ココロを伝える 福島県きのこの山の皿
磨-ichi工房からのご提案

笑って食べると・・・
メッチャおいしい!!

という事をwithコロナで巣ごもり時代の今こそ、体験して欲しい。
きのこの山の専用皿
このお菓子は、このお皿でなきゃ。
同じお菓子とは思えないくらい味わいが変わります。
合わせ木のカードホルダー
附属のコミュニケーションカードや手書きカードで大切な人にメッセージを伝えましょう。
年輪も再現
当社の腕の見せどころ。
手掘りの味をお楽しみください。
年輪も再現
当社の腕の見せどころ。
手掘りの味をお楽しみください。

使い方

中身を箱から取り出す

作り手の希望で申し訳ないですが、裏面をよく読んでから実物を見て頂きたいという想いを持っております。内容物は1.コミュニケーション・メッセージ・カード集 2.本体 3.木の葉型カードホルダー 4.足 5.ポリエチ手袋  となっております。

組み立てる
大きなクローシュをお持ちの方は、お盆に足をおいてセッティングしてください。
木の葉は片側の端に1カ所づつ差込穴があります。
足の部分はお好みでご利用ください。

"きのこの山"を回しながら差し込む

焼き菓子部分(柄)は全て微妙に大きさが違うので、ビニール手袋をつけて、”きのこの山”の傘の部分を持ち、回しながらはめ込みます。
柄が長く見えるよう少し窮屈に作ってあります。

コミュニケーションカードを選ぶ
壁一面に広がる大きな窓からは自然光が降り注ぎ、明るさが自慢のとても気持ちのよいスタジオです。朝は太陽の光の中で身体を目覚めさせ、夜は静寂の中で一日の締めくくりを。忙しい日常から離れ、しばし自分と向き合う時間を大切に。
セットが終われば一人で眺めてみる
この時間が大切。
目の高さを原木と水平にして眺めてみましょう。
どんな顔をするかな?なんて言うかな?
あなたの口角が上がった時が、出す時です。
さぁ、出してみましょう!
コミュニケーションカードの中身が、ターゲットの方に最初に気づかれないような角度で出してみてください。
「ナニこれー?!」と言う反応は、思わず出た歓声であって質問ではないので、最初は静かにニコニコと反応をお楽しみください。
コミュニケーションカードを選ぶ
壁一面に広がる大きな窓からは自然光が降り注ぎ、明るさが自慢のとても気持ちのよいスタジオです。朝は太陽の光の中で身体を目覚めさせ、夜は静寂の中で一日の締めくくりを。忙しい日常から離れ、しばし自分と向き合う時間を大切に。

欅(ケヤキ)材を使用。一家にひとつの重厚感

箱の中にはハッシュタグのシールが入っています。
次に笑った家族がSNSで投稿してくれれば、あなたの「きのこの山のお皿」をトレーサビリティする事ができます。

ご利用にあたって

  • お子様が頑張った日、落ち込んだ日、不安になった日、嬉しい日。
    家族の声と、目による入力でパワーを送りましょう。
  • ご夫婦の間も山あり谷あり。
    言いづらいけど、言わなきゃな。
    そんなきっかけにコミュニケーション・メッセージ・カードがお互いの味方になってくれます。
    突然言われるよりも、一瞬だけ目による発見が先にあれば、ちょっとだけ余裕も生まれます。
  • コミュニケーション・メッセージ・カードを選ぶ貴方が一番素敵です。
  • ご夫婦の間も山あり谷あり。
    言いづらいけど、言わなきゃな。
    そんなきっかけにコミュニケーション・メッセージ・カードがお互いの味方になってくれます。
    突然言われるよりも、一瞬だけ目による発見が先にあれば、ちょっとだけ余裕も生まれます。

手作り工房 磨-ichi工房 の特徴

私達の工房は福島県南相馬市にあります。
南相馬は福島県の東に位置するので太平洋に面し、青空がきれいな場所です。
西には日本の背骨のように奥羽山脈が控ており、海から昇る日の出と、山に沈む夕日が繰り返されています。
その工房の中は珍しい木で溢れています。
木のぬくもりは、多くの人を癒してきました。
木は、いきものとしての役目を終えた後も、人によって身近なものとして形を変え、和ませてくれます。
木は人間の生活に最も近い素材です。
そしていつまでもその特徴を語りかけてきます。
何年も前に伐採された木材と向き合い、その表面を削りだしたとたんに材料なりの手ごたえと、材料の香りが創作意欲をかき立ててきます。
まるで新たな使命を喜ぶかのように感じています。
今回、福島県の県木である「けやき」を使って、木工旋盤技術を活かしたお皿の作成に成功しました。
この木の素材から、何かを感じ取っていただければ幸いです。

