きっかけ食堂
メンバー募集ページ


【きっかけ食堂とは】
東北の食材を使った料理やお酒を提供し、その味を通して、東北や震災について考える「きっかけ」をつくりたいと、2014年5月に立命館大学の学生三人が立ち上げた団体です。

毎月11日18〜24時、東北の食材を使ったご飯を通して、東北に想いを馳せる場をつくっています。老若男女問わず、たくさんのあたたかい想いと笑顔の集まる場所です。現在、京都・東京で定期的に開催をしています。

この度、活動の継続化、拡大に向けて、きっかけ食堂の運営メンバーを募集しています。ご興味のある方はこちらのページから、ご応募ください。
※こちらは求人ではなく、任意で活動するメンバーの募集になります。

応募はこちらから

紹介ムービー
私たちが目指す社会

人の想いと正しい情報が、
伝わり、つながる社会。


応援してくださる生産者の想い、
震災からの想い、私たちの想い。

食材の魅力、美味しさ、その地域の物語や
歴史、今、私たちの知るありのままの情報。

そんな、人の想いと正しい情報が伝わる
「きっかけ」を私たちは作ります。

その「きっかけ」が、人と人、人と地域、
人と物を繋ぎ、より良い社会に繋げて行きます。

きっかけは、すぐそばに。

私たちの使命

東北を想う特別な時間。
きっかけは、すぐそばに。

毎月、京都と東京で11日だけ開催される
「きっかけ食堂」は東北想いながら、
東北の食を楽しめる東北酒場です。

東北にゆかりのある人が集まり、繋がる
笑顔溢れる、やさしい空間です。

初めて来た人も生産者直送の食材、地元の日本酒、それらを楽しみながら東北と繋がっていきます。

震災を忘れない日でありながらも、
東北を食から楽しむきっかけを作り続けます。

募集中のメンバー

東京拠点メンバー(若干名)
京都拠点メンバー(若干名)
名古屋拠点立ち上げメンバー(若干名)

現在、きっかけ食堂の拠点数増加・拡大を目的に、拠点運営、立ち上げスタッフを募集しています。
拠点の担当者として、事前準備や企画、当日運営を行って頂きます。
つきましては、現在、以下の条件に当てはまる方を募集しています。

■東京在住(東京拠点スタッフ)名古屋在住(名古屋拠点スタッフ)関西在住(京都拠点スタッフ)
■毎月11日(夕方~夜)にきっかけ食堂をその拠点で開催、参加できる。
■週1回程度のMTGに参加できる
■きっかけ食堂のVisionに共感できる
■人と話すのが好き
※拠点立ち上げに関して、事務局のバックアップがありますのでご安心ください。(名古屋拠点)

事務局メンバー(2名)
ー広報担当(1名)
ーデザイナー(1名)

きっかけ食堂の事業拡大に向けて、企画・マーケティング・広報活動・情報発信・SNS運用・拠点との連絡・ライティング・デザイン・webサイト構築など幅広く、得意分野に合わせて活動をしていただきます。つきましては、以下の条件に当てはまる方を募集しています。

■東京在住もしくは東京都内への移動が出来る
■週1回程度のMTGに参加できる
■きっかけ食堂のVisionに共感できる
■ソーシャルビジネスに挑戦してみたい

ボランティアメンバー登録(積極募集中)

きっかけ食堂では、不定期のイベントや定期的に月命日にきっかけ食堂を開催しています。
自分のタイミングできっかけ食堂を広める側になりたいという皆様はぜひ、ボランティアスタッフにご応募ください!
皆様の沢山の協力をいただいたからこそ、続いているきっかけ食堂です。
もっともっと、皆様と一緒にきっかけ食堂をよりよくして行きたいと思います!
きっかけ食堂
事務局メンバー

代表からのメッセージ
原田 奈実
「きっかけ食堂を10年続けたい。」

 こんにちは。 きっかけ食堂の原田です。 東日本大震災から7年。皆さんはどんな想いで過ごしてきましたでしょうか。 震災当時、高校生だった私に東北の方々が 「今の若い人に期待しているよ」 という言葉をかけてくださいました。 私はこの7年間、その期待に本気で応えたいう想いで日々過ごしてきました。

