禁煙も2週間目に入ってくれば、そろそろ慣れてきた頃かと思われます。ただ、禁煙2週間目はまだ油断できない時期でもあるので、注意する点も多いです。

そこで、当記事では禁煙2週間目時点での注意点などをまとめました。禁煙2週間を契機に、より長く禁煙を継続できるようにしてくださいね。
チャンピックスの画像
↑禁煙2週間からはこちらの商品を使うことで禁煙を継続しやすくなります↑

禁煙2週間目からが本番!

禁煙2週間目からが本番のイメージ
禁煙2週間目というのは、とりあえずの一区切りといえるでしょう。始めたばかりは辛い思いばかりだったかもしれませんが、禁煙2週間目にもなってくると自信などもついてきたかと思われます。

とはいえ、禁煙2週間目で満足するわけにもいきません。むしろ、禁煙2週間目というこの時期からこそが本番です。

そこで、禁煙2週間目時点での注意点などをまとめたので、ご確認のうえ、禁煙を継続させるための参考にしてください。

禁煙2週間目の注意点

禁煙2週間目の注意点について、3つの注意点をまとめました。これからも禁煙を継続させるために、注意点を参考にしてください。

1本吸うと台無しに

タバコを一本でも吸うと台無しになるイメージ
禁煙2週間目にもなると「1本くらい吸ってみてもいいかな…」なんて思いが頭をよぎります。しかしながら、禁煙2週間目の時点でタバコを1本でも吸うと、せっかくの努力が台無しになってしまうので注意してください。

禁煙期間中にタバコを1本でも吸ってしまうと、身体が更なる量のニコチン接種を求めてしまいます。そうなると頭の中はタバコのことでいっぱいになってしまい、多くの人は禁煙に失敗してしまいます。

そのため、禁煙2週間目の時点では「1本でも吸えば台無しになる」ということを意識して、1本も吸わないように気を付けましょう。

離脱症状のピークは2~4週間目まで

離脱症状のピークは2~4週目のイメージ
禁煙2週間目というと、ニコチンの離脱症状に辛い思いをしている人も多いかと思われます。ニコチンの離脱症状を辛く思い、禁煙2週間目の時点でタバコを吸ってしまい、禁煙失敗という人も多いのです。

ここで頭に入れておきたいのは「離脱症状のピークは2~4週間目」ということです。禁煙2週間目というのは最も離脱症状が辛い時期なのですが、逆に言えばこのピークさえ乗り越えられれば離脱症状も無くなり、禁煙がより楽になります。

このことを意識して、禁煙2週間~4週間は特に辛抱して、乗り越えようという意識を持つと禁煙成功率が高まりますよ。

身体の変化を感じると続けやすくなる

禁煙が続けやすくなるイメージ
禁煙2週間目は離脱症状が辛い時期でもありますが、禁煙による身体の良い変化も感じ始める時期です。胃腸など消化器官の調子が良くなったり、痰のキレなどがよくなり喉の調子も良くなったりします。味覚の回復、不眠の解消などといった身体の変化も、禁煙2週間目時点位から出てくるようになります。

禁煙2週間目における身体の良い変化を感じると、禁煙を継続するモチベーションが高まりますよ。

禁煙2週間を超えて1カ月~3か月へ

禁煙を1か月~3か月と続けていくイメージ
禁煙2週間目の注意点について解説しましたが、上記のことを意識しておくと、更に禁煙を継続するための行動もしやすくなります。

禁煙2週間目は、まだまだ通過点です。むしろこれからが禁煙の本番といえます。禁煙2週間目を超え、1カ月~3か月程度経ってくると、より身体の良い変化を実感できるようになり、禁煙自体を楽しめるようになります。そういった実感を得られるよう、禁煙2週間目以降も禁煙を継続させましょう!
チャンピックスの画像
↑禁煙2週間からはこちらの商品を使うことで禁煙を継続しやすくなります↑