このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください
無理なく驚く程の健康な体を手に入れました

健康情報のアドバイス

健康な男性
69歳の比較的健康な男性が、名医数名の健康指導内容を素直に実践して無理なく、自らが驚くほどの健康な体を手に入れました。
その効果(私の変化した数値)と実践内容を
関心がある方々に無償で情報提供しております。

3回の食事前にキクイモパウダーを飲んでいます!

日光市在住の糖尿病専門医、慈恵クリニックの糖尿病専門医が書かれた二冊の本を参考にしました。

キクイモの効用
キクイモの持つイヌリン(水溶性食物繊維)の効用の凄さ、これを活用。
(あまりその効用までよく知られていない太陽と大地の恵み食材キクイモ)天然のイヌリン含有量が世界一の植物がキクイモです。

イモではなく判り易い説明ではひまわりの根が太陽のエネルギーでイモの様に膨らんだものです。
(天然のイヌリン含有量世界一の植物です)

3回の食事前に約2gのキクイモパウダーをお湯に溶いて飲んでいます。(イヌリンの水溶性食物繊維は腸内善玉菌の最適のエサになります。)現代人が今,いちばん意識して摂取するべきは、水溶性の食物繊維とのアドバイス。

東京医科歯科大学名誉教授感染・免疫学の第一人者の先生の本から享受することができました。イヌリンの様な水溶性食物繊維の力が動脈硬化の進行を食い止める切り札と考えられます。
(食物繊維摂取状況は古代人は毎日150g摂取、戦後間もない頃の日本人 27g、現代人は12g、では余りにも少なくなってきた事が現代人の健康の大きな課題)ちなみに水溶性食物繊維は葉物野菜100gに1.2gしか含まれていません。(健康な人が健康を維持するためには、これだけの食物繊維を摂って要ることが必要だと言う話です)

効果
飲み始めて一週間後には便秘の解消 バナナうんち(善玉菌の増加の徴)(日本人の1700万人程度が便秘に苦しんでいる現状がある。特に60代以降は男性が便秘になる比率が高い。60歳過ぎの快便はとても贅沢なことと感じている。)
3ヶ月後より食後血糖値の低下が始まりました。
折れ線グラフ

3か月後より食後血糖値の低下が始まりました。

私の数値改善状況空腹時血糖値が低下し始めたのは
3ヵ月位で効果がでてきました。

 数 値 
空腹時血糖
 肝機能数値γ-GTP 
肝機能数値

キクイモパウダーの選択で注意したこと

  • 国内栽培で栽培場所が確認できるもの
  • 天日干しにより栄養価が高いもの
  • 過去のデータですが東京農大短期大学栄養学科調理学研究所が調査したデータ 
    天日干しキクイモはイヌリンが約5倍、たんぱく質は約7倍、ビタミンB2は約5倍増えていたとの本に示されていました。
  • 天日干しにより栄養価が高いもの

食前キャベツを必ず摂ります!

キャベツ

国立循環器病センター 医師 自ら体験して数値写真も掲載した本 「題名 キャベツダイエット」、東京医科歯科大名誉教授感染、免疫学の第一人者の教授が書いた本「やせる無限キャベツ健康レシピ」を参考して実践しました。

毎食前に生キャベツを食べました。
最初はカットキャベツを食前に食べておりましたが、継続することと3食の準備が負担です。
その後他の本より参考にしてキャベツジュースで身体への取り組みをマスターして大変楽に、おししく取り込みが出来るようになり毎日の習慣になりました。

キャベツのすごい効果の理由
(米国の国立がん研究所が発表した、がん抑制効果のある野菜や、果物をグラフにしたデザイナーフーズ・ピラミッドでは植物に含まれるファイトケミカルという機能性の成分を含むがん抑制効果が期待できる野菜、40種類の中でにんにくの次に第2位の評価を受けています。)

キャベツにはその他生活習慣病を防ぐ事と改善する効果もあります。
血糖値の改善、高血圧の低下、肥満もキャベツで改善できます。
キャベツに含まれるイソチオシアネートというポリフェノールには強い抗酸化作用があり抗がん効果が認められたと掲載されていました。
便秘の解消・・・キャベツに含まれる水溶性食物繊維が腸内善玉菌のよいエサになり、腸の状態がよくなることと、不溶性食物繊維が腸内を掃除するようにして便を排出してくれます。(水溶性と不水溶性食物繊維をキャベツは含んでいます。)キャベツには胃酸の分泌を抑え、胃腸の粘膜の新陳代謝を上げるビタミンU通称キャベジンという成分が含まれていることも大きな特色です。
腸にとって最高のご馳走です、「幸せホルモン」の通称があるセロトニンは98%が腸で作られます。腸内環境が整うと、セロトニンの分泌量が上昇し、腸から脳へ「セロトニンは十分です」という情報が届けられと、メンタルが安定します。毎日3000~4000個が誕生しているとされるがん細胞が生じる場所もほとんどが大腸であり免疫細胞よって排除されている。
以上の効果を考えて毎食前に大きなキャベツの葉で3枚約150gとバナナ1本、リンゴ半分もしくはオレンジ一個(表面の皮をむいて大きく刻んだもの)をミキサーでジュースにして2食分は冷蔵庫で保管して食前にのみます。バナナはカリウムを沢山含み高血圧防止にも必須です。約3ヶ月程度で体質改善が図られ効果が出てきます。食事の後半か食後には黒酢大さじ一杯を水で10倍に薄めて飲む、酢は病原菌や悪玉菌にはありがたくない調味料ですが、善玉菌を中心とする腸内細菌たちには活動力を高めてくれる貴重な調味料です。

私の数値改善状況

 数 値 
総コレステロール
中性脂肪
尿酸値
  • キャベツジュースで効果が確認できたため今年より自家栽培により高糖度ケールのジュースを飲む予定。高糖度ケールは特に冬には糖度が17度近くまで上がる為、ケールのみで甘い青汁ができます。
  • ケールのみの青汁で甘い飲みやすいジュースです。この青汁は正に健康そのものを飲でいると強く感じる飲み物になりました。こんなケールも日本にはあります。
  • ケールのみの青汁で甘い飲みやすいジュースです。この青汁は正に健康そのものを飲でいると強く感じる飲み物になりました。こんなケールも日本にはあります。

ケールの概要
地中海沿岸が原産の2年生または多年生の不結球草本(アブラナ科)

ケールってどんな野菜

玄米食を食べています!

