剣道防具一式の激安販売店通販と(面・胴・袋等)のつけ方

剣道防具の一式は
剣道を始めるに当たって必要となりますよね。

剣道の歴史は長いですが、
昔は映画などでも描かれた宮本武蔵などが、

最近ではアニメや漫画でも
描かれるようになり、

宮本武蔵に憧れて始める機会を
得れた人も少なくないでしょう。

中でも剣道防具というものは特徴的で、
基本的に剣道防具がなければ

剣道をちゃんとする事はできません。

 

面と胴、甲手に竹刀(木刀)、
つば止めの他にも剣道着や剣道袴、

防具袋や竹刀袋、
手ぬぐいやサポーターなどを使います。

剣道防具は様々な剣道防具店で面や胴、
甲手・つば止めなどの防具があり、

かなり高価なものでもあります。

しかし最近は剣道防具でも
ネットの通信販売(通販)を

利用してみると、かなりお得に、
しかもちゃんと自宅まで届けてくれます!

良い剣道防具の見分け方とは?手刺防具の優れている点

剣道防具の見分け方の一つとして、
面の布団の部分を曲げてみて
その反応を見てみるといいです。 

ミシン刺し防具の場合、
折った後にすぐパタンと戻ってしまいます。

そういう布団の場合は
いつまでたっても身体に馴染まないのです。

面の布団を触ってみるのもいいでしょう。

柔らかさもどれくらいなのか
確認してみて下さい。

薄くて固い防具だと
打たれたときにとっても痛いです。

柔らかいだけではなく、
コシがあるかというのもポイントです。

折って曲げたときに
その状態で止まるのかどうか。

そういう防具だと
体にも馴染んできて、

打たれても痛くなく、
体に合った動きやすい剣道防具となります。

手刺防具だからいいのか?というと、
見栄えだけはいいけど、

手刺防具でも
あまり良くないものもたくさんあります。

そこで、良い防具を提供してくれる
お店を知る必要があります。

ということで、これから
剣道を始める方から剣道の達人まで、

剣道防具を買うならここがオススメ!
というお店を紹介します。

こちらの剣道防具工房「源」は
京都に実店舗を持ち、

 

知る人ぞ知る
日本最高峰の職人である

田原 博文剣道具師

剣道防具を監修しているお店です。

 

日本最高品質の剣道防具販売店
と謳うだけあって、

 

自社製品と各メーカーから
厳選した約700種類ものアイテム、

剣道防具((面・甲手・垂・胴))や
剣道竹刀から

剣道着、剣道袴から面紐・胴紐、
面乳革・胴乳革や面手拭なども

全て扱っているので、
剣道の道具一式が全て揃ってしまいます。


剣道具メンテナンス用品として、
染液・竹刀用油や消臭・洗浄用のアイテムから

腰板・左肩刺繍についてや
垂ゼッケン・垂ネームももちろん扱っています。

 

特に手刺防具は
それぞれの人の体の大きさに合わせて

製作してくれる
オーダーメイドなんです!

 

0.1秒を争う剣道の世界において、
防具が身体に
しっくりくるかどうかは
とても重要なポイントですよね。

また、初めての方に
特にオススメなのは、

型落ちのミシン防具や、
数量限定の単品防具、 

若干傷がある防具でも
機能性には全く問題ないものを

現品限りの大特価セールを行っていて、
掘り出し物が多いということです。

 

オークションで
手に入れるのも一つですが、

剣道防具は安いものではないので、

こういった専門家が
販売するところで

安心して購入できる方が、
のちのち修理などの対応も助かります。 

剣道防具の購入を考えている方は、
ぜひ一度見てみて下さい!

剣道防具コムも
剣道防具の販売店としては

とても優良でオススメです。

剣道防具コムで
何が一番おすすめかというと、

くねくね小手と
言われる籠手なんです。

新品とは思えないほどの
手首の柔らかさのため、

手首が返しやすく、
竹刀が握りやすいです。 

通気性もいいため、
あの嫌な暑さも感じません! 

