債務整理とは?4種類の手続きで異なるメリット

「闇金や消費者金融から借りたお金が増えすぎて、どうしようもない…」「借金を返済できなくて途方に暮れている」と悩んでいませんか?

そのような方におすすめな手続きが債務整理で、借金のある生活から解放できるようにサポートしてくれます。

一口に債務整理と言っても、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と4種類の手続きがありますので、下記ではそれぞれのメリットについてまとめました。

債務整理とは?

債務整理とは、借金で苦しんでいる方を解放する手続きのことです。

借金を減額したり支払い期間に猶予を持たせたりと、法的に借金問題を解決します。

「闇金とは知らずにお金を借りてしまった…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

法外な金利に苦しみながら借金を返し続けなくても、債務整理をすればその負担を和らげることができます。

債務整理のやり方によっては自分でもできますが、弁護士などの専門家に依頼する方法がおすすめです。

債務整理を自分でやると、次の3つのデメリットやリスクがあります。

  • お金を借りている貸金業者が相手にしてくれない可能性がある
  • 貸金業者からの督促を止めることはできない
  • 貸金業者への交渉や書類の用意など想像以上に手続きが複雑

弁護士に依頼すれば、あなたの状況に合わせた債務整理の方法を提案してくれますよ。

4種類に分けられる債務整理のメリット

債務整理は一つではなく、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と4種類の手続きがあります。

債務整理の方法によって、向いている人や借金の減額効果が違いますので注意しないといけません。

下記では、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の簡単な比較表をまとめました。
任意整理
手続き 引き直し計算や金利のカット
メリット 日常生活に大きな支障なし
デメリット 大きく減額するのは難しい
デメリット 大きく減額するのは難しい
特定調停
手続き 簡易裁判所で民事調停手続き
メリット 調停委員が間に入ってくれる
デメリット 相手が同意しないと解決できない
デメリット 相手が同意しないと解決できない
個人再生
手続き 裁判所で借金を最大90%まで減額
メリット 借金を大きく減らしてもらえる
デメリット 裁判所によって厳しい収入要件が必要
デメリット 裁判所によって厳しい収入要件が必要
自己破産
手続き 破産申立書で全ての借金を免除
メリット 借金の残額が完全にゼロになる
デメリット 一定限度を超える財産は全て没収
デメリット 一定限度を超える財産は全て没収
メリットとデメリットの両方を加味し、どの債務整理の方法が自分に合っているかを決めるのかが大事です。

下記では4種類の債務整理のメリットについて、さらに詳しく説明します。

任意整理のメリット

債務整理の中でも、最も一般的な手続きが任意整理です。

借金の減額や金利の引き直しを貸金業者と交渉し、日常生活に支障の出ない範囲まで借金を減額できます。

債務整理を行うにあたって、まずは任意整理で解決できるかどうかを考えるのが先決だと言えるでしょう。

任意整理には次の4つのメリットがあります。

  • 債権者との合意後に発生するはずの利息をカットしてもらえる
  • 日常生活に大きな支障を出すことなく借金問題を解決できる
  • 「消費者金融」「車のローン」など対象の債権者を選べる
  • 他の債務整理とは違って手続きが比較的簡単

任意整理は比較的手続きが簡単ですが、貸金業者との交渉において専門家の力は欠かせません。

特定調停のメリット

任意整理が当事者間で行う債務整理なのに対して、特定調停は簡易裁判所で民事調停手続きを行います

特定調停で借金問題の解決を図るにあたり、どのようなメリットがあるのかを下記にまとめました。

  • 利息制限法の上限金利まで引き下げて借金の計算ができる
  • 調停委員が間に入って話し合いを進めてくれる
  • 裁判所に民事執行停止の申立をすれば、強制執行手続を停止できる

「自己破産するのはちょっと…」と悩んでいる方は、特定調停を検討してみてください。

個人再生のメリット

個人再生は民事再生とも呼ばれる手続きで、現在の借金が返済困難だと裁判所に認めてもらいます。

他の債務整理とは違い、個人再生には次のメリットがあります。

  • 最低返済額が最大10分の1まで減額される
  • 住宅などの財産を維持したまま借金の整理ができる
  • 借金の滞納による強制執行を止めることができる

借金を大きく減らしたい方は、任意整理ではなく個人再生を検討してみましょう。

自己破産のメリット

債務整理の最終手段が自己破産で、裁判所に認めてもらえば借金の全ての支払い義務が免除されます。

「任意整理」「特定調停」「個人再生」はどれも借金が残りますが、自己破産は全ての借金がなくなるのが最大のメリットです。

手続き後に支払いは残りませんし、無職で無収入の方でも弁護士に依頼しれば手続きができます。

その代わりに、一定限度を超える財産は全て没収されますので注意しましょう。

債務整理の相談は法律事務所で

債務整理を自分で行うことはできますが、次の3つのリスクがあります。

  • 貸金業者が相手にしてくれない
  • 借金の督促を止められない
  • 手続きが複雑で素人には難しい

法律や制度についてある程度の知識がないと難しいため、債務整理は法律事務所に依頼するのがベストです。

C-ens法律事務所は東京都に本社を構えている事務所で、借金問題や過払い金返還請求を専門に扱っています。

相談者の悩みや借り入れの状況に合わせた解決方法を提案してくれますので、「借金をどうすればいいか分からない…」という方はぜひ相談してみてください。

最後のまとめ

以上のように、債務整理とは一体どのような手続きなのか、債務整理の種類によってメリットがどう異なるのかをまとめました。

「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つは、どれも借金で苦しんでいる方を解放するための手続きです。

しかし、メリットとデメリットの両方がありますので、今の自分の状況に合わせた債務整理を行わないといけません

素人では正確に判断することができませんので、借金の悩みを抱えている方はC-ens法律事務所に無料相談してみてください。

簡単な質問に答えるだけで借金がどれだけ減額されるかや、過払い金の有無が分かりますよ。