整体師を目指す人必見!
おすすめの通信講座について

現代はストレス社会と言われています。ストレスは身体機能にさまざまな悪影響を与えてしまうのです。ストレスを抱えている人が多いこともあり、整体師の需要は高まっています。身体のコリをほぐすことでリラックス効果を得られるからでしょう。今回は整体師を目指す人におすすめの通信講座などについて紹介します。

整体師の資格について

整体師と言ってもさまざまな資格があります。こちらでは、整体師を目指す人のために資格に関することについて見ていきましょう。

 ・民間資格

一般的に認識されている整体師は国家資格を持ちません。幅広い意味で整体師と呼ばれることがありますが、一般的なマッサージ店などで働く人は国家資格を持っているわけではないのです。国家資格として認められているものは「按摩マッサージ指圧師」や「鍼師」「灸師」などです。

 ・資格によって実技内容が異なる

整体師と言ってもさまざまな資格があります。カイロプラクター、リフレクソロジスト、セラピストなど資格の種類によって学ぶ知識や技術が異なると考えておいてください。

 ・国家資格がなくても開業できる

国家資格を持っていないと開業できないと思われがちですが、十分な施術スキルを取得している人は国家資格を持たずに開業をしています。むしろ、国家資格を持って開業している人の方が珍しいかもしれません。

開業のために必要な資金とは?

資金は降ってわいてくるものではありません。こちらでは、整体院開業のために必要な資金について見ていきましょう。

 ・自宅の場合

個人サロンなどであれば自宅を整体院にする人もいます。開業資金を抑えたい人ならば、自宅で開業するのがもっともおすすめです。相場としては規模にもよりますが10万円から50万円で開業可能と言われています。施術に必要なタオルやオイルなどを揃えるだけで開業できるから費用も抑えることができるのです。

 ・マンションやアパートを借りる場合

自宅とは別にマンションなどを借りて開業する人もいます。この場合は自宅よりも若干割高になることを覚悟しましょう。この場合は100万円前後が相場と言われています。

 ・店舗を借りる場合

整体院として店舗を借りる場合、もっとも多く費用がかかるパターンと考えてください。敷金や礼金、内装工事や設備費用などの規模にもよりますが200万円から300万円ほどはかかると考えておきましょう。

開業後はどうやって集客すればいい?

整体院は開業して終わりではありません。むしろ開業後が本当のスタートなのです。こちらでは、開業後にどうやって集客すればいいかを見ていきましょう。

 ・ホームページを作る

個人の整体院は意外と「入りづらい」という印象を持たれがちです。そのため、ホームページを作成して店内の雰囲気や料金についてしっかりと記載するようにしましょう。整体院の雰囲気や料金のことがはっきりしていれば、実際に利用する側も安心できます。

 ・SNSを利用する

近年はさまざまなSNSで情報を発信する整体院も増えています。空き状況やキャンペーンを発信することで多くの人が通いやすくなるのです。

 ・ポスティング

広告費用がかかってしまいますが、チラシなどのポスティングを行うことで整体院の存在を知ってもらうことができます。ただ、集合住宅地などではポスティングが禁止のところもあるので注意しましょう。

整体師を目指す人におすすめの通信講座

こちらでは、整体師を目指す人に通信講座について見ていきましょう。将来的に整体師を検討している人はぜひ候補に入れてみてください。

 ・健友館

独立や開業を意識した技術や知識を身につけることができます。実技指導は副館長が全国をまわって開催しているのも特徴のひとつです。卒業生が経営している整体院の見学ができるので、経営を検討している人は特に参考になるでしょう。

 ・日本自然療法総合学院

生活習慣から改善して健康に導く健康基礎理論をもとにした教育を受けることができます。一時的な誤魔化しではなく根本的な部分の改善を目的としている施術を学べるのです。自分の健康管理にも役立つ知識を学べるのは最大のメリットと言ってもいいでしょう。

 ・東京療術学院

幅広い世代が学んでいる講座です。独立や開業前に経験を積みたい人にもおすすめされています。その理由として、直営サロンや提携サロンへの就職や転職サポートも行っているからです。実務経験を重視したい人におすすめと言えるでしょう。

整体師の通信講座について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

整体師の通信講座は数多くあります。
そのため、しっかりと何が学べるのか、どんな技術が身につくのかなどを比較して選ばないと
目的の技術や知識を手に入れられない可能性があります。
明確に決めておくことは難しくても、
どんな整体師の技術を学びたいかをある程度決めておくといいのではないでしょうか。