実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください


人が食べ物に望むことは何でしょう?



それは美味しさ、鮮度、そして安心安全。



それを実現するには、その食べ物を
どこで誰がどう作っているのか、が重要。



けれどその中でも段違いに思いを込めて
あなたのために食べ物を作る人がいるなら


それはもしかするとあなたの
両親や祖父母なのかも知れませんね


もし逆の立場だったら、あなたもきっと
精魂込めて、食べ物を作るでしょう。



Maeda Kitchen Garden
野菜やジャムはまさに自分の家族のために
栽培期間中農薬不使用で作っているもの。



その心を込めた素材で作ったものを
あなたにおすそ分けしています。



あなたのおばあちゃんが
あなたのために作ってくれたような
心のこもった食材をぜひお試し下さい。



Kitchen Garden Maeda 
代表 前田よし子

私の先祖は100年ほど前にこの北海道、函館の地に開拓民としてやってきました。

広大な原生林を、人力だけで切り開くのはどれほど大変なことだったでしょう。想像するだけで気が遠くなるような思いがします。

そこで農業を営む両親の元にわたくしが生まれました。皆がまだ貧しい時代でしたが、私は学校を終え、社会に出て家庭を持ちました。

そしてある年に、とうとう自宅を持てるようになった私は、ずっと抱いていた夢の実現に着手したのです。

それは本で知った、ターシャ・テューダーというアメリカの女性の生き方に憧れ、ガーデナーとして、彼女がしていたように自宅に「理想の庭」を作ることでした。
 
そして私はガーデナーとして、それから十数年にわたり、庭造りに熱中していったのです。(その庭はのちにNHKの「私のガーデン」という番組にも取り上げられました)

しかし、それほど丹精込めたガーデニングを止める時がやってきたのです。その理由は、孫の誕生でした。

孫には安全安心で美味しいものを食べさせたい。その思いが私をガーデナーから畑仕事に転向させたのです。

農家をしていた父が建設会社を創業し、山を削って出た土砂ゃ石を販売することで成功していたため、その土を使って、有名なトラピスチヌ修道院に近い、岩盤状態の土地を畑に改良することが出来ました。

今ではガーデニングに注いでいた情熱を、その畑で作物を作ることに注いでいます。もちろん野菜はすべて農薬不使用で作っています。

また野菜だけでなく、ブラックラズベリーを栽培し、「ジャムの女王様」と呼ばれるラズベリージャムも手作りしています。

これらはすべて、もともと販売する目的ではなく、孫をはじめとした家族に食べさせるために作り始めたものですが、土地が広いこともあり、様々な野菜を作るうちに、とても私の家族だけでは食べ切れない量が収穫できるようになり、マルシェに出店するようになりました。

私が黒い洋服や帽子を好んで身に着けているために、今では「魔女のマルシェ」と呼ばれています。

そんな子供好きで、友だちと居るより孫といるのが幸せと思える私が作る野菜とジャムを、ぜひ一度、お試し下さい。

 

 

これからのマルシェ出店予定

◯◯月◯◯日(◯)函館市◯◯◯ ◯◯ー◯◯ XXXイベント会場 9:00~17:00

◯◯月◯◯日(◯)函館市◯◯◯ ◯◯ー◯◯ XXXイベント会場 9:00~17:00

◯◯月◯◯日(◯)函館市◯◯◯ ◯◯ー◯◯ XXXイベント会場 9:00~17:00

◯◯月◯◯日(◯)函館市◯◯◯ ◯◯ー◯◯ XXXイベント会場 9:00~17:00

ブラックラズベリージャムが出来るまで

孫たちのためにおばあちゃんが作った
安心安全な『ブラックラズベリージャム』

商品名  :ブラックラズベリージャム
原材料名 :ブラックラズベリー、グラニュー糖
内容量  :100g
賞味期限 :製造月日より3ヶ月
製造者  :キッチンガーデン・マエダ 函館市高松町571-164 0138-59-0458

お問い合わせフォーム

Kitchen GardenMaeda または オーナー前田よし子にご質問、お問い合わせなどありましたら、下記のフォームに何なりとお書き下さい。必ずお返事させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信