基本のサプリに副作用があるの?太るのが怖い更年期の私が検証

基本のサプリに副作用があるって本当?話題のサプリ基本のサプリに副作用があるのか更年期太りが怖い私が徹底検証してみました。

基本のサプリに副作用ってあるの?

基本のサプリには どんな副作用があるの?

基本のサプリに副作用があるか心配な方が増えているようです。

キッコーマンの更年期サプリ、基本のサプリに副作用はあるのでしょうか?

>>詳細をいますぐ確認
更年期で太るのが怖い私が、飲みながら検証してみました。

基本のサプリに副作用の心配は?

基本のサプリに 果たして副作用の心配はあるのでしょうか?


基本のサプリは大豆由来のイソフラボンが主成分のサプリメント。

ですので医薬品ではありません。

基本のサプリが医薬品でない、ということは副作用がない、ということになります。

ですので 副作用の心配をせずに使えます。


理由はそれだけではありません、

基本のサプリを 副作用の心配をせずに安心して活用できる理由を より詳しくご紹介しましょう。


公式サイトで詳細を確認してみる<<


基本のサプリで副作用が心配になる理由

基本のサプリを検討している方で 副作用が心配な方は、病院でのホルモン療法などのイメージが強いのではないでしょうか。


クリニックなどでは更年期の治療で ホルモン療法が行われることが多くなっています。

更年期の様々な症状の大きな原因の一つが 女性ホルモンの急激な減少

医療機関では その減少した女性ホルモンそのものを補充するという療法が一般的です。


このホルモン療法はそれなりに効果が期待できますが、さまざまな副作用が出やすい療法としても有名です。

実際に先輩などから ホルモン療法の副作用で苦しんだことがある、という話を聞くこともあると思います。

ですので 更年期に何らかのケアをすると副作用が出やすい、と心配してしまうかもしれません。

ですが、基本のサプリについては 副作用の心配はほとんどありませんので 安心できます

基本のサプリ公式サイトへ<<

基本のサプリに副作用がない、その理由とは?

基本のサプリは副作用の心配がない理由の一つが、

主な成分が大豆由来のイソフラボンという点。

クリニックでのホルモン療法のように ホルモンそのものを使うというのではありません。

ですので 副作用の心配がほとんどないのです。



この大豆由来のイソフラボンは 女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造を持っています。

そのため、女性ホルモンと似た働きをすると考えられているのです。


美肌のためにイソフラボンを摂取しよう、という考え方がありますよね。

これは イソフラボンの このような働きを活用した美容法なのです。


イソフラボンはホルモンそのものではなく、大豆という身近な植物由来の安心成分

基本のサプリは 副作用の心配をせずに摂取できることが よくわかりますよね。

基本のサプリに太る要素はあるの?


基本のサプリをはじめとした 更年期の女性の健康対策サプリメント、太るのでは?と心配する方もいるようです。

結論から言いますと、大豆由来のイソフラボンなどをはじめとした 基本のサプリの主な成分に 太りやすくする作用のあるものはありません

ですので、基本のサプリそのものが 太る原因になることは まず考えられないと言えます。


ですが、基本のサプリをはじめとした更年期の女性の健康対策サプリメントは 「太る」という噂があるものが多くなっているようです。

これには理由があると思います。


更年期は 加齢と女性ホルモンの減少で、体の代謝がガクッと落ちる時期。

今までと同じような食生活を送ると どうしても太りやすくなる年代なのです。

そういった時期に 更年期対策で基本のサプリなどを飲み始めると、太ってしまった原因がサプリでは?と思うのかもしれませんね。


体重が増えやすい更年期は まずは食生活の見直し、そして運動習慣を持つことが大事です。


その上で基本のサプリをしっかり活用してみましょう


基本のサプリの主成分である大豆イソフラボンには 減少する女性ホルモンと似た働きで知られています。

また、高い抗酸化パワーが期待できるぶどう種子ポリフェノールも配合。

このポリフェノールには 疲労回復をサポートする働きがあることでも話題になっていますね。

更年期太り対策で運動したいけれども疲れちゃって・・・という方にも基本のサプリは特におすすめです。

基本のサプリ、副作用のリスクは他にある?