コミュニケーション・メッセージ・カード

【家族向】
今日はすごかったね!
頑張ったね。見てたよ。
流石だね。凄かったよ。
いつも見守っているよ。
肩の力を抜いていこう。
今度はきっとできるよ
今日はつらかったね。
お手伝いしてくれて助かったわ!
最後までよくがんばったね!
もう少しでうまくいくね
やればできるよ
ケガしなくて、よかった
今日はいい経験をしたね
自分のことは自分でしよう
お父さんはすごいね
お母さんはすごいね
人は人。自分は自分。
それからどうなったの
将来は何がしたい?
よく我慢したね。偉い!
初めからうまくできる人はいないよ
たまには休みましょう
今日は嬉しいね
・凄いね
・やろうと思えばなんだってできるね
・さすがだね

【彼女・奥さん向け】
本当にいつもありがとう感謝しかありません
いつも助かっています。ホントに。
いつも頼りにさせてもらっています。
今年も一緒で嬉しいよ誕生日おめでとう
本当に大好き
こういう時だからこそ一緒に頑張ろう
あなたがいるから頑張れる
君の笑顔に乾杯
君の瞳を惹きつけたい
健やかな毎日に感謝
夢がかないますように
すべて、うまくいきますように
実り多き季節になりますように
・一番の味方だよ
・あなたって最高だね
・あなた以上の人はいないわ
・最高だね
・さすがだわ
・あなたならできるよ
・ごめん最後の一個がなかなか刺さらなくて・・

【愛人向け】
今度こそお幸せに
必ずまた逢おうね
お身体をお大事にして下さい
ひきつづき期待しています
君を待ってました
ふとした時はいっつも想ってるよ
本当はずっと一緒に居たい

【離婚者向け】
さあ!再スタートだよね。
愛することに臆病にならないで
どんな結果でも私はあなたを応援するからね
よく頑張ったね。勇気出したね。

【旦那向け】
昨日はごめんね。
さっきはごめんね。
ごめんが言えなくてごめんね。
素直になれなくてごめんね。
ホントは貴方の事が大好きなの。
ごめんね。今度から気をつけます。
直して欲しいところはやんわり言ってね。
いつもありがとう。
気づくのが遅くてごめんね。
どんくさくてごめんね。
生意気なこと言ってごめんね。
誕生日忘れててごめんね。
結婚記念日忘れててごめんね。
YES
NO!

【親向け】
生んでくれてありがとう。
さっきは怒鳴ってごめんね。
わがまま言ってごめんね。
いつも心配かけてごめんね。
いつも文句言ってごめんね。
いつも家事をやってもらってありがとう。
いつまでも反抗してごめんね。

【運送屋】
配達ありがとう。
暑い中、ご苦労様です。
寒い中、ご苦労様です。

こんなカードが入っています。切りとってお使いください。
自由に書ける台紙もありますので、ご自由にメッセージをお書きください。

ケヤキの特徴

けやけし木
ケヤキは、以前は強い樹木という意味で「槻(つき)」と呼ばれていました。
しかし、16世紀ごろからケヤキと呼ばれるようになりました。それは「けやけし」という「美しい」・「目立つ」という意味の形容詞が「美しい木」ということで、「けやけし木」となり、それが「けやき」となったと言われています。
1000年以上生きる木

ケヤキの花言葉は「幸運」・「健康」・「長寿」です。
こちらはケヤキの木の寿命の長さに由来していると考えられます。
条件がよければ2000年生きるとも言われています。
漢字の「欅」は、中国のクルミ科の落葉高木を指し、日本のけやきとは別の植物です。

高級建築材
ケヤキの木は、硬くて摩耗にも強く、神社やお寺の建築にも建築素材に使われています。(清水の舞台など)
一般家庭では玄関や大黒柱や床柱など美しい木目を楽しむ、重要な場所に使われますが、暴れる木とも言い反り返りやすい特徴があるため、狂いが生じやすく、加工には熟練の技術が必要とされます。
背が高い木になる
ケヤキ並木として街路樹になるケヤキは、20~25メートルほどに成長する立派な木です。
このように背が高く、寿命もとても長いことから、家の庭への地植えには向きません。しかし、ケヤキがあるとその家は格式高い家だと考えられたため、かつてはよく植えられていました。
今は商売や会社には良いとされています。
背が高い木になる
ケヤキ並木として街路樹になるケヤキは、20~25メートルほどに成長する立派な木です。
このように背が高く、寿命もとても長いことから、家の庭への地植えには向きません。しかし、ケヤキがあるとその家は格式高い家だと考えられたため、かつてはよく植えられていました。
今は商売や会社には良いとされています。

あなたのきのこの山のお皿
みんなでひと笑いしたら
それを人に差し上げて「笑顔のループ」を作りませんか

一品物の作成など、どうぞお気軽にお問い合わせください
会社名 合同会社猫のてコミュニケーションズ
代表 / 木工リスト 井上 昌宏 / 米倉一磨
設立年月 2018年12月
会社住所
福島県南相馬市原町区本町1-111
会社住所
福島県南相馬市原町区本町1-111

磨-ichi工房(合同会社猫のてコミュニケーションズ 製造部) 

福島県南相馬市原町区本町1-111
tel:090-4272-4458(井上)