Kochi Leaders Program 2期生

「学ぶ、向き合う、そして、動く。より良い変化を生むリーダーになる6ヵ月間。」

Kochi Leaders Programとは

Kochi Leaders Program(以下KLP)は、「自分たちの町は、自分たちで」という理念を掲げ、「高知を担う、地域リーダーを育成する」をやるべき事として、主に高知県の大学生を中心に地域リーダーを輩出する機会を提供しています。
2016年~2017年にかけて行ったKLP1期生では、「防災」をテーマに東北合宿、高知研修と経て実行期間を設けました。
そして、2018年のKLP2期生では、「マイプロジェクト」をテーマに参加者それぞれに合った学び、考える機会、行動するコミュ二ティを作って行きます。

応募はこちらから

KLPの考えるリーダーとは?
KLPの考えるリーダーは、必ずしも大きな組織を動かす先頭に立つ人や地域をガラッと変える人ではありません。
KLPの考えるリーダーとは、「自分たちの周りの課題や問題は自分たちで解決しよう」とする姿勢や考え方を持ち、自分が関わる組織や物事に対して、「自分には何ができるのか?を率先して考え、行動できる人」をリーダーとして捉えています。
プログラム概要
KLP2期生「マイプロジェクト」編について
KLP2期生は、参加者でチームを組んで何かを始めるというものではありません。それぞれ個々で「マイプロジェクト」を持って、それに向き合い、共に考える機会です。団体内のモチベーションの差が気になる、個人として何か始めたい、団体として何がやりたいかわからなくなってきたなどの悩みとそれを解決したいという気持ちを持って参加してください。本当にやりたい事をもっと加速させる。それが、KLP2期生の目的です。

こんな方は是非参加を!

  • 高知県もしくは自分の関わる団体などに対して、解決したい課題がある!
  • リーダーとして必要なことを学び、団体と自分をもっと成長させたい!
  • 高知を盛り上げる若者のネットワークが欲しい!
  • 高知県もしくは自分の関わる団体などに対して、解決したい課題がある!
1期生と運営メンバーの集合写真 in 東北合宿

Kochi Leaders Program 2期生 募集要項
【プログラム内容】
月1回の集合研修を通じて、自分自身の日々の活動のサポートや整理、深堀りをコーディネーターを中心に、参加者も含め行っていきます。運営側からリーダーシップや課題解決に関するワークショップを提供することで新たなインプットを増やすことができます。
【概要】
日程:2018年3月~8月(6ヶ月)
内容:月1回の集合研修
対象:高知県在住大学生(高校生も相談可)
定員:10名
プログラム参加費:6000円(月々1000円の支払い)
主催:Kochi Leaders Program
〆切:第一次 2/6(火) 最終 3/9(金)

応募はこちらから

半年間のプログラム
~人を巻き込み課題を解決するリーダーになるため、学び、向き合う~

ワークショップ

月1回の集合研修では、リーダーや課題解決に関するワークショップを行います。ここで得た学びを自分の団体や行動に反映させることができます。

対話

全員が安心して、本当の思いを話すことを大切にします。集合研修では、それぞれの行動やそこから得た学びや悩みを共有し、みんなで一緒に考える場を作ります。

個別面談・研修

月1回の個別面談で、参加者それぞれの学びたい事や悩みをコーディネーターが聞き、それに合わせた学びの機会や情報の提供、人の紹介を行います。(希望者のみ)

半年間のスケジュール
身につけていく力についてのイメージ
【集合研修】※月1回 原則全日程参加
期間:3月~8月   日付:第3土曜日
時間:14時~18時 場所:高知市内
第一回:3/17(土)

<1日の基本的な流れ> 
①チェックイン
②マイプロジェクトの進捗共有(対話)
③ワークショップ
④チェックアウト

【個別面談】※希望者のみ
月1回の個別面談

応募はこちらから

<例>ワークショップテーマ
リーダー 優れたリーダーはどうやって行動を促すか?
対話 対話をするときに大事にしたい4つの認知モデル
目標設定 具体的に目標を決めるGROWモデルワーク
課題解決 フレームを使って活動の課題を明確化
対話 対話をするときに大事にしたい4つの認知モデル
得られるもの
自己を認識する力
「なぜ、それをやる必要があると思う?」「なぜ、あなたがしたいの?」「なんで、失敗した?」「なんで、成功した?」などとコーディネーターから質問をします。それを通じて、自分と向き合う半年間になります。
人を巻き込む力
組織やチームのリーダーとして、人を巻き込んでいく、チームのモチベーションを向上させていくのは必須です。そのために、必要な考え方や基盤を半年間で身につけられるようなプログラムをご提供します。
課題を整理し、課題の本質を突く力
あなたのやりたい事は、「誰の、何の、どういう状態をより良くしていくのか?」「本当に何が課題で、なぜ問題が生まれているのか?」と質問やワークショップ通じて確かめていきます。その過程で、本質を考える力がつきます。
熱量の高いネットワーク
ここで共に考え抜いたメンバーはこれからの高知を盛り上げていく大事な仲間になっていきます。「自分たちの高知は、自分たちで良くしていく。」そんな熱量の高いメンバーで高知の未来をワクワクするものに作って行けます。
熱量の高いネットワーク
ここで共に考え抜いたメンバーはこれからの高知を盛り上げていく大事な仲間になっていきます。「自分たちの高知は、自分たちで良くしていく。」そんな熱量の高いメンバーで高知の未来をワクワクするものに作って行けます。
半年間、共に悩むコーディネーター

コーディネーター 弘田光聖

1994年生まれ。高知県出身。関西大学社会安全学部卒業。東京在住。
学生時代、東北支援や防災に関する学生団体を立ち上げ、100人規模のイベントを運営。
現在、都内のベンチャー企業で働きながら、防災や教育関連のNPOで複業を行う。
KLPを通じて、「自分たちの高知は、自分たちで良くしていく。」
と考える若者を増やしていきたいと考える。

サブ・コーディネーター 岡林香菜子

1997年生まれ。神奈川県出身。高知に住むこと14年。
高知県立大学文化学部在学中。KLP1期生。
立志社中プロジェクト「news paper's」代表

「KLPでの学びは今の私そのもの」
私が自信をもって言えるこの言葉、たくさんの方に感じてもらいたい。
KLP1期生の声
悩んだり動いてみたり、また立ち止まって悩んだりしていた1年間でした。KLPに参加していなかったらこの苦労はなかったかもしれません。でも、自分で考えること、動く経験、そこから得られる学びもない大学生活の1年が続いてたと思います。

O.Sさん
高知県立大学3年生
KLPで何が一番良かったと言うと、経験が出来たことです。1期生では東北合宿や高知研修もあり、自分だけじゃ出来ない経験を作っていただけたことに感謝してます。
(KLP1期生では、防災現場での研修を行いました)
S.Tさん
高知工科大学2年生
KLPで何が一番良かったと言うと、経験が出来たことです。1期生では東北合宿や高知研修もあり、自分だけじゃ出来ない経験を作っていただけたことに感謝してます。
(KLP1期生では、防災現場での研修を行いました)
S.Tさん
高知工科大学2年生
動き、語り、地域貢献するリーダーになりたいと切望する方はこちら
内容や募集に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスから
メディア掲載実績
高知新聞 2017年 2月17日 掲載

高知新聞 2017年 11月27日 掲載

KLP1期生 活動に関する動画
KLP1期生 活動に関する写真