禁煙10日目というのは、まずは一段落といえる時期です。ただ、禁煙10日目は同時に要注意の時期ともいえます。ここで気を抜くと、せっかくの努力が水の泡ということにもなりかねないので、注意してくださいね。

当記事では禁煙10日目に注意したいことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。
↑禁煙10日目からこちらの商品を合わせて使うと、禁煙が続けやすくなります!↑

禁煙10日目辺りは要注意!

禁煙10日目の注意点
禁煙10日目というのは、そろそろ油断が生じてくる要注意の時期です。ここで油断をしてしまうと、結局禁煙に失敗してしまい、また最初からやり直すことになってしまいます禁煙は最初の1週間がきついので、その辛い時期を繰り返すのは避けたいところですよね。
「禁煙10日目」は要注意の時期ということを頭に入れたうえで、下記に解説する注意点を意識してください。

禁煙10日目に気を付けたいことまとめ

禁煙10日目に気を付けたいことについて、当記事では3点にまとめました。禁煙10日目というのは一つの到達点なので、ここで改めて引き締めを行いましょう。

禁煙10日目からの頑張りで禁煙の成功率が大きく左右されるので、注意点を確認してください。

「軽く1本」が命取り

軽く1本が危ない
禁煙を行う上で、最も避けたいのが「軽く1本」という気持ちを持つことです。

禁煙中は量に関係なく、タバコを吸うのは一切断たないと、効果が薄れてしまいます。効果が薄れるだけでなく、タバコを1本でも吸うと、タバコを吸いたいという欲求が再燃してそのまま喫煙になだれ込んでしまうというのはよくあることなのです。

禁煙10日目において、タバコを軽く1本吸うのは命取りになりかねないので、吸わないようにしてください。

「離脱症状」に注意

離脱症状が辛い人のイメージ
禁煙10日目は、まだニコチンなどの「離脱症状」が抜けない時期です。身体のダルさ・イライラ・不眠・不快感といった離脱症状から脱しようとタバコを吸いたくなる時期でもあります。

禁煙10日目の時点では離脱症状が抜けず、身体から抜けるのは1か月程度はかかります。禁煙10日目の時点で離脱症状から逃れるために一本でも吸ってしまうと、喫煙習慣の悪循環に陥ってしまうので、我慢するようにしましょう。

今が一番キツイ時期ということを意識する

一番辛い時期の人のイメージ
禁煙に身体が慣れてきたとはいえ、離脱症状などが抜けない時期なので、禁煙10日目というのはある意味最も辛い時期でもあります。ただ、ここでタバコを吸うと禁煙10日目まで続けてきた努力が無駄になってしまいます。

離脱症状は1カ月もすれば落ち着いてくるので、もう2週間程度我慢してください。「禁煙10日目の今が一番キツイ時期」ということを意識して、禁煙を継続するよう改めて目標を立てるようにしましょう。

禁煙10日目以降も継続できるようにしましょう

禁煙10日目以降も頑張る人のイメージ
当記事では禁煙10日目の注意点について解説しました。まずは禁煙10日目まで我慢したのですから、これからも禁煙を継続できるように、改めて禁煙を継続する決心をしましょう。

離脱症状についても、もう2週間もすれば落ち着いて、より禁煙を継続しやすい身体になります。禁煙10日目の今は、禁煙出来る身体に変化している時期なので、この時期にタバコを吸わないよう、禁煙を継続する決意を改めてしてくださいね。
チャンピックスの画像
↑禁煙10日目からこちらの商品を合わせて使うと、禁煙が続けやすくなります!↑