なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

当サイトにご訪問ありがとうございます。
まず簡単に自己紹介させて下さい。

takaと申します(ニックネームで失礼します)
都内で建築関係の会社に勤めるサラリーマンです。

昨年に長年悩み続けた真性包茎を卒業することが出来ました。
キトー君という器具を使ったのですが、形がそっくりなムケル君という器具もありどちらにしようか悩みました。
そこでこの記事では

・キトー君とムケル君の違い
・結局どちらを選べばいいのか?

についてお話していきたいと思います。
キトー君とムケル君は見た目がほとんど同じなので「何処が違うの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

キトー君もムケル君も真性包茎の原因である狭い包皮口を広げて自力で治すという考え方は全く同じです。

とてもシンプルな考え方ですのでどちらを選んでも真性包茎を卒業出来ると思います。

ですが私は最終的にキトー君を選びました。

何故キトー君にしたのか?また具体的にどこが違うのかについて下記で詳しくお話しますね。

どちらにしようか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。


【注意点】
もしキトー君を購入する場合、返金保証が付く公式サイトをお勧めします。
amazonや楽天でも買えますが保証が付きませんし定価より高い場合があります。

⇒キトー君の公式サイトはコチラ

キトー君は特許を取っている。ムケル君は特許を取っていない


まずは特許の有無の違いからお話します。

キトー君は公式サイトで包茎矯正器具としての特許を取っていると明言していました。
念のために特許情報プラットフォームというサイトで調べてみました。

特許情報プラットフォームとは特許庁のHPで紹介されていた商品の特許情報を調べる事が出来るサイトです。

上記の画像は特許情報プラットフォームで「キトー君」を検索した結果です。

商品情報が登録されているのが分かります。
下記が詳細情報です。

キトー君は医療用機械器具や家庭用包茎矯正器具としての特許が認められている事が分かりました。

対するムケル君ですが


商品名で検索してもムケル君は登録されていないことが分かりました。

特許があるという事は特許庁から矯正器具といて認められているという事ですので、信頼性という点ではキトー君の方がリードしているのかなと感じました。


キトー君とムケル君、どちらが元祖なの?【販売年数の比較】

キトー君は2004年から販売開始、ムケル君は2013年からは販売開始されています。

つまりキトー君の方が先に作られ、約10年も販売歴が長い事になります。

この事からもムケル君はキトー君をモデルにして作られたのではないか?ということが予想されます。

つまりキトー君が元祖ということです。


販売歴の長さは商品の信頼性にも繋がると思いますので、この点からも信頼性はキトー君の方が上なのかなと思いました。

またキトー君は日本だけでなくアメリカやイギリスでも販売されていて、世界30カ国以上で販売されていますがムケル君は日本以外では販売されていません。

どちらの方が使いやすいのか?について【機能の違い】


キトー君とムケル君は形が似ていますが使い方がちょっと違います。
まずキトー君の使い方ですがグリップを握ることで器具の先端部が開きます。

これにより狭い包皮口を広げていく訳です。
キトー君DXにはストッパーが付いていて好みの開き加減で固定する事が出来る様になっています。
キトー君ST(通常版)にはストッパー機能は付いていません。

対するムケル君ですがグリップを握って先端部を開くことは出来ません。

器具の真ん中についているダイヤルを回すことで先端部が開く仕様になっています。

片方の手でムケル君を持ち、もう片方の手でダイヤルを回すことになるので両手で操作する事になります。

キトー君にしてもムケル君にしても皮を広げる際は器具が包皮口から外れてしまわない様に皮を軽く押さえてあげる必要があります。

それを考えると両手が塞がってしまうムケル君は使いにくいにかなと感じます。

対するキトー君は片手で操作出来ますので、空いた方の手で器具が外れてしまわない様に皮を押さえてあげる事が出来ます。

ですので使いやすさという点ではキトー君の方が使いやすいと思います。

キトー君とムケル君の値段の違いについて


キトー君には通常版とデラックス版の2種類があります。
デラックス版には好みの開き具合で固定することが出来るストッパーが付いています。


値段は下記になります。

・キトー君DX(デラックス版) 12,800円
・キトー君ST(通常版) 9,800円

私はキトー君DXを使いましたが、実はストッパーはほとんど使いませんでした。
好みにもよりますが、個人的にストッパーを使わない方が細かい力加減を自分で調節出来るので使いやすかったです。

対するムケル君は1種類で値段は13,037円です。

返金保証などのアフターサービスの違い


キトー君もムケル君も返金保証が付いています。
器具を使ってもし効果が無かった場合器具の代金全額を返金してもらえます。
この点は同じです。

キトー君とムケル君のアフターサービスの違いは「手術代金保証」です。

キトー君には「手術代金保証」の制度があります。
手術代金保障付きで申し込む場合は値段が19,800円と高くなります。

その代わりもし効果が無かった場合は19,800円が返金されるとともに健康保険適用手術の費用2万円を払ってもらえるというアフターサービスです。

ちなみに私は手術を受けるつもりは無かったので「手術代金保証」付きでは申し込まなかったです。

キトー君VSムケル君。結局どちらを選べばいいのか?【結論】


結論的には私はキトー君を選んだ方がいいと思います。
私がキトー君の方がいいと判断した理由は

・キトー君の方が信頼性がある。
・キトー君の方が使いやすい

この2点が大きかったです。
また値段的にもほとんど変わりませんがキトー君の方が少し安いです。

以上が私がキトー君を選んだ理由です。
キトー君とムケル君のどちらにしようか迷っている方は参考にしてみて下さい。


*もしキトー君を購入する場合は返金保証が付く公式サイトをお勧めします
amazonや楽天は定価より高い場合があるのでご注意下さい

キトー君とムケル君の入手方法について


どちらの器具も市販されていません。
ですのでドンキやドラッグストア等では入手出来ません。
インターネット通販で購入する形になります。

どちらの器具もAmazonや楽天でも販売されていますが定価よりも高かったり、返金保証が付かなかったりします。

値段的にも安く返金保証も付く公式サイトから申し込む事をお勧めします。
下記にリンクを貼っておきますね。

キトー君の公式サイトは下記です


ムケル君の公式サイトですが常時SSL化に対応していませんでした。
常時SSL化とはセキュリティ上Googleが推奨している個人情報等を保護するためのシステムです。
ですのでここでムケル君公式サイトのリンクを貼る事は控えさせていただきます。

公式サイトのURLだけ一応紹介させて頂きますね。
(クリックしてもリンク先には飛びませんので必要な方はコピーして使って下さい)
下記になります。

http://www.mukerukun.com/

まとめ


この記事では真性包茎やカントン包茎を自力で治すための器具「キトー君」と「ムケル君」の違いについてお話させて頂きました。

記事を最後まで読んで下さってありがとうございました。