金沢工業大学主催
ブロックチェーン勉強会
ユースケース紹介

・来場参加 (金沢工業大学 野々市キャンパス、六本木 Coincamp、Singularity HIVE 大阪、他) 
【開始時間】2019/3/4 14:00 〜

・オンライン参加 (接続先 ... https://zoom.us/j/928083178) 
【開始時間】2019/3/4 14:00 〜

国内外から登壇!

120分後にこんなことがわかります。

  • ブロックチェーンの実用事例がわかる
  • IT先進国エストニアのユースケースもわかる
  • 国内企業の取り組みもわかる
  • 国、企業、個人への影響が理解できる
  • 日本の未来図がなんとなく想像できる
  • 連続受講なら特に、理解のレイヤーが少しずつ深まる
  • 連続受講なら特に、理解のレイヤーが少しずつ深まる

グローバルに広がるNEOの生態系を体感してください!

NEOは創業2014年以来、世界中にブロックチェーンのユースケースを輩出してきました。申請ベースでも75以上のプジェクトがあります。2018年10月17日にメインネット公開2周年を迎えました。Twitterフォロワー数は31万以上を誇ります。持続的な運営を強みとする、非営利団体のプラットフォーマーです。NEOをベースに開発された国内外のサービスをご紹介するとともに、ブロックチェーン初心者にもわかる講義もご用意しています。

こんな方が対象です

  • ブロックチェーンをこれから勉強しようとしている方
  • 海外のユースケースを知りたい方
  • 国内のブロックチェーン企業を知りたい方
  • エンジニアとしてもビジネスとしても、ブロックチェーンの知識を積みたい方
  • エンジニアとしてもビジネスとしても、ブロックチェーンの知識を積みたい方

ブロックチェーンハッカソンへの布石

「地方創生」「人材育成」「産学連携」をテーマに、ブロックチェーンハッカソンを、金沢工業大学主催で3/21(木・祝)~3/23(日)の三日間、開催します。それに向けて、3/4を皮切りに、ブロックチェーンの勉強会を約2週間に渡って重ねていきます。今回は大事なファーストステップですので、ぜひお見逃しなく!

金沢工業大学はじめ MAX 4拠点と中継

主催の金沢工業大学(石川県野々市市)以外に、東京、名古屋、大阪、福岡を視野に入れたレクチャーです。

開催概要

来場参加
名 称 KIT ブロックチェーン勉強会
日 時 2019年3月4日
場 所 ・金沢工業大学 野々市キャンパス 12号館アントレプレナーズラボ (地図参照)

・六本木 Coincamp (東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル8F)

・Singularity HIVE コワーキング 大阪 (大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル 2F)

主 催 金沢工業大学
参加費用 無料
お問合わせ isp@kanazawa-it.ac.jp
お問合わせ isp@kanazawa-it.ac.jp
オンライン参加
名 称 KIT ブロックチェーン勉強会
日 時 2019年3月4日
接続先 https://zoom.us/j/928083178
主 催 金沢工業大学
参加費用 無料
お問合わせ isp@kanazawa-it.ac.jp
お問合わせ isp@kanazawa-it.ac.jp

タイムテーブル

<第1部 前半>
14:00
主催者 挨拶
金沢工業大学よりご挨拶いただきます。
14:15

講義「Society 5.0から見るブロックチェーン」

ブロックチェーンの各論に入る前に、まずは内閣府が提唱する日本の未来予想図を見てみましょう。

14:25

ワーク「あなたが描く人間らしい生活とは?」

インターネットはインフラ革命を起こしましたが、これからの技術は社会制度そのものを問うと言います。ではどのような社会が理想なのでしょうか。簡単に議論してみましょう。

14:35

講義「国・企業・個人への影響」

ここからはブロックチェーンを見ていきます。実際、2018年から直近まで、ブロックチェーンにまつわるどのようなことが産官学において起きてきたのでしょう。

14:45

ワーク「ブロックチェーンはどんな行動変容をもたらしますか?」

ブロックチェーンは経済にも影響を与えると言われています。ではどんなことを心がけて行けば変化に気づいていけるのでしょうか。

14:25

ワーク「あなたが描く人間らしい生活とは?」

インターネットはインフラ革命を起こしましたが、これからの技術は社会制度そのものを問うと言います。ではどのような社会が理想なのでしょうか。簡単に議論してみましょう。

