【使ってみた】脱毛器ケノンは小学生や中学生も使える!口コミもまとめ

ここでは、脱毛器ケノンを小学生や中学生が使いたい時のお話をまとめました。

我が家の娘の体験談やビフォーアフターも含めて書いてみたので参考にしてみてください。

結論から言うと、脱毛器ケノンは小学生や中学生の年齢でも使えます。 

特に何歳なら使える?など年齢の制限はありません。

脱毛サロンとかに行くよりも、家庭で安全に、しかもお安く子供の毛の処理ができるところが一番のメリットです。



ここでは、
  • 脱毛器ケノンを小学生・中学生が使うメリット・デメリット
  • 実際使っている人の口コミ
  • 小学生の娘の体験談
  • ケノンの使い方で気をつけること
  • 実際使っている人の口コミ
などを書いています。



公式サイトに聞いてみた

  • Q
    ケノンは小学生・中学生も使えますか?
    A

    はい、小学生・中学生でも使用できます。

    ただ、小学生低学年くらいではまだ危ないですので、あくまで親御さんの管理の元、安全に十分注意して使用いただきたいです。

少し前までは使用不可となっていたはずなのですが。安全性を上げたのかもしれません。


小学生・中学生も使ってる!みんなの口コミ!

ケノンの公式サイトでは、親子で使ってるという方たちの口コミを見ることができます。

 

小学生にケノンを使った口コミ

嬉しそうに使ってます

娘が口周りの毛で友達にからかわれ、少しでもコンプレックスがなくなって気持ちが楽になるならと思い購入。出力を弱くして当てています。

 本人は嬉しそうにしているので様子を見ようと思っています。

娘がすごく喜んでます

過去に試した脱毛クリームや除毛クリームは、肌がかぶれてしまったり、ムダ毛を絡め取っていくのがとても痛々しいのに効果は今ひとつでした。

小6の娘は、ケノン3、4回の照射で毛がなくなったことにすごく喜んでいて「いいわぁ」を連発しています。

娘がすごく喜んでます

過去に試した脱毛クリームや除毛クリームは、肌がかぶれてしまったり、ムダ毛を絡め取っていくのがとても痛々しいのに効果は今ひとつでした。

小6の娘は、ケノン3、4回の照射で毛がなくなったことにすごく喜んでいて「いいわぁ」を連発しています。

痛みもなく使いやすい

サロンではなかなか小学生の脱毛はや ってなくて、肌荒れなど心配でしたが、全くなく、痛みも少なく、小学生の娘でも使えるくらい簡単です!

2回の照射がおわりましたが、既に毛量が減ってます。



親子で使えて安く済む!

子供も私の遺伝なのか毛深く太い毛質で、気にし始めたのがきっかけで購入。親子で使ってます。

お手入れも簡単だし、親子で脱毛サロンに行った時の金額を考えれば、とてもお安く済んでいると思います。

親子で使えて安く済む!

子供も私の遺伝なのか毛深く太い毛質で、気にし始めたのがきっかけで購入。親子で使ってます。

お手入れも簡単だし、親子で脱毛サロンに行った時の金額を考えれば、とてもお安く済んでいると思います。

中学生にケノンを使った口コミ

家族で使えてコスパがいい

思春期になる娘も一緒に使えるならと購入し ました。 肌が弱いのでカミソリ負けするので久々に剃ってから照射。 痛みも少ないし、何度か照射したら気付けば 本当に生えてこなくなり…もっと早く購入すればよかったと思いました。

サロンなどへ行くと一人でこの値段以上。 家族で使えばみんなで好きな時間に使え一台でこの値段。 良い買い物をしたと思います。

毛深かった腕がキレイになった

私自身小学校から毛深いことに悩んでいました。 娘が、私からの遺伝のせいかやはり毛が濃く、私と同様に毛深いことにずっと悩んでいました。二人で使うなら安いかなと、すごく悩みましたが購入。

