占い師名前の決め方

占いが人気ですね!

占い師名前決め方の成立は一人の占い狂と、古代エジプトにあり?

占い師名前決め方の起源、発祥

占い師名前決め方の記録で最も古いのは、1392年の『シャルル6世のタロット』であるとされている。だが、これは現存していない。

現存している中で最古なものは、15世紀半ばに作られた『ヴィスコンティ=スフォルツァ版』が知られている。この頃の占い師名前決め方は、現在用いられているものとは絵柄がかなり異なっていた。

現在用いられているものの原形になったのは、17世紀半ばにジャン=ノブレによって作成されたものである。これは最初パリで作られたが、マルセイユで大量生産されたため『マルセイユ版』として知られるようになった。

占い師名前決め方占いが登場してくるのは18世紀後半であり、それ以前は、タロットはあくまでカードゲームの一種として親しまれていた。

最初にタロット占いを行ったのは?

1783年、フランスのエッティラは『タロットと呼ばれるカードで楽しむ方法』を出版した。

これがタロット占いについて記した最も古い書物であるとされる。エッティラは1738年生まれで、本名をジャン=バプティスト=アリエットと言う。

彼は1770年にはカード占いの本を出版するなど、若い頃から占いの研究を行っていた。

1781年に、考古学者クール・ド・ジェブランが出した『原始世界』という書に影響され、彼は、タロットは古代エジプトの『トートの書』に起源があると考えるようになった。

その考えをまとめたのが上記の書である。この本でエッティラは、占い師名前決め方に逆位置の解釈法、古代エジプト、占星術や数秘術、錬金術の要素など、様々な要素を付加して発表した。

8年後の1789年、エッティラは自説に基づくデザインを施した『エジプシャン・タロット』を世の中に出す。
これが世界最初の占い専用タロットカードであり、『マルセイユ版』に取って代わった。

78枚全てに絵柄がそろう

1909年、アーサー=エドワード=ウェイトによりデザインされたタロットが発売される。これはイギリスのライダー社から発売されたので、『ウェイト版』の他に『ライダー版』とも呼ばれている。

パメラ=コールマン=スミスによって、当時流行したアール・ヌーヴォー調の絵柄が付され、以後イギリスでは一般的なタロットとなった。

ウェイト版までは、絵柄は大アルカナ22枚にしかつけられていなかったが、彼は小アルカナ56枚に対しても新たに絵柄を考え出した。

現代の占い師名前決め方

1972年、イギリス『アルフレッド=ダグラス版タロット』が発売され、これを切欠として、神秘主義、魔術主義の枠を超えて様々なモチーフのタロットが発売されるようになった。

タロット占いの起源・歴史について

占い業界において、よく多用されるタロットカード。

占いの結果に救われた方、今後の展望について希望が見えた方など様々ではないでしょうか。

ではその占い師名前決め方の起源とはどのようなものなのか?

今現在占い師名前決め方の起源については古代エジプトや古代ユダヤとする説など諸説あり、はっきりとした説は決まっていません。
上記以外でも中世後期ヨーロッパ説、インド説、中国説などもあります。

当初は遊び目的で作られたカードだったと言われており、歴史の変遷に伴い18世紀の終わりに占い目的のカードに変化していったようです。

遊び目的から占い目的になることにより、カードの絵柄も次第に神秘的なものへと描かれていきました。

19世紀に入ると、占い師名前決め方の起源の研究も盛んに行われるようになってきました。

深く歴史を掘り下げて研究する学者や、自分達オリジナルのタロットを作成するグループも出てきました。

その中でも、フランスのエリファス・レヴィが著作した『高等魔術の教理と祭儀』という本は、タロットとカバラを本格的に結びつけた今でも人気のある作品です。

その後フランスの「薔薇十字カバラ団」や、イギリスの「黄金の夜明け団」などのオカルト結社によって、タロット占いの地位は確立されていったと言われています。

20世紀半ばになると占い師名前決め方が主流

タロットの中にも色々な主流の本があり、一般的にウェイト=スミス・パックというものは1909年にイギリスで出版されたタロットカードのことを指します。

一方のマルセイユ・タロットというものは、17世紀半ばから18世紀のフランスで作られていたタロットカードのことを指します。

この2種類のカードを比べてみると、タイトルが違うものがあったり、カードの順番がちぐはぐになっているものもあります。

絵柄についても少し相違がみられますが、ただ細い点に目をつぶれば、ほぼ同じ意味を持つカードといえるでしょう。

また現在占いに使用されているのは、全部で78枚のタロットカードです。

その内訳は、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードです。

カードを並べ、偶然に出てきたカードをリーディングし、占いを行っています。

ここ最近日本ではスピリチュアルという言葉が流行しています。

タロットの歴史を考えれば、タロットで出る答えは先人たちの知恵だと言えます。

人生の道に迷ってしまった時、タロットの力を借りることも良いかもしれません。


占いの期限

現代でも占いはさかんに行われていますが、その起源はかなり昔までさかのぼります。

一口に占いと言ってもさまざまな種類があり、紀元前の頃から行われていたものもありますし、つい最近誕生した占いもあるのです。

もっとも古い占いとして伝えられているのは、夢占いです。

これは文字通り、その人が見た夢をもとにこれから先のことを占うというもの。聖書にも、予知夢に関する記述があることは有名です。

現在もよく行われている占星術も、かなり古い歴史があります。なんと、古代メソポタミア文明の時代から星の動きによって占いをするという風習があったそうですから驚きですね。

