「禁煙セラピー」という禁煙方法を皆さんはご存じでしょうか。

禁煙といえば「タバコを吸いたいという気持ちを無理やり我慢する」といったイメージが強いと思われます。そうした方法に挑戦して、何回も失敗してしまったという経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

そんな「我慢するだけ」ではなく、新しい方法として「禁煙セラピーの活用」という方法が注目されてきました。

チャンピックスの商品画像
こちらの商品と一緒に、禁煙セラピーに取り組んでみましょう↑

禁煙セラピーとは

禁煙セラピーのイメージ

禁煙セラピーとは、一体どういった方法なのでしょうか。

禁煙セラピーとは「無理やり我慢する」というアプローチではなく、「正しい知識やメリットを知る」といったアプローチをしていく方法です。禁煙セラピーでは下記のようなことを知識として身につけていきます。

禁煙セラピーで学ぶこと

・タバコ(ニコチン)のデメリットを正しく把握する
・なぜタバコを吸う必要があるのかを考える
 →タバコが不要なものであることを理解する
・正しい禁煙方法を学ぶ
・無理のない方法をして、肯定的に禁煙を捉える

このように、禁煙セラピーでは、たばこに関わる知識を身につけ、自然と禁煙できるようにしていきます。この禁煙セラピーが、従来の禁煙方法よりも効果的であると注目を集めているのです。

禁煙セラピーはタバコを本格的にやめたい人におすすめ

本格的にタバコをやめたい人

禁煙セラピーは「本格的にタバコをやめたい!」と考えている人におすすめの禁煙方法です。なぜ本格的にタバコをやめたい人に禁煙セラピーがおすすめなのか、下記で説明します。


禁煙セラピー以外の方法だと長続きしない

そもそも、我慢するだけの禁煙方法では長続きしなかったという経験を持っている人が多いのではないでしょうか。
我慢するだけの方法ですと、次第にストレスがたまってしまい、そのストレスが喫煙を誘発してしまいます。そして、一度喫煙してしまえば禁煙の意識はぷっつりと消えてしまい、結果として失敗してしまうのです。

従来の「我慢するだけ」では、長続きしないのです。


禁煙セラピーを受けると、喫煙のデメリットを本質的に理解できる

禁煙セラピーでは、喫煙のデメリットなどを知識として得ることが出来ます。

「タバコ=有害」ということを表面的に知っているだけでは、脳が禁煙することに対して納得できません。「喫煙は有害である」ということを本質的に理解して、本気で禁煙に取り組むという姿勢を持つことで、本格的な禁煙が可能になるのです。

禁煙セラピーを受けることで、より本質的に禁煙をしようという意識を根付かせることが出来ます。


禁煙セラピーをすることで、禁煙を肯定的に捉えられる

禁煙セラピーでは、喫煙が有害であることだけでなく、禁煙を肯定的に捉えられるよう意識改革なども行います。

従来の方法ですと、どうしても「我慢しなければならないもの」というマイナスイメージがつきまとっていたため、長続きしないケースが目立ちました。そんな禁煙に対するマイナスイメージを払拭し、禁煙を肯定的に捉えることが出来るようになるのです。

以上のように、禁煙セラピーでは、身体的なアプローチというより、意識改革的なアプローチをしていきます。禁煙に対する意識が変わると、成功率がグンと上がるのです。

禁煙セラピーを受けて禁煙を成功させましょう

本格的な禁煙

禁煙セラピーは次世代型の方法として注目を集めています。

実際のところ、禁煙は自分一人だけの力では中々成功しないというケースが目立ちます。禁煙に対する意識を、禁煙セラピーによって外部から意識改革をすることで、成功率は段違いにUPするのです。禁煙に中々成功できない、もしくは絶対に成功させたいとお考えなら、ぜひ禁煙セラピーを受けて禁煙を成功させましょう。

チャンピックスの商品画像
こちらの商品と一緒に、禁煙セラピーに取り組んでみましょう↑