【仮想通貨】推しコイン
キングスコインを徹底解明!

なぜキングスコインが推しなの?

それは「圧倒的に使いやすい」から!

KINGSCOINは、特別なKINGS(KNG)トークンの開発と発行に加えて、
仮想通貨の利用に不可欠な決済端末であるICカードとQRコードの開発に注力して投資。

これらの技術的な努力に加えて、各国の制度規制を加味した仕様の中で、
「最も使いやすいトークン」を目指し構築をしてます。

しかもアドバイザーには強力なメンバーが!
①国最大手のメッセンジャーサービス「WeChat」の開発に関わる責任者
②テンセントグループの元顧問「Ma Hua」氏
③中国圏で最大手のケータイ事業HUAWAYの元COO「Victor Chow」氏
④天文学博士号を持つ教授「Trevor W. Zakov」氏

など…最高峰のアドバイザーを迎え入れてKINGSのプロジェクトはスタート!
各業界におけるエキスパートが揃っています。

トークン発行会社は安心?

トークン発行会社は【香港スカイキングインターナショナルインベストメント株式会社】です!

キングスコインの発行は、年間売上高5,000,000,000円以上の商社「香港スカイキングインターナショナルインベストメント株式会社」が行っています。

香港スカイキングインターナショナルインベストメント株式会のスタッフの多くは、アジアおよびその他のグローバル市場地域における既存の流通および支払いシステムに精通しているみたいですね。

キングスコインICOの開催期間は?

KINGSのICOは
【2018年2月1日からプライベートセールの形式】で非公開に行われて、5月31日まで開催。

6月以降は一般販売形式でのICOセールとなり、終了次第トークンの改良やアプリケーション開発やパートナシップ契約などの各種プロジェクト進行が行われます。(国内での販売は行っておりません)





ICOのトークン価格は?

4月1日〜:8セント(約8.7円)
5月1日〜:8.8セント(約9.6円)
6月1日〜:10セント(約10.9円)

早期に購入するほどお得になる価格レートなので、迷っている方は早めの入金をおすすめ!

他の仮想通貨にはないキングスコイン独自のことってある?

 キングスコイン独自技術のノーボラティリティコインです!!

独自技術によりノーボラティリティコインの開発を進めてます。

【ここから詳しく解説】
KINGSで発行されるKNGトークンは2種類のトークン(A/B)に分岐されます。
Aは相場によって変化するトークン。Bは一切の相場変化を受けないトークンです。
現実世界では相場の乱高下が激しいと、どれだけデバイスの開発力があっても決済インフラとしては機能しません。

例えば、100KNGの価格で購入した本が次の日には50KNGの価格で購入できるようになったら、
お店側だけでなく消費者も困惑してしまいます。

KINGSでは相場の変動を一切受け付けないトークンを構築し、
誰でもノーボラティリティコインを発行できるプラットホームを構築します。
これまで、ナナコやパスモなどのICカードは、前払い式決済手段と言われ、
ノードの調整・サーバの開設などで数百億円の開発費がかかっていました。

これが、私たちのプラットホームを活用すると無償になる予定です。

このプラットホームを活用する企業が増えることで
トランザクションで発生する利用料が全てKINGS-Aの相場に還元される予定です。
プラットフォームの利用者が増えることでKINGS-Aコインの需要が上がり、
流動性や価値も比例して上昇していきます。
この技術は現在、特許技術申請中です。

でも、キングスコインは一体何を目標にしているの?

仮想通貨を世界中の決済インフラにすることが、
キングスコインのミッションです。

まだまだ世の中に仮想通貨が浸透していないような気がしますよね。
人びとが暗号通貨に懸念を示す高い理由は、

「仮想世界でのみ使える通貨」
という理解をされている人が多いからです。

このような状況を改善しながら、
キングスコインは仮想通貨を世界中の決裁インフラにすることを目標に掲げています。

まとめ

キングスコインは実需がとても期待できるICO。推しコインです!!!

一般のICOでは1億という金額でも数十秒で売り切れてしまうことがありま
すが、ICO側も資金調達の目処が立たないプロジェクトは行わないので、IC
O開始前から注目を集め一瞬で集金を完了することがよくあります。。。
キングスコインは注目度もとても高いプロジェクトです。
迷っている方は早期の購入をおすすめします。