なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

 KIREIKENKOU 

綺麗と健康の情報をお届け


美容と健康における水の役割とは


美容のためには、健康にも気を遣うことが大切です。

現代では、美容のためにメイクからファッション、サプリ、医療までさまざまなものが利用できるようになっています。でも、美容に力を入れる一方で健康をおろそかにしているということはないでしょうか。 本当の美容は健康の上に成り立つもの。美容と健康は、両立させてこそ意味があるものです。

そこでここでは、美容と健康の関係、両者を支える大切なものについて見ていきます。

美容と健康、切っても切り離すことのできない密接な関係にあります。

どんなにメイクをしても、お肌自体が乾燥したりくすんだりしていては美しく見えません。どんなに髪型を工夫しても、髪が傷んでいては美しさも半減してしまいます。どんなにダイエットをしても、痩せすぎた体はあまり魅力的とは言えません。またどんなに全身を飾っていても、暗い表情や態度では印象は悪くなってしまいます。

その理由は、“健康的な美しさ”こそが本当の美しさだと認識されているからではないでしょうか?

健康とは体の内側からつくられるものです。本当の美容というのも、単に外側を飾ることだけではなく、内側からの美しさを磨くことだと言えるかもしれません。

健康によくないことをしてまで美容に力を入れるというのは本末転倒になってしまいます。健康の上にこそ成り立つ本当の美しさを大切にしたいですね。

健康に必要な水

私たちの体は、およそ60%が水でできています。この水は、体の中で次のような役割を担っています。

血液として体に必要な酸素や栄養を運搬し、老廃物を集めて腎臓などへ送る腎臓に送られた不要物を尿として体外に排出する汗として皮膚から蒸発する際に熱を放出し、体温を調整する

どれも私たちが健康に過ごす上で欠かすことのできない重要な役割であることがわかります。

例えば、体の水分が不足することで血液が粘度の濃いドロドロの状態になり、さまざまな病気を引き起こすこともあると言われています。

尿や汗などとして排出される水の量は1日およそ2.3ℓ。一方食事やそれを分解する過程で取り込む水は1.1ℓほど。健康に過ごすためには、残りおよそ1.2ℓを毎日きちんと補給することが大切です。

美容に必要な水

美容にとっても水が欠かせないというのは同じです。

例えば体内の水分が不足して血液の循環が悪くなれば、健康上問題が生じるのはもちろんのこと、冷えや肌のくすみなどといった美容上のトラブルも引き起こされます。 尿として老廃物がきちんと排出されないと、体の循環が悪くなり、「むくみ」など美容上のトラブルも生じやすくなります。

年齢と共に肌や髪の乾燥が気になることも多いですが、これにも体内の水分量の減少が関係しています。

生まれたばかりの赤ちゃんは体のおよそ90%が水分ですが、年齢と共に水分量が少なくなっていくことで、乾燥などのトラブルが生じるようになるのです。

肌や髪の潤いを保つためには、外側からのケアだけではなく体の内側の水分を保つということが必要です。


すべての女性は一度は行くべき眉サロン!


眉の印象で人相までガラッと変えてしまうことがありますよね。

そこまでではなくてもボサボサの眉だと、洗練した印象にはなりませんし、
今は特にトレンドは眉に反映されているので、眉だけでも今っぽく整えると、
お顔も「一気に旬!」の雰囲気になります。

けれど、眉を思いの通り描くのってそうそう簡単ではありませんよね。
眉用のテンプレートもありますが、自分の顔に合わせた最も良い形、
それでいて今の時代にあう眉にするのは技とセンスが必要です。

眉描きに自信のない人は専用サロンへ

眉が太かったり、濃いところと薄いところがあったり。
左右の形が違っているなど…。
「自分の眉の形が気に入らない」という女性、少なくないはず。

多くの方がただなんとなく描いているのではないでしょうか。
それはスゴくもったいない話…。

そういう方にオススメなのか眉専門のサロン。
自分の骨格や筋肉に合わせた美しい形の眉を作ってくれ、
描き方なども指導してくれます。私も以前、数年間アイブロウサロンに
通っていて、通って良かったなと思っています。

今は通っていないのですが、その理由もちゃんとあります。
眉の形に迷うなら、一度は行ってみるべき…なのですが、
やはり行く前にはいろいろと不安もあります。

眉サロンって何をするところ?

