なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

  • 【開催日時】
    10月13日(水)~10月18日(月)
    11:00~18:00
  •  初 日 13:00 開場
    最終日 15:00 迄
    (北村多加 終日在廊)
  • 【会 場】
    並樹画廊
    京橋駅徒歩2分

    (会場地図はこちらから)

    (会場URLはこちらから)

    東京都中央区京橋2-7-12
    Tel.03-3561-2277
  • 【会 場】
    並樹画廊
    京橋駅徒歩2分

    (会場地図はこちらから)

    (会場URLはこちらから)

    東京都中央区京橋2-7-12
    Tel.03-3561-2277

書家 北村多加
ごあいさつ

書家 北村多加と申します。 
この度私にとって2回目となります、
日本の四季をテーマ にした個展を開催することになりました。私が何より大切にしている自然をテーマにした特別な個展です。

私は雪国育ちで学校は山の上。
雪の匂いを嗅ぐと冬だなぁと実感し、色々な形がある雪の結晶を見て楽しんでいました。春には雪解けの香りや山の木々が芽吹く緑の香り、夏は岩がゴロゴロする川辺で沢の香りを嗅いで季節を感じました。

今、風を感じて季節の移り変わりや自然の息吹を感じられるのは、そんな幼少の体験があるからかもしれません。

私にとって自然はとても身近で、感性を育んでくれて、素の自分にリセットできる大切な存在なのです。

最近では自然環境への想いが高まり、環境問題も気になるようになってきました。
2050年には気候変動が進み、日本でも雨季と乾期しかなくなってしまうかもしれません。日本の四季が失われ、今当たり前のように見ることができる自然が、そう遠くない将来なくなってしまうかもしれないのです。

 『いつまでも残していきたい日本の四季』
仮に変化したとしても、思い出せるようにしておきたい。そんな想いから、自然をモチーフにした作品や環境を考えた作品などにトライして参りました。そして社会的にSDGsが広まっている中で、自分にできることは何だろう?と考え、今回の個展のテーマを「四季」にしようと決めました。

美しい日本の自然。その象徴である「四季」を書くことで、自然との調和を感じ、心の豊かさを感じていただけたらと思います。

今回の個展では、展示作品はすべて販売を致します。お気に入りのものがございましたら、ぜひお手元で長く目出て頂けましたら幸いでございます。
また、ギャラリー内では生書道パフォーマンスを行う予定です。そちらもぜひ楽しみにお越しくださいませ。

今回の個展開催にあたり、クラウドファンディングでたくさんの方のご支援を頂きました。 皆様の応援に心から感謝申し上げます。

コラボ作品のご紹介

今回は4名の皆様とコラボ作品を展示させていただきます。
個性あふれる皆様の作品と書のコラボレーションをお楽しみください。
安達嵐松 先生

洛陽中国書法水墨画院水墨画 教授師範

「書」の個展における水墨画の役割を考えてみた。「書」を何の制約もなく書く、地紋の様な水墨画を目指した。水墨画とは言えないかもしれないが、いわば空気のような水墨画である。
「書」を生き生きさせただろうか。
(安達嵐松先生より)

HP 栗庵水墨画教室
https://www.rannshou.com/

国際中国書法国画家協会 本部監事 
【受賞歴】
全国水墨画秀作展:文部科学大臣賞、大賞 他多数
大阪国際水墨画芸術展:大賞、大阪府知事賞、銀賞日美展:作家部門準大賞、他多数
全国水墨画秀作展:文部科学大臣賞、大賞 

その他:四街道市教育委員会:功績表彰

杉本多恵 様

一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会 理事
長年編集者として仕事をしているなか、2016年に糸かけ曼荼羅と出合い、その美しさに心を打たれたことから、書籍『はじめての糸かけ曼荼羅』(トランスワールドジャパン刊)を企画・出版。翌年、糸かけ曼荼羅の普及を目的に、一般社団法人糸かけ曼荼羅協会を立設立し、理事に就任。

[開講中のスクール]
★よみうりカルチャー横浜
★よみうりカルチャー荻窪
★よみうりカルチャー恵比寿
★NHK学園オープンスクール国立
★セブンカルチャークラブ伊勢原
★ストリートアカデミー

HP 一般社団法人 糸かけ曼荼羅協
https://itokake-mandala.com



河村 里美 様
ファブリックステンシル作家 教室運営 ・講師

京都で着物への絵付けに携わったのち身近な洋服に絵を描く事を模索する中ファブリックステンシルに出会い角田まさ子氏に師事。講師資格取得。本部銀座教室トレーナーを勤める。ファブリックステンシルコンクール優秀賞受賞。
教室運営、個展、イベント出展、ワークショップなどの活動とオーダー制作などを行っている。