人間というのは未来がどうなるか、誰でも気になるものです。世の中の中心にいて、政局を動かすような人は、大事な行く末を知るために占いを積極的に活用してきました。

恋愛運をタロット占いで見る


また一般庶民であっても、恋のゆくえがどうなるのかを知りたがったり、今日は良い日なのか悪い日なのか運気を知りたいという気持ちを持っていたのでしょう。

そういう意味では、文献などに残っていなくても、占いは人類の歴史とともにあったのかもしれませんね。

占いには、現在知られているだけでもたくさんの種類があります。

星座占い・四柱推命・タロット占い・血液型占いというように、発祥の地もさまざまですし、占いに使用するツールもそれぞれ異なっています。

昔から占いをする人はいましたが、先を見通す能力がある人は人気があったんですね。

次から次へと占ってほしいという人が現れて、やがて占いが本職になっていったのでしょう。

そうするとその占術が発展し、どんどん磨きをかけられていきました。

ある人は弟子をとって、占いを次世代に継承させようとしましたし、またある人は新しい占術を開発して、それをもとに占いをしたりしたのです。

このようにして、現代ではたくさんの占いが行われるようになり、悩める人々に一筋の光を与えています。

落ち着きを与える占い

先のことが確実に分かる方法というのは実際にはありませんが、占い師に先の見通しを示してもらうことによって、心が落ち着くのでしょう。

もちろん必ず満足のいく鑑定結果が出るとは限りませんが、迷っている時に背中を押してもらったり、別の道を示してもらうことは、とても有意義なことだと言えるでしょう。

人類がこの世に生きている限り、占いというものはなくならないはずです。

これからも、新たな占いが誕生したり、占術によっては廃れてしまうものがあるかもしれません。

でも占いそのものがなくなってしまう可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

それくらい、占いとは人間にとって大切なものだということですね。


手相占い

手相占いをしてもらったことがあります。

当たるのか・当たらないのかで言うと、私の場合は当たってると思いました。

友人と3人で行ったのですが、どれも的を得ていると思えました。

占いというと、よく誰にでも当てはまるような婉曲的なことを言うので当たっている気になってしまうということが言われますが、私の行った手相占いは客観的に友人の性格分析などの鑑定を聞いていても、具体的に当たってるなと思うところが多々ありました。

手相占いの鑑定方法は、まさに手の平にどのような線が出ているのかということを見るのですが、各々の線の意味以前に線全体が濃いか薄いかというところから始まります。

濃い人は生命力が強く、薄い人は生命力が弱っている、疲れていたり気持ちが落ちていたりということが考えられると言います。

また、色々と鑑定法はあるようですが、私が受けたところは左手は持って生まれた運命を表し、右手は生まれてから生活してくる中で培われた運命を表しているということです。

手相占いの結果

私が行った手相占いは生年月日から算出する算命学を同時に行うところでした。

算命学によってその人の宿命がわかると言われており、手相は運命です。

宿命は持って生まれたもので何があろうと変化しませんが、運命はその時々で変わるそうで、そのため手相は年々変化しているそうです。

私は20代後半の独身の頃に何度か鑑定してもらいました。

当時、仕事に疲れていて仕事を辞めようか迷っていたのですが、ちょうどその年齢にあたるところに障害線があることから転職も悪くないと勧められたことが印象的でした。

ひらめき十字

また、手の中央に十字型の線が出ていて、「ひらめき十字」というそうで、これがある人は直感に優れているので自分の直感を信じて大丈夫だと言われました。

ほどなくして転職しましたが、とても良い人生の転機となりました。

また、結婚線から過去に結婚する可能性のあった年齢を言われ、その時真剣交際していた人がいたので複雑な気持ちでした。

また、一緒に行った友人はとても頭が良い人なのですが、頭脳線が二股になっていて「脳みそが二つあるぐらい賢い人」と最初に言われていました。

他の友人は家庭環境が少し複雑なのですが、それを言い当てられていました。

全てがピッタリ当てはまるというわけではなく、もちろんちょこちょこ「ん?」と思うこともあるのですが、手相の場合は線という根拠に基づいて説明してくれるのでついつい納得してしまいます。

言われたことの7割ぐらいは当たっているので、当たるといっても良いと