ロカボニスタに含まれる【バナスリン】と【茶花エキス】のダイエット効果がスゴイ!

ロカボニスタに含まれているダイエット成分は?

ロカボニスタはダイエット時に我慢していたご飯やスイーツなどの糖質を摂取して、上手に活用させることのできるダイエットサプリメントです。

痩せホルモンのGLP-1が糖質をエネルギーに変換させて痩せやすい身体を作ってくれます。

ダイエットを成功させるために過酷な食事制限をしたり、今ある脂肪を無くすためにジムに通って辛い運動をする必要はありません。

大好きなお菓子やケーキ、ご飯やお酒などを我慢する必要はなくなります!
毎日の食事をストレス無く、楽しむことができるでしょう。

ロカボニスタに含まれている成分には高いダイエット効果があります。

糖質を活用して痩せ体質にしてくれる甘藷若葉すいおう・α-リポ酸・バナスリン・茶花エキス。
糖質をコントロールするギムネマ・白インゲン。
脂肪の燃焼を助けるがレート型カテキン・クロロゲン酸。

この成分がロカボニスタのダイエットの秘密を担っているのです。

今回はその中の”バナスリン”と”茶花エキス”の効果について調べてみました!!

バナスリンの効果

バナスリンはバナバ葉から抽出されたエキスのことで、東南アジアからきたオーストラリアまでの熱帯雨林地域に分布している落葉高木です。

バナバの葉には食物繊維・カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・タンニンなどの成分が豊富に配合されており、東南アジアでは健康茶として飲まれています。

食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内環境も改善してくれるみたいです。
便秘に悩んでいる人には嬉しい成分ですね。

バナスリンの主な効果は3つあります。



【腸内環境の改善】

バナスリンは豊富な食物繊維が含まれているので、腸内環境を整えてくれる働きがあります。
腸内にある悪玉菌の繁殖を抑制し、腸内に溜まっている老廃物を排出してくれるのです。

腸内環境が整うことで基礎代謝が上がり脂肪の燃焼が活発になるので、痩せやすい体を手に入れることができるでしょう。


【食後の血糖値の上昇を抑制】

バナバの葉は”コロソリン酸”という成分が含まれており、食後の血糖値を抑えて筋肉を動かすためのエネルギーに変換させるのを助けてくれます。

なので今までのような、エネルギーが変換されずに脂肪が溜まることを防ぐことができるのです!


【体重の上昇や肥満を防ぐ】

バナスリンに含まれるカリウムには身体に溜まっている余分な水分を、排出する働きがあります。

身体に毒素を溜め込まなくなるので、要らないものを溜め込まない身体づくりができます。
なので女性に嬉しいむくみの改善やデトックス効果が期待できます。

さらに血圧の上昇を抑制する働きがあるので、健康面でも活躍してくれそうです!

茶花エキスの効果

お茶には様々な種類がありますが、日本では葉に十分な養分を行き渡らせるため茶花はすぐに摘み取られてしまいます。

山岳地帯などでは古くから茶花を利用した“ぼてぼて茶”というお茶漬けのような料理があるみたいです。
製法は江戸時代からあるようですが、今まで豊富な栄養素があることが知られていませんでした。

近年の研究によりいつも摘み取っていた茶の花にも、健康機能やダイエット効果などの特別な成分が含まれていることがわかりました。

茶花エキスは茶花から抽出されており、4つの効果が期待できます。


【ダイエット効果】

茶花エキスにはサポニンという成分が脂肪が体内に溜まるのを防いでくれます。


【脂肪の吸収を抑制する効果】

食後の中性脂肪の上昇を抑制する働きがあります。
コレステロール値が下がり、脂肪の吸収を防いでくれるでしょう。

さらに脂肪の形成や蓄積を抑える効果もあり、肥満予防に効果的です。


【糖尿表を予防する効果】

茶花エキスには血糖値の上昇を穏やかにする働きがあり、糖尿病予防に効果的です。


【胃を守る効果】

胃粘膜保護の効果もあります。
サポニンが胃粘膜を守り、症状の予防もしてくれるのです。
食後胃が荒れて困っている人には嬉しい効果ですね。

普段何気に飲んでいるお茶の花が、こんなにもダイエットや健康面に良い効果ばかりで驚いてしまいますね。

バナスリンと茶花エキスに危険性はある?

バナスリンと茶花エキスはダイエットに効果があるのはわかったけど、副作用などの危険性はないの?と心配してい人もいるでしょう。

なのでバナスリンと茶花エキスには危険性があるのか、調べてきました。

結果から言うとバナスリンには危険性はありません。

バナスリンの元となるバナバという葉は古くから健康茶として飲まれていたもので、身体に溜め込まず脂肪燃焼しやすい身体づくりをサポートしてくれます。

長年飲まれてきて異常はないので、安心して摂取することができます。

茶花の抽出エキスも副作用などの危険性はありません。

安全性を確認するために最初にマウス実験を行いましたが毒性はないらしく、次に臨床治験では24~45歳の女性40人を対象に1ヶ月実施したそうです。

すると体重の減少や肩回り、腰回り、太ももの周りにダイエット効果が見られました。
血液中にも以上は無く、人での安全性も確認されたそうです。

この結果から茶花エキスは肥満や糖尿病の予防に有効な成分と考えられるようになりました。

さらに胃粘膜保護作用や抗アレルギー作用などの効果も期待できるみたいで、今後健康面でも効果を発揮するでしょう。