<第1部 後半>
15:00

ユースケース#1 Imusify ※通訳付き

エストニア拠点のImusify(アイミュシファイ)より、ドイツ人のDavid Walters氏がオンライン登壇します。音楽家としてのキャリアを持つチームが、音楽業界に革新をもたらします。音楽配信サービスをブロックチェーンにのせたプロジェクトです。

15:15

Imusify への Q&A 

音楽家でもあり投資家でもあるCEOに、素朴な疑問や今の業界での課題など、いろいろ聞いてみたください。

15:30

ユースケース#2 Green Funding Platforms

ESG投資をしたい投資家と企業を結びつけます。クラウドファンディングの課題を、ブロックチェーンで解決に導きます。ESG投資とは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことで、その評価の高い企業は事業の社会的意義、成長の持続性など優れた企業特性を持つと言われています。

15:45

Green Funding Platforms への Q&A

日本ではまだ少ない、日本人CEOによる、NEOベースのプロジェクトです。元Googleのベトナム人開発者を抱えるユニークなチームです。サービスはもちろんのこと、チームのことなど、いろいろ聞いてみましょう。

16:00
休憩
第一部終了です。
< 第2部 >
16:30
エンジニア向け ハンズオン 準備
NEO 環境設定 (for WIN & MAC) を行います。WINDOWSユーザーの方はLinuxのインストールから始まります。MACユーザーはPythonを利用します。
15:30

ユースケース#2 Green Funding Platforms

ESG投資をしたい投資家と企業を結びつけます。クラウドファンディングの課題を、ブロックチェーンで解決に導きます。ESG投資とは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことで、その評価の高い企業は事業の社会的意義、成長の持続性など優れた企業特性を持つと言われています。

講師紹介

Imusify (アイミュシファイ)
エストニアに本拠地を置く、音楽配信、消費、エンゲージメントの新しい手段を開発するための分散型音楽プラットフォーム。アーティストやコンテンツ制作者がネットワークやコラボレーションを効率的に行い、作品の直接所有権を維持するための仕組みを開発。 アーティスト、支持者、ファン、業界サービスプロバイダー間の信頼と透明性を確立することによって、 生き生きとした生態系を創り出している。
Green Funding Platforms
Green Funding Platforms (GFP) Co., Ltd. は、資金の流れをブロックチェーンで「見える化」したESG投資のWEBプラットフォームの開発・運営を行う組織です。透明性のある投資プラットフォームの提供によりESG投資の拡大・発展に貢献します。
Green Funding Platforms
Green Funding Platforms (GFP) Co., Ltd. は、資金の流れをブロックチェーンで「見える化」したESG投資のWEBプラットフォームの開発・運営を行う組織です。透明性のある投資プラットフォームの提供によりESG投資の拡大・発展に貢献します。
NEO Global Development (ネオ)
2014年創業、上海に本拠地を置く非営利のプラットフォーマー。2015年にオープンソースを公開してから、欧米やアジアから、70以上の分散型アプリ(dApps)が開発され、プラットフォーム型トークンのなかでは、イーサリアムに次ぐ利用者数を誇る。プラットフォームの普及やその技術を向上させるための活動を行う。
NEO エンジニア
日本を拠点に活動する日本人エンジニアがハンズオンの講師をします。NEOの日本語文献の作成やハッカソン出場経験もあります。
NEO エンジニア
日本を拠点に活動する日本人エンジニアがハンズオンの講師をします。NEOの日本語文献の作成やハッカソン出場経験もあります。

私たちの思い

東京大学の「ブロックチェーンイノベーション」寄付講座には、企業から90,000,000円が集まりました。この現象をどうとらえますか。また、経産省主催のブロックチェーンハッカソンがついこの間まで開催されていました。省庁主催は初です。この影響力は看過できません。さらに、2018年には大手企業がサポートするブロックチェーンイベントがいくつも行われました。明らかに、産官学がブロックチェーンにまつわる具体的なアクションを起こしています。金沢工業大学は、人材育成、産学連携、地方創生をコンセプトに、ファシリテーターとして、時流が学べる会を開催しています。NEOは2年の実績を積み上げたプラットフォーマーとして、協賛しています。この潮流をきちんと受け止めておきたい方を、お待ち申し上げています。