主に娘が使用していて、相当毛深かった腕が本当に綺麗になりました。私も娘も今の状況にとても喜んでいます。

毛深かった腕がキレイになった

私自身小学校から毛深いことに悩んでいました。 娘が、私からの遺伝のせいかやはり毛が濃く、私と同様に毛深いことにずっと悩んでいました。二人で使うなら安いかなと、すごく悩みましたが購入。

主に娘が使用していて、相当毛深かった腕が本当に綺麗になりました。私も娘も今の状況にとても喜んでいます。

1回の使用で効果を実感できた

家族で使いました。 はじめてなのでとりあえず動画を見た後、レベル3・連続3の自動設定で使用。きちんと冷やして痛みも全くなく、冷やさなくても平気だと息子がいうので冷やさずやってみると部分的に少し暖かさを感じるようです。

中3の息子は胸毛数本に、高校生の息子はおしり全体、ママはわき毛に使用。 1回の使用で生え方の遅さ実感です。簡単です。 すばらしいと思います。

口コミをまとめると

口コミをまとめると、

    • 子供のコンプレックスが楽になった様子
  • 2回の照射で毛の量が減った

  • 3、4回の照射で子供が喜んだ
  • 複数人で使えるから安く、いい買い物になった
  • 2回の照射で毛の量が減った

などです。


特に、ただキレイにしたいというだけじゃなくて、
「毛の悩みを軽くしてあげたい」という親心の方の購入が多いです。


安い買い物ではないですが、

サロンに連れて行かなくても良いいつでも、何回でも使えるついでにママも使える


など、そのコスパが支持されていますね。

 

ケノンの口コミをもっと見る




 

小学1年生の娘×ケノン脱毛!(ビフォーアフター)

これビフォーです。
我が家の娘は小学校1年生。最近は自己主張が強めになってきました(汗)

普段強気な彼女も、お友達に「毛がいっぱい生えてるね」と言われたのを機に、毛を気にするようになっていました。

確かに、私の遺伝で毛が濃いのですが、なんと保育園時代には、お友達の男の子に足の毛をちょくちょく触られていたようです(なんてことを怒)

思春期には気にするんだろうなと思っていたのですが、こんなにはやい時期に訪れるとは!です。。。

私もちょうど脇がヤバイことになっていたので、親子で使おうとケノンを購入、二人同時に脱毛してます!

丁寧に毛を剃った後、ピカっと照射!

冷やしながらおそるおそるレベル1から始めたのですが、本人が全然痛くないと言うのでこの日はレベル8までいきました。

本人は痛みより毛がなくなる期待の方が大きいようで、まだいける感じでした...

ただ私が怖いのでレベル8までにしておきました^^;

照射して1週間くらいはツルツルをキープ。そこからだんだんと毛が生えてきました。これがどれくらい生えてくるか?で、ケノンの効果がわかりますよ^^

最初の照射から3週間後です。

別角度の写真です。効いた場所とそうでないところがはっきりとわかれています。

効いたところは

3週間経っても生えてきていません。


子供の細い毛は効果が出にくいかな?と思っていたのですが、脱毛照射1回だけでかなり効いているのはビックリしました。

生えているところは、私の打ち漏れがあったかもしれません(汗)

太ももあたりは再生能力が高そうですが、効いてるとこは効いてます。

正直、大人の毛よりも劇的に効いているのにビックリしました(汗)

子供の毛の濃さはケノンにベストマッチなのでしょうか^^;

本人も効果を確認したようで、「またやりたい」ってしつこいです(笑)

子供の脱毛なら、エステ脱毛なんかいったら絶対損しますよ!7万くらいで親子で脱毛できるなら、脱毛器一択ですね。


ケノンをお得に買いたい方はこちら




ケノンを小学生・中学生が使うメリット

脱毛器ケノンを小学生・中学生が使うメリットは、こんなところにあるんではないでしょうか。

  • 本人が自信を持てる
  • 肌を痛めない
  • いつでも照射できる
  • 子供の悩みが早く解決できる
  • ついでにママも脱毛できる
  • 肌を痛めない