  "東北の美味しいごはんを食べながら、 東北のことを知り考えるきっかけを作りたい" そんな想いで 毎月11日に京都で開店する東北のご飯屋さん「きっかけ食堂」を始めました。 そんなきっかけ食堂も毎月開店し続け5年目に突入しました。

 「きっかけ食堂」を行っていく中で、 たくさんの生産者の方々と出会いました。 食べ物やお酒、生産者さんが作る1つ1つに込められた様々な想いに触れ 感謝や愛がどんどん深くなってきました。 一方で、 東北の正しい情報が伝わっていないことによって 風評被害や風化を受けている現状を目の当たりにしました。 「嫌われ者になった」「忘れられるのは悲しい」 そんな言葉も聞きました。 そんな現状に対して、"私は何ができるんだろう?"と 改めて考え続けてきました。

 私は、 今まで関わってきた大好きな人たちの想いや正しい情報が より多くの人たちに伝わってほしいと思いました。 そのために行動し、これからの未来を変えていきます。 私たち「きっかけ食堂」は、人の想いと正しい情報が、伝わり、つながる社会を作ります。

応募はこちらから

Coming soon!!
副代表 右近華子
Coming soon!!
きっかけ食堂京都 代表 奥田晴香
きっかけ食堂の価値をより社会に拡げていく仕組み作りにチャレンジしています。きっかけ食堂の拡大に向けて、戦略を考え、活動していく人を絶賛募集中です!
事務局メンバー 弘田光聖
東北を知るきっかけ。 震災・防災を考えるきっかけ。 誰かと繋がるきっかけ。 きっかけに巻き込まれ、きっかけを生み出す場所。 そんな食堂です!
創設メンバー 橋本陵
あれを食べたい
あれを見たい
あの話を聞きたい
あの人に会いたい
あのまちに行きたい
そんな感情のはじまりのひとつに
この『きっかけ食堂』がある
東北の今までと今とこれからを
伝える人と場所でありたい
東京メンバー 宮古PR大使 佐々木真琴
きっかけ食堂の価値をより社会に拡げていく仕組み作りにチャレンジしています。きっかけ食堂の拡大に向けて、戦略を考え、活動していく人を絶賛募集中です!
事務局メンバー 弘田光聖
きっかけ食堂これまで

復興創生顕彰受賞

「きっかけ食堂」を顕彰 復興庁、風化防止で 

復興庁は13日までに、東日本大震災の復興に民間の立場で取り組む計10の個人・団体を顕彰すると発表した。被災地に思いをはせるきっかけをつくろうと、毎月11日に東北の食材を使った「きっかけ食堂」を京都市で開いている関西の大学生らを選んだ。今月18日に仙台市で顕彰式を開く。

 顕彰は昨年に続き2回目。地域再生や風化防止といった復興の課題への取り組みを全国に紹介し、息の長い被災地支援を呼び掛けるのが狙いだ。(2018/2/13 日経新聞抜粋)

メディア掲載実績

2018/5/12 
岩手日報

記事サイト

2018/3/11 
朝日新聞デジタル

記事サイト

2016/3/9 
無印良品 くらしの良品研究所

記事サイト

2016/3/3 日本経済新聞

記事サイト

きっかけは、すぐそばに。
きっかけを、すぐそばに。
団体概要
団体名 きっかけ食堂
創設メンバー 原田奈実・右近華子・橋本崚
設立年月 2014年5月
活動拠点 京都・東京
きっかけ食堂京都メンバー 奥田晴香・森川みずき・宮崎晴菜・原田恵利・中空幹太郎
問い合わせ先 kikkake.syokudo@gmail.com
京都開催地 魔法にかかったロバ(http://m-pro-kyoto.idvl.info/
東京開催地 MYSH Craft Sake Bar 渋谷の日本酒バー(https://www.mysh.tokyo/myshsakebar
設立年月 2014年5月