会社力をアップしたい経営者・ビジネスリーダーの皆様へ

「会社力」。
人間で言えば、人間力に相当する「会社力」。意識されたことありますか?
意識された方、御社の会社力を実感できていますか?

中小企業の会社力を構成する要素として、「経営者の方の想い」、「自社の強み」、「(従業員の方々の)ワーク・エンゲイジメント(*)」が考えられます。
*ワーク・エンゲイジメントとは、仕事に誇り(やりがい)を感じていること(熱意)、仕事に熱心に取り組んでいる状態(没頭)、仕事から活力を得ていきいきしている状態(活力)の3つの高い状態とされています。(ウィルマー・シャウフェリ教授・ユトレヒト大学)

会社力はこれらの要素の掛け算の結果として表現できます。

中小企業の会社力=「経営者の想い」×「自社の強み」×「ワーク・エンゲイジメント」

「経営者の想い」や「自社の強み」は、経営者のプロである皆様の熱い想いや、皆様ならではの創意工夫が盛り込まれていることでしょう。そこに、多様な人材が才能を発揮し、新しい価値を生み出していくことで社会に貢献していく原動力となるのが「ワーク・エンゲイジメント」になります。3つの要素の掛け算が会社力ですから、「ワーク・エンゲイジメント」が充実すれば、会社力は向上します。しかも、「ワーク・エンゲイジメント」が充実すると従業員の方々の豊かさが向上します。風の時代といわれる2021年からの新しい時代にのキーワードのひとつに「豊かさ」があります。
価値観が多様化している現在、従業員の方々が会社に求めるもの、従業員の方々が会社で実現したい自分、従業員の方々が喜びや幸せをどのように充実させていくか、ここがカチッとはまると、従業員の方々の豊かさが向上するとともに、会社力は一気に向上することでしょう。
実は「ワーク・エンゲイジメント」と従業員の方々の健康には密接な関係があることがWHOの研究で明らかになっています。WHOが提唱する社員さんの健康は3つの健康から構成されています。

1.からだの健康

2.こころの健康
3.社会的な健康

これらの健康度合いをあげていくことで、その結果として「ワーク・エンゲイジメント」も向上します。

ここで皆様に質問です。「健康経営」という言葉をご存知でしょうか?

すでに宣言済だよという方もいらっしゃるかもしれません。
「健康経営」を活用することが「ワーク・エンゲイジメント」の向上に直結することから、経済産業省が中心となって「健康経営」を推進しています。

ところが、企業が健康経営を実践する際の課題として、
「何をしたらいいかわからない」
という経営者が約6割という調査結果(*)が出ています。
*東京商工会議所調べ(2019年1月)

「そうなんだよね。」
となった方、ご安心ください。あなただけではないんです。

そこで今回のセミナーでは、健康経営の真価をお伝えするとともに、健康経営を実践的に推進するための「健康経営支援プログラム」をご紹介いたします。

「健康経営支援プログラム」の概要

アンケートの実施

生活習慣7項目を行動変容5段階に見える化します。
年に1回実施することで会社力の向上を実感することができるでしょう。

セミナーの開催

従業員の方々へのアンケート結果のフィードバックセミナー、各種健康セミナーにより、 健康リテラシーや金融リテラシーの向上を図るとともに、従業員の方々の参画意識を醸成します。

健康経営宣言〜優良法人認定までのご支援

アンケート結果に基づき、優良法人認定取得に向けた課題の把握と施策の立案をサポートします。

セミナーの開催

従業員の方々へのアンケート結果のフィードバックセミナー、各種健康セミナーにより、 健康リテラシーや金融リテラシーの向上を図るとともに、従業員の方々の参画意識を醸成します。

ご覧のように、この「健康支援プログラム」、かなり充実した内容となっています。
この充実のプログラムを、セミナーにご参加いただいた経営者・ビジネスリーダーの方限定で、無料で実施させていただきます。

この広告を見つけた経営者の方、10名限定です。是非、ご参加ください。
セミナーの申し込みは、下のボタンをクリックしてください。

講師紹介

岡田 耕太郎

大学卒業後、SEとして活躍したのち、アパレル貿易業を営むため11年間を上海で過ごす。
40歳のとき胃ガンを体験。この経験が現職への伏線に。

43歳で帰国し、メットライフ生命保険株式会社に入社。
2019年から株式会社NextSolutionにて、ガンと資産づくりに特化したFPとして活動する傍ら、健康経営アドバイザーとして中小企業への健康経営支援も行っている。

 また、日本FP協会、および一般社団法人ドルコスト平均法協会に所属。
金融庁が推奨する「つみたて投資」の普及活動に従事している。

社本 徹

大学卒業後、大手システムベンダーへ入社。
20年以上、提案営業として活躍。
そのうち17年間、組織マネジメントを任され、多くの実績を挙げる。

 「もっとお客様に寄り添いたい、お役に立ちたい」との想いで、株式会社GUNSHIコーポレーションを設立。
営業や組織マネジメントの経験と実績を生かし、お客様の営業強化・経営強化のための “定着型研修事業” などを通して活動。

 経営者の “軍師(参謀役)” として、多くの経営者に伴走している。

日程・会場

タイトル 令和時代、企業繁栄の鍵はここにあり。今、取り組みたい『健康経営』
  • 第一部 健康経営の本質 岡田耕太郎
  • 第二部 課題だらけの社内コミュニケーション 社本徹
日程 2021年1月29日(金) 13時30分〜15時30分
※13時00分より入室いただけます
会場 オンライン会議室ZOOM
※ご入金確認後、招待URLをお送りいたします
定員 10名
参加費 1,100円(税込)
タイトル 令和時代、企業繁栄の鍵はここにあり。今、取り組みたい『健康経営』
  • 第一部 健康経営の本質 岡田耕太郎
  • 第二部 課題だらけの社内コミュニケーション 社本徹

主催者よりメッセージ

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』

この言葉は私にとって自分への戒めでもあり、本当にこの言葉に尽きます。

人はどうしても自分の経験の中だけで考え、行動してしまうことが多い。自らの経験というのはもちろん尊いものですが、とはいえ自分ひとりの経験は知れたもの。経験に何かをプラスして行動していかなければ同じことを繰り返してしまい、未来を切り拓いていくことはできません。

私の役目は経営者の “軍師”

その場凌ぎでは終わらない、お客様の長期的なビジョン実現のために伴走すること。 

本セミナーもそんな想いを込めて開催させていただきます。

『健康経営』の漠然としたイメージをクリアにし、その目的と真価を明確にお伝えすることで、『健康経営』は企業の更なる発展、あるいは起死回生の一手となるような切り札になる。 

既に『健康経営』に取り組まれている方。
これから取り組みたい方。
『健康経営』って何?という方も。

どなた様も歓迎です。 

『健康経営』の真価。
この機会にぜひ、知ってください。

株式会社GUNSHIコーポレーション
代表取締役 社本 徹