家族葬の特徴とは?
静岡市で評判が良い葬儀会社

近年、家族葬が注目をされています。今回は家族葬のメリットやデメリット、静岡市で評判が良い葬儀会社などについて見ていきましょう。葬儀会社によって特徴などが変わってくるので、しっかり比較して決めてください。

家族葬のメリット

時代の流れと共に葬儀のスタイルも変わっていきます。こちらでは、家族葬のメリットについて見ていきましょう。

 ・お別れをゆっくりできる

家族葬は小規模な葬儀なので、比較的故人との別れの時間をゆっくりすることができます。大人数による葬儀の場合は、お別れもゆっくりできずに焦らされているような感覚になる人もいるため、あえて小規模の家族葬を選ぶ傾向があります。

 ・費用を抑えられる

家族葬は小規模葬儀ということもあって、葬儀費用を抑えることができます。金銭的な余裕がない人でも無理なく葬儀を行うことができるのです。葬儀費用は決して安くはありません。少しでも費用負担を減らしたくて家族葬を選ぶ人も増えています。

 ・参列者への対応が軽減される

喪主となると参列者にさまざまな挨拶をしなければいけません。しかし、大切な人を失ったばかりで気丈にふるまえる人は少ないのです。対応の負担が軽減されることは喪主の精神的負担も軽減されるということにつながります。意外と喪主の大変な部分は参列者への挨拶です。その負担を軽減するだけで、予想以上の負担軽減につながるのではないでしょうか。

家族葬のデメリット

家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・葬儀後の対応が大変

家族葬にするということは、参列したくてもできなかった人もいるということです。そのため、葬儀が終わってから自宅まで焼香に訪れる人が増える傾向があり、葬儀後の負担が増える場合もあります。

 ・親族間のトラブルに繋がる場合もある

遠方に親戚がいる場合、あえて知らせずに少人数で葬儀をすることもあるでしょう。しかし、遠方の親戚としては「どうして教えてくれなかったのか」という気持ちになります。親族間の理解を得られなければ、トラブルに発展することもあるので注意しましょう。

 ・費用負担が大きくなることもある

家族葬は参列者がほとんどいないので、香典もありません。そのため、香典がある一般葬よりも自己負担金額が大きくなる場合もあるのです。

葬儀会社の選び方

静岡市にはさまざまな葬儀会社があります。こちらでは、どのような選び方をすればいいのか見ていきましょう。

 ・丁寧な対応

葬儀は身近なことではないので「どうすればいいのか」と悩むことも多いでしょう。その際。葬儀会社からサポートをしてもらえれば、喪主の負担は減ります。

 ・費用

葬儀に関することでお金の話を持ち出すなんて、と考える人もいるでしょう。しかし、現実問題として金銭的な負担はかかってくるのです。しっかり予算などに合わせた見積もりを出してくれるかどうかをチェックしましょう。

 ・葬儀の種類

葬儀と言ってもさまざまな種類があります。葬儀会社選びの際は希望する葬儀に対応しているかどうかをチェックしてください。近年は家族葬メインのところも増えているので、一般葬を求めている人は「一般葬が当たり前」の時代ではなくなっているのです。

静岡市でおすすめの葬儀会社について

こちらでは、静岡市にある葬儀会社について見ていきましょう。各葬儀会社で特徴が異なるのでしっかり比較してから決めてください。

 ・きずな

葬儀をしない火葬だけのシンプルなスタイルが特徴的です。故人の希望で葬儀を行わない場合などに用いられます。

 ・しずてつソーサレア

安心で明瞭な葬祭サービスをコンセプトにしている会社です。親しい身内だけで見送る家族葬なども行っています。家族葬が35万円からという破格の金額で葬儀を行える登頂があるのです。リーズナブルな葬儀を行いたい人におすすめの会社です。スタッフの対応力にも定評があり、分からないことなどは分かりやすく説明をしてくれます。

 ・あいネット

参列者が多い場合は「あいネット」の方がおすすめです。多くの参列者と見送るスタイルを持っているので、参列者が多い家庭などにおすすめです。県内最大のネットワークを持っていることから、多くの人に選ばれている傾向があります。会場の中には400人を超える収容人数の会場もあるようです。

静岡市で評判が良い葬儀会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

静岡市にはさまざまな葬儀会社があります。
各会社で特徴が異なるので、
しっかり比較しないと「こっちが良かった」ということになりかねません。
葬儀は派手さで決めるのではなく、故人をしっかり見送ってくれるかに注目しましょう。
基本的に、優良葬儀会社が多いので参列者の人数などで決めてもいいかもしれませんね。