自信が持てる

友達から悪気なく言われた「毛深いね。」に傷つき、プールや体育を休みがちになる子も大勢います。


少しでも本人の悩みが軽くなるならと購入する親御さんは多いですが、物理的にムダ毛がなくなることで、子供が自信を取り戻せるという効果も。

肌を痛めない

子供の毛の処理で一番簡単なのはカミソリですが、カミソリはどんどん肌を痛めていきます。皮膚科の先生や脱毛のプロもカミソリや毛抜きでの自己処理は全くお勧めしていません。


大人よりも皮膚の薄い子供には、肌への負担も少ないのが脱毛器です。

また生えてくるタイミングいつでも照射できる

脱毛サロンと比べると、再び毛が生えてきたら、追加料金を払って脱毛しなければいけません。


子供はまだホルモンバランスが整っていないので、脱毛サロンにいっても必ずまた生えてきます。


これはサロンでも医療脱毛でも脱毛器でも同じですが、家庭用脱毛器なら毛が生えてくるたびに自分で脱毛照射することでいつでも脱毛でき、追加費用もかからないので、子供用の脱毛にはぴったりです。

子供の悩みが早く解決できる

こちらも脱毛サロンと比べると、脱毛サロンは2回目の予約が取れない、取れたときには3ヶ月後という話はザラにあります。 脱毛器なら思った時にどんどん脱毛できるので、心のケア的にもおすすめです。

ついでにママ・パパも脱毛できる

昔脱毛サロンに通っていたママさんも、今では毛が復活しているという方も多いのでは。

自分用としてもついでに使ったり、パパのヒゲにも使いたいと言えばコスパは高く、パパの許しも出るかも?




ケノンのデメリットと気をつけること

  • 大人よりは効果は低い可能性も
  • 取扱いに注意
  • 低いレベルからスタートする
  • 照射前にしっかり冷やす
  • 照射後には保湿する
  • 2週間おきに脱毛する
  • 取扱いに注意

大人よりは効果は低い可能性も

ケノンの脱毛方法は IPL 脱毛という方法で、毛の黒い部分に反応します。
これは産毛になるほど効果は出づらいという特徴があります。


子供の毛は大人より細いこと、メラニンが少なくて毛が薄いことから、大人ほどの効果は望めない可能性もあります。

取扱いに注意

年齢の低い子供の脱毛は親の管理のもとで使いましょう。小学生の低学年くらいまでは、できれば照射をしてあげた方が無難です。


脱毛の光を絶対に見てはいけないことや、重ね打ちしないこと、照射レベル↓などを確認してあげましょう。

低いレベルからスタートする

子供の肌は大人の2/3ほどの厚さと言われています。脱毛器は皮膚が薄いほど痛いので、低いレベルからスタートしてだんだん慣れさせていくのがおすすめです。1からスタートしてレベル6くらいまで上げている方が多いです。

うちの娘は小学1年生でレベル8でも大丈夫と言っていました^^

照射前にしっかり冷やす

照射前にアイスノンなどで 5秒くらい冷やすと痛みが和らぎます。ケノンには保冷剤がついていますが、もしなくなっても家にあるもので代用できます。

照射後には保湿する

肌に優しいと言っても しっかり保湿してケアしてあげましょう。

期間を空けて脱毛する

ムダ毛に悩んでいるからといって毎日照射をしても意味はありません。ケノン公式推奨の脱毛間隔は2週間おきになっています。実際には1週間くらいでも問題はないのですが、子供の負担をへらすため、適度に休みながら脱毛照射をしていきましょう。




ケノンを小学生・中学生が使うメリット

今の子供は発育が良く、小学生でムダ毛の悩みに直面する子供も。

さらに美意識も高く、友達が脱毛サロンに通っているのが普通ということもかなり増えてきています。

私たち親も、子供の頃は最初に生えてきた「毛」にびっくりして、こっそり剃ったり抜いたりした方も多いですよね。

子供にこっそり自分で処理させるよりは、親が寄り添って、悩みを聞きつつ一緒に脱毛について考えてあげる方が、子供の肌にも安全ですし、親子の信頼関係も良くなりそうですね。

 
ケノンをお得に買いたい方はこちら