを訪れた固有の人の総数であり、それらの人が期間中何回Webサイトを訪問したとしても、期間中のユニークユーザーは3人になります。

つまり、ユニークユーザーが増えると、そのWebサイトのファンの人数が増えたことになります。
1-4 アクセスログとは。
アクセスログとは、いわば自分たちのお店に入ってきたお客様の足跡・行動記録です。「お客様がどの商品を手に取り、どこで足を止めたのか」「何を見て商品を買ったのか」ということが自動的に記録されているようなものだとお考え下さい。そのため、この記録を分析することでお客様のニーズや自分たちのサービスの強み・弱みなどを効率的に知ることができます。
1-5 ヒートマップとは
ヒートマップとはデータを可視化するために、行列型の数字データの強弱を色で視覚化する方法です。

WEB解析においてのヒートマップの仕組みは、マウスの動きを追跡し、そのマウスのログからヒートマップを作り出しています。人間の目とマウスの動きには80%以上の相関関係がある事が実証されており、マウスの動きをヒートマップで表現する事により、ユーザーの思考を可視化することができるのです。
2-1 更新とはなにか。
新しく改めること。また、改まること。「世界記録を更新する」
ある契約の期間が満了したとき、その契約をさらに継続させること。「賃貸契約を更新する」
2-2 CMS(Contents Management System)とは。
CMSとは、HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです
2-3 どんな種類のCMSがあるか。代表的なCMS。
Web制作ツールを選ぶ際に、更新性や機能性を考慮してCMSの導入を検討される方も多いのではないでしょうか。CMSといえば「WordPress」が定番ですが、そのほかにも多種多様な種類が存在します。

2-4 アップロードとは.
アップロード (Upload) は接続されたコンピュータ間に存在するデータ(ファイルなど)を下流ノードから上流ノードへ転送する事をさす。 ... もともと「ロード(load)」と言う単語自体にデータ転送の意味があり、それに付随してこの語が派生して使われている。
2-5 ABテストとは
ABテストとは、「ある特定の期間にページの一部分を2パターン用意して、どちらがより効果の高い成果を出せるのかを検証すること」です。 例えば上記のボタンのようにどちらの色がより結果を出せるのか? といったヴィジュアル一つでもコンバージョンへの影響するため、小さな部分の改善を繰り返していきます。
3-1 Webにおける「リンク」とは。
リンクとは、英語では「link」で、「鎖」「繋がり」「関連付ける」などの意味です。 インターネット上では、あるページの中に記された、他のページの所在を表す情報のことを「ハイパーリンク」と呼び、これを略した言葉です。 リンクのある場所をクリックすると、他のページにジャンプするようになっています
3-2 被(ひ)リンクとは。
被リンクとは、外部のサイトから設置されたリンクのことを意味します。 これは、昔から今も変わらずSEO対策において、非常に重要な対策のひとつとなります。 まず、そのSEO対策には、大きく以下の2つが考えられます。 この内部対策、被リンク対策(外部対策)が重要視される比重は、アルゴリズムの動向により都度変更になります