多加さんとの出会いは昨年のオンラインイベント。多加さんの書やパフォーマンスには美しく伸びやかな中に力強さを感じていましたし、常に新しいことに挑戦している姿に背中を押されています。
 今回お声をかけていただき個展のテーマを「四季」とされた想いに共感しコラボさせていただきました。生まれ育った故郷と長年過ごした京都で感じてきた美しい自然と季節の移ろいをファブリックステンシルで表現しました。
Instagram https://www.instagram.com/miksmiks33/
Namiko Tatsunokuchi 様

オンリー・ワン・プロダクション代表
アースフォトグラファー
映像クリエイター

杉本多恵 様

一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会 理事
長年編集者として仕事をしているなか、2016年に糸かけ曼荼羅と出合い、その美しさに心を打たれたことから、書籍『はじめての糸かけ曼荼羅』(トランスワールドジャパン刊)を企画・出版。翌年、糸かけ曼荼羅の普及を目的に、一般社団法人糸かけ曼荼羅協会を立設立し、理事に就任。

[開講中のスクール]
★よみうりカルチャー横浜
★よみうりカルチャー荻窪
★よみうりカルチャー恵比寿
★NHK学園オープンスクール国立
★セブンカルチャークラブ伊勢原
★ストリートアカデミー

HP 一般社団法人 糸かけ曼荼羅協
https://itokake-mandala.com



作品の販売について

会場内では作品の販売もおこなっております。一部ご紹介させていただきます。
お取り置き等も対応可能ですので気になる作品がございましたらご一報いただければ幸いです。(3,500円~)

「春の海 舞う」
サイズ 縦51cm×横58cm
「感」
サイズ 縦43cm×横52cm
「ひと葉」
サイズ 縦60cm×横30cm
「ひと葉」
サイズ 縦60cm×横30cm
作品のお取り置き等のお問い合わせはこちらへ

会場のご案内

住所 東京都中央区京橋2-7-12
TEL Tel.03-3561-2277
最寄り駅 京橋駅 6番出口から徒歩2分
宝町駅 A7番出口から徒歩2分
東京駅 八重洲地下街出口24番から徒歩6分
最寄り駅 京橋駅 6番出口から徒歩2分
宝町駅 A7番出口から徒歩2分
東京駅 八重洲地下街出口24番から徒歩6分

書家 北村多加
プロフィール

出身     新潟県十日町市
学歴     国学院大学文学部卒業
書歴     19年
資格     ふたば書道会初等科師範
              文部科学省後援 毛筆書写検定2級
              文部科学省後援 硬筆書写検定2級

◆ 略歴 ◆
2008年   独学で創作書道を始める。
同年   ふたば書道会 武田双龍氏に師事。
2016年   初等科師範資格を取得。
同年   書道教室 “ふたばの奏” 創設。(子ども書道教室)2017年   ふたば書道会を脱会。
同年   書道教室“かなで組”に改名。
2019年   教室運営に加え、書道パフォーマーとして本格稼働。
現在   子ども書道の“かなで組 習書部”(江戸川区内2校) 大人のペン字の“かなで組 美文字部”を展開。(オンライン、個別指導他)

◆ 企業様講座実績 ◆

2016年 江戸川区東武図書館様アート書道講座
2017年 都内国立某中学校様親子美文字講座・アート書道講座
2018年 JA十日町様女性大学内講座美文字講座
2018年 JA十日町女性部様いきいき講座美文字講座
2019年 江戸川区立松江図書館様美文字講座
2019年 市川駅南口図書館様美文字講座
2019年 文京区立本郷図書館様美文字講座
2020年 市川駅南口図書館様美文字講座
2020年 千葉市みずほハスの花図書館様美文字講座
2020年  江戸川区立松江図書館様美文字講座  他

◆ メディア実績 ◆

2018年 月刊『書写書道』6月号掲載(日本武道館発行)
2019年「なぞるだけでお清めできる祝詞」彩図社 出版
2020年「ベターっと開いて書きやすい般若心経」彩図社 出版
2020年~DHCテレビ「オルガン坂生徒会」文字提供

◆ 個展 ◆

2019年  「共奏 北村多加展」ギャラリー銀座にて開催

◆ 書道パフォーマンス実績 ◆

2019年  令和女子パフォーマンスグランプリ3位
2019年  南房総市2拠点大学文化祭 ゲスト出演
2020年  JAPAN EXPO THAILAND 出演
2020年  アーティストオンラインLIVE出演 他 

その他各種オンラインイベントにてパフォーマンスや作品販売で出展。
熊野バーチャル筆まつり等オンラインイベントサポート。

北村多加 SNS

Facebook
ホームページ
YouTube
blog
blog