ソーシャルレンディングとは何だ?

新しい投資スタイルとして、個人投資家を中心に、高い注目を集めている、ソーシャルレンディング。
企業を中心とした資金需要者からも、新たな資金調達手法として、関心を寄せられています。

しかし、その反面で、一部のソーシャルレンディング事業者が、不適切運営によって、監督官庁から行政処分を受ける事態も発生。
複数のファンドで、投資家への分配に遅れが生じるケースでも出ており、投資家保護態勢の確立などが急務とされています。

ソーシャルレンディングの基本的な仕組み

ソーシャルレンディングの基本的な仕組み・流れは、下記の通りです。
  1. ソーシャルレンディング業者が、ファンドを組成。
  2. 投資家が、ソーシャルレンディング業者のホームページで、出資申込を行う。
  3. ソーシャルレンディング業者は、集めた資金を、別会社(=借り手企業)へと融資。
  4. 借り手企業から返済を受けた元利金を原資に、ソーシャルレンディング業者が、投資家へと分配を行う。

ソーシャルレンディングのメリット

まず、投資家の立場から見れば、ソーシャルレンディングには、下記のようなメリットがある。
  • ソーシャルレンディングファンドは、高い期待利回りが呈示されている。
  • 1万円程度の少額から、投資をスタートできる。
  • 投資に関する手続きはいずれもインターネットで完結し、簡単である。


また、借り手企業から見れば、ソーシャルレンディングには、下記のようなメリットがある。
  • ソーシャルレンディング事業者による融資審査は、銀行によるそれと比べて、柔軟であるとされている。
  • 満期一括返済が受け入れられる可能性がある。
  • 担保物への掛目も、銀行と比べ、高いものが期待できる。

ソーシャルレンディングのデメリット

投資家からすれば、ソーシャルレンディングには、下記のようなデメリットがある。
  • 元本割れのリスクがある。
  • ファンドの運用期間中、途中解約が出来ない。

借り手企業から見ても、ソーシャルレンディング事業者からの借入金利は高く、この点は、デメリットとなり得る。

国内のソーシャルレンディング事業者について

日本国内のソーシャルレンディング事業者について情報をまとめたこちらの記事を確認されたい。
ソーシャルレンディングおすすめ会社&危険会社ランキング