KGC労務管理相談所

私達はあなたの退職を代行します。

そしてよりよい未来へ進むことをお手伝いたします。

退職までの流れ

①ご相談

即日対応

会社と連絡を取りたくない

離職票を送ってもらいたい

など、ご希望を承ります。

 

②振込

雇用形態などに応じて確定した代行

費用をお振込いただきます。

​※15時以降のお振込の場合、​代行実施

は翌日となります。

 

③退職代行

当オフィスが間に入り、あなたの退職に必要な連絡を代行します。

退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応いたします。

料金

会社員
(正規・契約・派遣等含む)     30,000円

アルバイト・パート        15,000円

追加費用はかかりません。

また返金保証アリ

 

 

その他退職以外にもカウンセリング業務、書類作成業務を行っています。

未払い賃金書類作
50,000円

有給休暇取得請求書作成
5,000円
(あくまで書類作成業務となっています。アフターアドバイスは勿論おこないますが、代理行為は行えません。またこちらの作成業務に関しましては返金も行えません。予めご了承ください。)

 

雇用保険に関する得する○秘超得テクニック
8,000円
(受け取るには条件があります)

費用に関して

 他社より安い・・・何か悪い理由があるのではないか・・・?

 いいえ、当社も弁護士、そして労務管理のエキスパートである社会保険労務士等から技術提供を受けているので、サービス内容も他社と比較しても遜色なく、また業務範囲の適正化に努めておりますので、サービスの点で劣る点はありません。

 当社は以前サービスをご利用していただいた方からの紹介が多く、口コミによって広告費の削減、また様々な企業努力により経費削減に成功し、このサービス価格をご提供しています。

弁護士に相談した場合との比較

弁護士費用は、相談料、内容証明などを書いてもらう着手金、事務手数料、日当などすべて合わせると、安くとも15万円ほどかかってきます。

また弁護士費用は、事務所によりさまざまであり、中には成功報酬として高額な費用が掛かる場合もあります。そのため、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないという状態に陥ってしまう可能性があります。

 

当オフィスでは申し込んでいただければ、提示した費用以上はかかってきません。

 

勿論、ケースによっては弁護士に依頼した場合が良い場合があります。

また保険や書類の手続きなどのサービスは行っておりませんので、会社との連絡は行えますが、ご本人様の方でお手続きの方はしていただきたいと思います。

Q & A

Q.本当に退職できるの?

A.ハイ可能です。 弊社では数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件もありませんのでご安心ください。万が一退職できなかった際は、全額返金致します。

 

 

Q.代行後に会社から自分に連絡がくるのでは?

A.本人には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。ただし、そう伝えても強制力がないため、会社によっては連絡をする場合があります。そのため100%連絡がこないようにするのは難しいです。


Q.親にバレずに退職できますか?

A.ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。しかし、これまた同じく100%連絡がこないようにするのは難しいです。

 

 

Q.代行の際、親になりすましますか?

A.上述のように親へ連絡がいかないという保障がありませんので、その際、嘘がばれてしまう可能性があります。

万が一、バレてしまうと話がややこしくなるので、弊社では親へのなりすましを行っておりません。

 

 

 

Q.保険証、身分証明書などの会社に返却するものはどうすればいいですか?

A.ご本人から会社宛に郵送していただきます。最後の出勤日に会社に置いてくるとその手間も省けます。

 

 

 

Q.離職票などの書類はもらえますか?

A.もちろん離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社からご本人宛に郵送していただけるようお伝えいたしますが、通常、何もこちらが言わなくても後日郵送で送られるケースがほとんどです。

 

 

 

Q.代行日当日に退職することなんて本当にできるの?

A.民法の規定では2週間前までに退職の旨を伝える必要があると書かれています。

ですが、想像してみてください。

あなたは上司です。部下が今日辞めたいと言ってきました。当然引き留めます。

 

「突然すぎる。後任の人を見つけてからでないと」 

当然でしょう。しかし、部下の決心は固く

「そんなこと言われても知りません。とにかく今日をもって会社を辞めます」

と言ってきたらどうしますか? 引き留めようがないですよね。

「就業規則で退職するときは1か月前に言わないと」など、言っても明日から出勤してこないのは明らかです。

 

あなたから見ても、もう会社で働く意欲がないのですからこの部下を育てる意味はなくなります。

つまり、会社は辞めようとする部下を止める力はないのです。

とはいえ、実際問題、退職する旨を自分自身で伝えるのはとても勇気が入ります。

 

引き留められたときにでも揺るがずに辞めると言えますか?

怖い上司にも面と向かって言えますか?

上司がとても良い人でも面と向かって言えますか?

離職票、退職証明書、有給の消化など全てを伝えることができますか?

当オフィスにご依頼いただければ、そちらの問題が解決できます。

当オフィスではなく弁護士・社労士に相談した方が良いもの

・訴訟を視野にいれた残業代の不払いの交渉をしてほしい

 ・保険などの書類の手続きをしてほしい

・会社の代表をやめて別の人に変わってほしい

 

しかし、それ以外の

 

退職したいと今まで言い出せなくても言い出せなかった

 

退職すると言ったのにうやむやにされてしまった

 

即日退職したい

 

こういった案件につきましては、弊社が必ずお役に立てるでしょう。

 

現に、多数のご依頼をいただきましたが、退職成功率はほぼ100%です。万が一、退職できなければ全額返金致しますのでご安心ください。