眉サロンは、そのお店によって細かくは施術内容が異なってきますが、
大まかには、その人の顔の形やなりたい眉の形に合わせて、眉をデザインし、
毛抜きやワックス、ハサミなどを用いて、ムダ毛を処理してくれます。

多くのサロンではベッドに寝た姿勢で、
“眉リスト”さんが上から施術してくれます。

また施術の途中で、眉の形を確認するタイミングが何度かあり、
「知らないうちに思いもよらぬことに…」ということはないのでご安心を。

眉の形を整えた後は、眉リストさんから
描き方のコツなどを教えてもらうこともできます。

メリットは似合う眉が手に入ること

思った以上の仕上がり

眉サロンのメリットはズバリ、自分で整えるよりも
断然キレイに整えてくれるところです。それは予想以上のことでしょう。
新たな自分を発見出来たような感覚かもしれません。

眉メイクの仕方がわかる

眉を整えた後、仕上げに眉を描き、
必要に応じてカラーマスカラをのせるなど、眉メイクを施してくれます。
眉メイクのトレンドや描き方のコツなど、プロのアドバイスを受けて、
数回通ううちにきっと詳しくなれることでしょう。

周辺の毛の処理が必要なくなる

眉サロンに通う頻度は、美容院とほぼ同じぐらいです。

2ヶ月に1度、あるいは40,50日に1度ですが、
ワックスでムダ毛を処理するサロンの場合は、何年か通うと
ムダ毛の処理が必要なくなるほど、周辺の毛が生えなくなってきます。

毛の密度も揃い、自分で整えるのが楽になってきますし、トリミングして
もらった、眉の形がほぼキープできるようになっていくのでキレイなまま!

周辺の毛の処理が必要なくても、頻度を少なくしてサロンに
通うのは大切だと思いますが、忙しい朝に
毎日眉の毛抜きをしなくて済むのは楽ですよね。


眉サロンのデメリットは…?

時間とお金がかかる

眉サロンでかかる時間は、美容院やネイルサロンよりもやや短く、
おおよそ1時間〜2時間といったところ。
料金はメニューによっても違いますが、5000円弱というところが多いよう。
それでも週末の貴重な時間を費やすとなると、
一度ならまだしも、リピートは面倒と思う人もいるかもしれません。

サロンまでに毛を伸ばしておく必要がある

サロンで形を整えるには、ある程度、眉を生やしておく必要があります。

周辺の毛もワックスなどをするサロンでは毛が短いと脱毛することが
できなくなります。いわゆる生えっぱなしの状態にした方がよく、
これをデメリットと感じる人は多いでしょう。
ただボサボサ眉がキレイに整えられると、かなりスッキリします。

技術者の力量に左右されることも

私の場合は、いつも同じ方に施術してもらっていました。
その担当者は、美容師免許があり、センス&キャリアのある方で
とても上手だったのですが、ある時、別の方に一度お願いしたところ、
それほど違いはなかったものの、その方の好みなのか、
「ちょっと古い…」といった仕上がりに。

初めての時は担当者を指名することはないでしょうが、
「どうしたいか」「どのようなイメージの眉にしたいか」を
はっきり伝えることが大切ですね。

多少痛みも?