基本のサプリは 主な成分が大豆イソフラボン

ですので ホルモン剤などのような副作用の心配はありません。

ですが、基本のサプリでは より安全に使えるように 様々な工夫がされています。


基本のサプリに含まれている大豆イソフラボン量は 一日当たり25㎎

この配合量も より副作用の心配がないように調整されています。


厚生省のガイドラインでは 大豆イソフラボンをサプリメントからとる場合一日当たりの上限が決められています。

その量は 一日あたり30mg

基本のサプリは この量を超えていませんので、過剰摂取などの心配はありません。


また、基本のサプリには 他にも ぶどうの種子抽出成分などが各種配合されています。

いずれも私たちの生活と関わりのある食べ物や植物由来の 安心できる成分ですので 副作用の心配は極めて低いと考えられます。



副作用とは違う話になりますが、基本のサプリの主成分は 大豆由来のイソフラボン。

ですので大豆アレルギーをお持ちの方の場合は 使用する前に まずはお医者様に相談することをおすすめします。

また、特定の食品や成分にアレルギーをお持ちの方も、念のため成分一覧表をご覧になって 確認しておくことをおすすめします。


公式サイトで成分を詳しくチェックしてみる<<



基本のサプリを副作用のリスクなく活用するコツ

基本のサプリは 副作用のリスクがほとんどないサプリメント。

この基本のサプリを より安全に、より効果的に使うためのコツをご紹介しましょう。


・量を守って続けましょう 

基本のサプリは毎日2粒づつ続けるタイプのサプリメント。

配合されているイソフラボン量は 一日あたり厚生省推奨の上限30mgに近い25㎎。

ですので 昨日飲み忘れたから、とか 早く効果を実感したいから、ということで 一度に沢山飲んでしまうと 思わぬ形で健康面に支障が出る可能性があります。

一日の量を守ること、そして 効果を実感するためには 飲んだり飲まなかったり、というのではなく まずは続けるようにしましょう。


・お水やお湯で飲むようにしましょう

基本のサプリはお水やお湯で飲むのがベターです。

お茶やコーヒーと一緒に飲むと カフェイン成分などの影響で 思ったように吸収されにくくなるなどのリスクが出てきます。

食後のコーヒーと一緒にサプリを飲む習慣がある、という方は まずは見直すことをおすすめします。

基本のサプリで安心できる更年期ケア

基本のサプリは 大豆由来のアグリコン型イソフラボンが主成分。

女性ホルモンそのものではないので 副作用の心配なく 安心して更年期のケアができる話題のサプリメント。

基本のサプリは 初回は半額の 2,730円(税込)で始められるキャンペーン実施中。


更年期でちょっと辛い、、、

という方だけでなく

もしかして これって更年期??

という方も 気軽に始めてみることをおすすめします


公式キャンペーンサイトで詳細をチェック<<

基本のサプリは 吸収率の良い大豆イソフラボンアグリコン

基本のサプリの主な成分は大豆イソフラボン。

この大豆イソフラボンにも種類があり、基本のサプリはアグリコン型のイソフラボンが配合されています。

このアグリコン型イソフラボンは、通常のイソフラボンと比べても 腸での吸収率が高いことで知られています。

そのため、豆腐や豆乳といった一般的な食品のイソフラボンで いまいち・・・と思った方でも 効果が実感しやすくなっています。



そしてアグリコン型イソフラボンは 腸で吸収されやすいだけでなく 女性ホルモンとよく似たゲニステインを多く含んでいます。

つまり、更年期で女性ホルモンが急激に減少した女性のケアに ぴったりなのです。

ぜひ活用してみることをおすすめします。

基本のサプリ 質問コーナー

Q
基本のサプリを利用する際に 大豆食品を食べても大丈夫ですか?
A
基本のサプリに含まれている大豆イソフラボンは 吸収率が高いアグリコン型。

そして 豆腐や納豆に含まれる大豆イソフラボンは吸収されにくいグリコシド型。

ですので 一般的な食事からお豆腐などの大豆食品を食べる分には 過剰摂取にはなりにくいので安心しましょう。

良質なたんぱく質として 積極的に食事に加えることをおすすめします。
Q
基本のサプリは閉経後に飲むと副作用がある?
A
イソフラボンは 60代以降の女性の健康づくりにも役立つ成分です。

ですので基本のサプリは 更年期を終えてからも副作用の心配なく活用いただけます。
Q
服用している薬がありますが基本のサプリを飲んでも大丈夫?
A
継続して服用しているお薬がある方は、念のためお医者様や薬剤師さんに確認することをおすすめします。
Q
基本のサプリは どれくらい続けるべき?
A
基本のサプリはお薬ではなくサプリメントですので、一定期間飲むことで より効果が実感しやすくなります。

最低でも2~3か月程度は続けてみることをおすすめします。
Q
基本のサプリを利用する際に 大豆食品を食べても大丈夫ですか?
A
基本のサプリに含まれている大豆イソフラボンは 吸収率が高いアグリコン型。

そして 豆腐や納豆に含まれる大豆イソフラボンは吸収されにくいグリコシド型。

ですので 一般的な食事からお豆腐などの大豆食品を食べる分には 過剰摂取にはなりにくいので安心しましょう。

良質なたんぱく質として 積極的に食事に加えることをおすすめします。