玄米

玄米食の効用に強い信念を持つ開業医の先生6~7名の指導内容が書かれている本 「玄米のエビデンス」を参考に実践しています。

今年は胚芽が通常のコメの3倍ある玄米最適米を自家栽培して、天日干しで食べる予定です。
日本人が最も補給したい成分の一つが食物繊維です。
日本人の目指したい摂取量は一日24gですが平均的には15g程度のみの摂取数値です。
特に穀物からとった食物繊維では、摂取量が多い程糖尿病が発症する危険性が低下していることが判っています。

玄米の長所、効果
・タンパク質が白米より20%多い 
・ビタミンが多い(特にBI、B2)繊維質皮質が多く。便通を良くする。
・玄米は生きている。白米は精米時から死んでいる。 
・玄米は変質しない。

玄米を薦めた二木謙三氏は玄米に二十徳の中で上記項目を掲げている。
白米に無い玄米には残る米ぬかは表皮、胚芽にはビタミン、ミネラル、食物繊維が十分含まれています。
ビタミンB1(疲労回復、美肌効果)白米の8倍
食物繊維は白米の5倍
ビタミンB2は2倍 (抗酸化作用、美肌効果)
ビタミンE (抗酸化作用、アンチエージング効果)
リーノル酸効果  (血行を良くし動脈硬化予防になる。)
発芽玄米にすることでギャバによる精神安定効果が見込める。
…玄米が白米に比べいかに栄養バランスが優れているかよく知ってほしいと訴えています。
生きている玄米を自宅で発芽させ炊飯して食べることが私はベストと考えています。
手間はかかるが効果は高いと思います。
この方法は玄米の栄養価をしっかり体内で吸収する事が出来ます。
腹持ちもよく必然的に少食になります。
一回の食事量を腹八分目にすることも重要な健康法です。
満腹になるまで食べていては腸がそれを消化させるために消化酵素を大量に使うマイナスがあるからです。

私の数値改善状況

 数 値 
LDLコレステロール
基準値  LDLコレステロール 119以下
(悪玉菌コレステロールと言われ,動脈硬化を促進します)

脂質異常を放置するとどうなるか?
・LDLがドロドロとたまって血のかたまりができる。
・かたまりが破れると血小板が集まって血栓を作る。
・血栓がはがれ血流に乗り,心臓や脳の血管をふさぐ。
・狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発病となる。
HDLコレステロール

基準値 HDLコレステロール  40以上
(善玉コレステロールと言われている。)

免疫力アップ

キクイモ、キャベツ、玄米、どれも効能に気づくことができなければこの様に健康診断数値を改善させることは出来なかったと思います。

 又、各本により知らせて頂いた各先生の指導内容にも恵まれたと感じています。老化のスピードが比較的進む年代で数値の改善が出来たことに自分自身も驚いています、自信にもつながってきております。

実践した期間では、お酒はほぼ毎日2合以上の日本酒を休肝日も余り作らずに過ごしておりました。運動は週3日3キロ目安の散歩に行っております。

現在週4日8時間の勤務も行い、毎日ストレスはそれなり受けていると思います。

健康は万人の願いであり掛替えのないものですが、定期健診結果が悪化してもすぐに体に異常来たすもので無い為、まあいいか、と安易な妥協することが一般的です。

私が多少改善をはかれる事ができたことは、先生の指導に共鳴して実行を徹底できた事だと考えています。

六十代は七十代を乗り切る為の準備期間と考えて健康診断数値の改善に取り組みませんか。
生涯医療費(国民一人当たり)2,700万(窓口負担含む)の半分は70歳以降に必要になります。健康情報を活用して支払額を少なくしてみませんか。

下野新聞令和2年6月26日朝刊の記事に東京女子医大糖尿病・代謝内科 三浦順之助教授の興味のある記事が載っておりました。糖尿病で高血圧になると免疫の動きが低下しやすい。その上、高血糖が持続すると血管が傷み、血の巡りが悪くなって傷が治りにくい。動脈硬化や糖尿病性腎症が進んで全身の状態が悪くなれば感染症悪化のリスク高く、いっそう注意が必要だ、中国から報告では、糖尿病患者でも血糖コントロールが良好なグループは血糖コントロールが悪いグループに比べ死亡率が大幅に低かった。

コロナ対策に重要なのは、血糖値を上げないように心掛ける事と強調している。

健康・長寿に興味のある皆様へ

新型コロナウイルス感染対策の為にも、自分自身の免疫力をアップさせませんか?
自ら実践し、効果を上げて、健康な体を手に入れるためのノウハウと情報を無償で提供しています。

地元栽培(写真は栽培の赤キクイモです)の赤キクイモパウダーも取次してお譲りできます。
高糖度のケールも自家消費用に栽培していますので、数量限定でお譲りできます。
(取扱期間:令和2年11月上旬位より3月位まで)

下記のフォームからお申込み下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。