禁煙1週間を迎えれば、最初の難関はクリアしたといえるでしょう。日常的に喫煙していた状態から、禁煙1週間を実現するのは中々難しいので、今後も続けていきたいところです。

ただ、禁煙1週間頃の時期は、油断するとあっという間に禁煙失敗になってしまうということもありえます。

そこで、当記事では禁煙1週間目の注意点をまとめました。禁煙を1週間以上継続させるためにも、当記事をぜひご参考にしてくださいね。
チャンピックスの画像
↑禁煙1週間以上を継続させるなら、こちらの商品も試してみましょう↑

禁煙1週間目が要注意!

禁煙1週間目の注意点を促す画像
禁煙1週間目というのは一つの到達点ではありますが、通過点ともいえます。禁煙開始直後から始まったニコチンの離脱症状に加え、更に離脱症状が加わる時期でもあるからです。

ただ、ニコチンの離脱症状は1カ月もすれば落ち着いてくるので、禁煙1週間目の時点ではとにかく我慢が重要です。とはいえ、根性論だけではきついものがあるので、禁煙を1週間以上続けるコツについても確認しておきましょう。

禁煙を1週間以上続けるコツ

禁煙を1週間以上続けるコツについて、3つのコツを挙げました。先ほども説明したように、禁煙1週間目というのは一つのターニングポイントになってきます。ここでタバコを我慢すれば、禁煙を1週間以上続けられる契機になるので、ぜひ継続のコツを参考にしてください。

1本も吸わない

1本も吸わないイメージ
禁煙1週間目の一つのコツとしては「1本も吸わない」というコツが挙げられます。
禁煙というのはタバコの本数やニコチンの量などは関係ありません、とにかく全く吸わないのがポイントになってきます。1本でも吸うと、身体がニコチンを更に求めてしまい、タバコを吸いたいという欲求に耐えられなくなってしまいます。
そのため、禁煙1週間目の時点でも一本も吸わないということを心に留めておきましょう。

吸いたくなる状況を避ける

喫煙所の画像
禁煙を1週間以上継続させるためには「吸いたくなる状況を避ける」というコツも挙げられます。喫煙所の付近や飲み会、タバコ自体の近くに行かないなど、吸いたくなる状況をなるべく避けておきましょう。

1カ月程度も経つと禁煙に身体が慣れてきますが、禁煙1週間目の時点ではタバコを吸いたくなる状況をなるべく避けることをおすすめします。

あらためて禁煙する目的を意識する

禁煙の目的意識のイメージ
禁煙1週間目にあたって、あらためて禁煙する目的を意識しておきましょう。
禁煙1週間目の時点では「とにかく我慢する」ということに頭が支配されがちです。我慢することだけを考えるのでなく、禁煙する目的を改めて意識し、禁煙の目的意識を高めることをおすすめします。

禁煙1週間目からが勝負!

禁煙1週間目からが勝負のイメージ
禁煙1週間目は到達点でもあり、単なる通過点ともいえます。禁煙による離脱症状が落ち着くまでには1か月程度かかるのです。そういう意味では禁煙1週間目からが勝負といえますので、改めて気を引き締めて禁煙に臨みましょう!
チャンピックスの画像
↑禁煙1週間以上を継続させるなら、こちらの商品も試してみましょう↑