禁煙はいつからが成功といえるのでしょうか。疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

禁煙と一言でいっても漠然としていて、やはり「成功」といえる期間を知っておきたいかと思われます。禁煙がいつから成功なのか、その時期を知っておくことで「そこまで頑張ろう」というモチベーションにもつながってくるんです。

そこで当記事では「禁煙がいつから成功なのか」という点に焦点をあててみました。禁煙に挑戦中の人も、これから禁煙を始める人も、まずは当記事を参考にしてみてくださいね。
チャンピックスの画像
↑禁煙がいつから成功なのか気になる人は、こちらの商品も合わせて使ってみてください↑

禁煙はいつからが成功といえる?

禁煙はいつからが成功なのか考えている人
禁煙をしている人の多くが「禁煙はいつから成功?」という点を疑問に思っているのではないでしょうか。もちろん、長く継続するに越したことはありませんが、やはりある程度の段階で「一段落した」という気持ちを味わっておきたいところです。

禁煙がいつからが成功といえるか、それは「禁煙を辛く思わなくなった」とか「禁煙が当たり前の習慣になった」という段階まできたら成功といえるでしょう。下記に、禁煙がいつから成功といえるのか、期間別に詳しく説明したので、ぜひ参考にしてください。

禁煙の継続期間別の特徴

禁煙がいつからが成功といえるのか、その答えを知るためにも、禁煙の継続期間別の特徴について確認しておきましょう。

禁煙を辛く思わなくなった」とか「禁煙が当たり前の習慣になった」という段階が「禁煙がいつから成功といえるのか」という疑問に対する答えになります。禁煙が辛くなくなるのは、どれくらいの時期なのでしょうか。

禁煙開始から1週間~2週間まで

禁煙開始のイメージ
禁煙開始から1週間~2週間では、流石に禁煙が成功したとはいえません。まだまだ準備期間といった時期なので、1週間~2週間はまだまだ油断ならない時期です。

最初の1週間は今まで習慣的に吸っていたタバコを身体から抜く時期、2週間目くらいでニコチンの離脱症状なども出てきます。とはいえ、第一段階はクリアしたといえますので、今後も継続できるよう頑張っていきましょう。

禁煙2週間~4週間

離脱症状を耐えている人のイメージ
禁煙を始めて2週間~4週間という時期で禁煙が成功したといえるかといえば「NO」です。禁煙2週間~4週間はニコチンの離脱症状がピークに達する時期となりますので、禁煙を成功させるには大事な時期といえます。

ここで「禁煙が成功した」とタバコを1本でも吸ってしまうと、これまでの努力が無駄になってしまうので、注意してください。禁煙がいつから成功なのかといえば、2週間~4週間ではまだまだ成功とはいえない時期です。

1か月以上の禁煙

1か月以上の禁煙のイメージ
禁煙がいつから成功なのか、答えを述べるとしたら「1か月」が一つのポイントだといえます。なぜならば、1カ月以上経つとニコチンの離脱症状が徐々に落ち着きだし、禁煙が苦にならない時期になっていくからです。

禁煙の継続期間が1カ月以上、2か月~3か月ごろになれば「禁煙はいつから成功」という答えに達したといえるでしょう。

1か月以上禁煙できればとりあえず「成功」

禁煙成功のイメージ
当記事では「禁煙はいつからが成功なのか」という点に焦点をあてて解説しました。禁煙を1か月以上継続することで「禁煙を辛く思わなくなった」とか「禁煙が当たり前の習慣になった」という段階に達したといえます。

ただし、1カ月以上継続した後でも気を抜くと喫煙の習慣がよみがえってしまい、禁煙失敗になってしまいかねません。

「禁煙はいつからが成功なのか」、当記事では1か月以上を到達点として説明しましたが、その後も気を抜くことなく禁煙の習慣を守ってくださいね。
チャンピックスの画像
↑禁煙がいつから成功なのか気になる人は、こちらの商品も合わせて使ってみてください↑