痛みを和らげるために工夫などはありますがワックスや毛抜きを使うところは、
基本的には少し痛いと思っておいたほうがいいと思います。

ワックスのあとにはクールダウンなど肌に負担をかけないように
してくるところもあります。
大事を取って、肌が弱い方や肌トラブルがあるときは避けたほうが無難です。

「自分で手入れをするのが面倒」、「眉にトレンド感を出したい」、
「プロに似合う眉を見つけてもらいたい」という方はサロン向き。

いろいろサロンがあるので、
自分に合うサロンをリサーチしてみるのも楽しいですね。


あれっ「美人じゃないのに綺麗」のワケは…


典型的な美女ではなくても、美人風のオーラをまとっている人っています。
街の中にいたら必ず目を引くようなタイプ。

決してメイク上手だから美人に見えるというわけではなくて
メイクしていても、メイクをしていなくても、美女風のオーラが漂っています。

「そんなに綺麗じゃないのにどうして美人にみえるんだろう…」と
思ったことがある方、多いのではないでしょうか。

顔も普通、スタイルも普通くらいなのに、きれいに見える秘密があります。
 
いわゆる雰囲気美女はどのような特徴があるのでしょうか。

意外とカンタン⁉︎ 雰囲気美女を作る方法

髪型、ファッションで綺麗を作る

美しい雰囲気を纏うには一番には身繕い。

髪型やファッションが美女オーラの高めてくれます。
文字通り、顔型や体型をカバーしてくれるだけでなく、空気感が大事。

雰囲気美女は、長くても短くても、空気を含んだふわっとした髪型が得意。
きっちり巻くよりも、なんとなく緩めに巻かれているような
ニュアンスが美人の元です。

ファッションで纏うのは今風の空気。
ほんの少しの大胆さがその人を輝かせています。

話し方に雰囲気がある

話し方が可愛い人っています。

ただ可愛いだけではなく、雰囲気美女を作るのは間の取り方。
物腰が優雅で、話すときに雰囲気がでる人。

決して気取ってるわけではなく、
話す言葉も嫌味なほど丁寧というわけでもなく、いたって自然体。

自然な振る舞いの中に余裕がある感じです。

会話のキャッチボールが、心地よくできて、
さらに間の取り方が上手だと美人の雰囲気が生まれます。
マシンガントークだと余裕は感じられないですよね。

タイミングの良いところでキラースマイル

タイミングの良いところで笑顔が出るというのも
美女っぽい感じがします。
笑顔というかキメ顔といった方が近いかも。

自分が1番綺麗に見える顔というのを、
そのままでいてきれいな美人な人は知らないかもしれません。

けれど雰囲気美女はちゃんと知っているような気がします。
 
そして笑顔が"効く"場面をよく知っていて、
効果的な使い方をしています。

会社ではなら、仕事を頼んで「よろしくね!(ニコ)」みたいな感じで。
いつもニコニコ笑っているわけではありません。

雰囲気美人は一番モテると言われます。

モテるのもありそうですが、
人生を謳歌している感じがありますね。

人が美しさを感じるポイントも見た目以外にも
あるということですよね。
そういうところが美しいと
いわゆる“美のオーラ”が出やすいです。

周りになぜだか綺麗に見える人っていますか。
もしいたらそんな雰囲気美女たちを観察してみましょう。

何か秘密が見つかるかもしれませんよ。

どんな人も「品の良い女性に見せる」神小物


品の良い女性ということ、
お嬢様系のファッションだったり、
地味で清楚な控えめな性格だったり…。

そういったイメージがありますが、それとは別にトレンドのファッションに
身を包み、メイクやネイルが割と派手でも、
そこはかとなく育ちの良さを感じさせる女性もいますよね。

品が良い人というのは、思っているよりもバリエーションが多く、
着ているものやブランド品を持っているかどうか、
趣味、仕事の有無などあまり一定のルールがないことがわかります。

自由に生きている人もいれば、お作法に則って生活している人もいますし、
洋服はそれぞれ好きなものを好きなように着ています。

品を感じさせるのは内面性と…

どういうときに品が良い女性だなと感じますか?

性格やしぐさ、言葉遣いによって品の良さを感じることが多いですよね。
その次にはふとした瞬間に目にするその人の持ち物です。

育ちの良い人は親の代から受け継いだものをよく持っていますが、
鞄の中の小物からもそのようなクラシックな雰囲気があると、
「お嬢様っぽい…!」となります。

どんな女性も品がよい、育ちが良いと思われて損することはありませんよね。
品が良い印象を与える小物たちにはどのようなものがあるでしょうか?

“お嬢様っぽい”品が良い印象を与える小物5つ

腕時計

スマホがあると、腕時計はほとんど必要なく、
つけてる人は少なくなりました。
だからこそ腕時計はクラシックなアイテムに。
逆にファッション性があり、アクセサリーのような感覚でつけられます。
高いものでなくても、黒や紺などレザーベルトの時計はベーシックで、
品の良さを感じさせます。

地味色のミニバッグ

淑女風のエレガントさが宿るハンドバック。
トレンドのデザインや一目でわかるブランドものよりも、
国産のメーカーなど控えめなデザインで仕立ての良い小さなバックは、
洋服を引き立て、きちんとした人に見せてくれます。

たくさんものは入らず、旅行にも不便。
ですが、レディ度を高める、とっておきの一品となってくれることでしょう。

華奢なペン

文房具は筆記用具としてではなく、一点、豪華主義で、
ひとつ素敵なものを持ち歩きましょう。
万年筆は古くて新しい大人のアイテム。
洗練されたデザインのペンがカバンに一本あれば、
必要になったときそっと差し出すと、目を引きます。

単に準備のいい、気がきく人ではなく、
育ちがいい人と思われる小さな差は、華奢で女性らしいセンスを
感じさせるものかどうか、です。

ハンカチ

ハンドタオルではなくアイロンのかかったハンカチを
いつも持っているのは、クラシカルな印象を与えます。

トイレの後で手を拭くだけではなく食事の時にひざ掛けとして使ったり、
髪が長い人はバンダナのように髪を束ねるのに使うこともできます。

ハンカチは色柄が豊富でファッションとコーデしたり、
季節感出したり、毎回使い回しというわけではありません。
選ぶのにも楽しさを感じるはずです。

グローブ

防寒用の手袋ではなく、あくまでファッションの一部で
グローブを用いてみましょう。

一般的にはレザー、夏はレースのものも多いですね。
ぶかぶかではなくフィットして手首よりも浅いデザインのものは
オールシーズン使えるデザインです。

車の運転やキャリーバックなど荷物を運ぶ時にも使ってみてください。
グローブを使いこなせると、上品な育ちの良い人に見えます。

お呼ばれのときや人と会うときだけでなく、普段から使ってみると
はやく使いこなせるようになります。
上品な雰囲気にしたい、お嬢様系ファッションに憧れる、という人も
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

若々しさを保つには1日2食がベスト!


1日の中で10〜12時間も食べ物を食べないというのはなかなか難しいと思います。そこでオススメなのが「朝食を抜くこと」です。その間に内蔵は休まり、充分に回復することができます。本来の機能を取り戻すため、新陳代謝は活発になり、弱った部分の修復にも力を注げるようになります。

例えば昨晩22時に夕食を終えたとしても、朝食を抜いて翌日の正午まで食べなければ14時間空けたことになります。夕食が遅い人や、お酒を呑んだ次の日は、朝食を食べないほうが胃腸にも体にも良いことは間違いありません。

また、空腹時には体を若々しくしてくれる「成長ホルモン」が多く分泌されると言われています。胃腸をスッキリさせると同時に、若さも手に入れられる「朝食抜き&1日2食」美容法をぜひ試してみてください。


「よく噛む」習慣だけで痩せて健康に!


小さい頃から「よく噛んで食べましょう」と言われ続けてきたと思いますが、実際にひと口で何回噛んでいるか数えたことがありますか? ぜひ一度、普段の食事の際に数えてみてください。おそらく、ひと口で10回前後だと思います。

今の私たちの食事は白米・パン・麺など、あまり噛む必要のない食べやすく加工された食品が多く、どんどん噛む回数が減ってきている状態です。

では、なぜよく噛むことが良いのか。よく噛むことで食べ物が細かくなり胃腸の負担を減らすのはもちろん、消化液である唾液がたくさん出ることで消化を助けるほか、食べ物の殺菌作用にもなります。

また、噛むこと自体が運動になるので代謝がよくなる、食事の時間が長くなって食べ過ぎが防げる、満腹感が得やすい、などなどたくさんのメリットがあります。極端なことを言えば、今の生活を何ひとつ変えなくても「よく噛む」ことを意識するだけで、痩せて健康になるということは大いにあり得るのです。

ちなみに噛む回数の理想は最低でもひと口30回、普通で50回、理想は100回です。100階も噛むと食べ物はドロドロ液状になりますが、勝手に喉へ流れていくのでゴックンと飲み込む感覚がなくなります。最初は大変に思えますが、すぐに慣れて、逆に個体を飲み込む方が嫌な感覚になってくると思います。

健康になりたい、痩せたい、キレイになりたい!という人ほどよく噛みましょう。そんな時間はない!という人は、速く噛みましょう。


糖質を抜いて起こるデメリットとは?


体に必要なメインのエネルギー源である糖質を抜けば、当然ながらすぐに体重は減ります。 しかし、体はエネルギー不足になると、肝臓や筋肉で水と一緒 に蓄えられていた燃料を持ち出します。 すると、筋肉量が落ち、さらに水分も失われます。 この現象は 「やせる」というよりも「やつれる」という表現がピッタリ合います。

つまり、糖質制限を続けた結果、筋力や体温の低下、生理不順、便秘や肌荒れ、頭痛、集中力低下、めまい、骨粗しょう症などの危険が非常に増すのです。

人間は長い歴史の中で、脳やカラダに必要なエネルギーの大部分を 米や麦などの穀物や芋類などから摂取してきました。もちろん、砂糖の取り過ぎは控えるべきというのは言うまでもありませんが、 糖質制限ブームを鵜呑みにし、安易に主食を悪者扱いするのは間違いなのです。栄養不足で代謝や体温が下がり、不健康にならないよう注意しましょう。


痩せたいアナタに知ってほしい。
カロリーで食事の善し悪しを決めるのは無意味です!


「メニュー選びはカロリー重視。 低カロリーな食事は健康にいいからね♪」

なんて思っている方、それは大間違いです!

カロリーほど無意味な指標はありません。そもそも、カロリーはエネルギーの単位にすぎません。エネルギーになる栄養素は、炭水化物・たんぱく質・脂質の3つ。この3つを合わせたものが総カロリーになります。

ですから食事の総カロリーだけみても栄養素の割合はわからないし、低カロリーが健康に良いということには結びつかないのです。では何に注目すれば良いのか?

それは、その食事の中に、ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素(※1)など、 消化・代謝・排泄に必要不可欠な“副栄養素”が含まれているかどうか、つまり、きちんと「栄養素の割合と質」を見極めることが大切なのです。これこそが健康やダイエットにつながる鍵となります。