しかも籠手自体も
とっても軽いため、

小手が自由自在に
打てる感覚はすごいです! 

甲手は一番痛む箇所ですし、

消耗品という
イメージはぬぐえないですが

くねくね小手は
良心的な値段で購入できます。 

これだけ使いやすい籠手は
なかなか他でも見ないと思います。 

幼年向け、
小学生低学年・高学年向け、

中学生向け、高校生向け、
一般向けと

これから剣道を始める人向けの
入門セットも充実しています。

くねくね小手、オススメの一品です!!

剣道がうまくなりたい!強くなりたい人のためのおすすめ剣道上達法

剣道の教則本やDVDなども
たくさん出ていますよね。

私がオススメしたいのは
剣道・世界選手権覇者の

香田郡秀さんの
剣道上達法DVD
です。

基本的な打突動作から
素振りの仕方といった
基礎的なところから

間合い、タイミング、
スピードや剣先の動きなど

かなり動きなども
細かく丁寧に説明をしています。

正しい動作と
それを身に付けるための

効果的な練習方法などは

さすがに世界選手権を
制しただけはあるなと思います。

これから剣道を始める
初心者の方には

DVDでスロー再生したりすると
参考になりますし、

わかりやすい解説が
とってもオススメです。

上級者の人も昇段審査前に
癖を直すのにも良い
と思います。

やや画質が荒い部分と
道場で話してる声が反響して

少し聞き取りにくいときが
あるにしろ、許容範囲内です。
 

大人向け・子ども向けに
それぞれの戦略を
指導してくれていたりと

他の書物やDVDよりも
内容が充実しており、
理解しやすかったです。 

値段がやや高いとは思いますが、
参考になる部分は多いと思います!

指導者の人も
目がウロコという部分は
あるのではないでしょうか。

 

剣道のコツや感覚をつかみ、
周りの剣道仲間に差をつけるにはもってこいです!

剣道防具(日武やa-1)のサイズ&修理や中古品・買取の値段

剣道防具では、日武やa-1の剣道防具、印傳柄のものが人気です。

値段的に超激安や格安値段の販売店もありますし、
逆に中古品やリサイクル品の買取をしてくれる防具店もあります。

オークションでは、買取りされた中古品やリサイクル品がありますよ。
修理も必要か見るべきですね。

中古やリサイクル・買取の値段の相場は
サイズや使用期間・手入れによっても違うので、店に直接聞くのがいいですね。

超激安販売や格安の通販店もありますしね。

日本製のものもあれば、
海外製もあり、素材も違うし、値段も超激安から高価なものまであります。

剣道防具も通販の時代です!
剣道をこれから始める人にとっては、剣道防具の通販は心強い味方になってくれるでしょう。

剣道防具を中古品やリサイクル品などで
何よりも注意しなければならないのは、その剣道防具が匂うものであるかという事です。

剣道防具はクリーニングなどに出さない限り、かなりの体臭がしみ込んでしまうと言われています。

中古品やリサイクル品などで剣道防具を購入する場合は、まずそのような匂いが酷いものであるかどうか、
修理が必要かというものをチェックしなければなりません。

最近では剣道防具を様々な中古リサイクルスポーツ用品販売店などで見かける事もありますけれども、
やはり他人が使用した剣道防具というものはかなり匂いがあるとの事です。

剣道防具は通販などで購入した方が、まだ匂いも少なくて済むかも知れませんね。
剣道防具には適度なクリーニングが必要であると言われています。

素材的にもクリーニングが難しい剣道防具ですが、
自分で購入した場合などはクリーニング専門店などもあります。

修理に関しても修理の専門店がありますよ。
誰が所有するものでも高価なものなので手入れをしっかりしたいですね。

剣道防具の付け方(つけ方)やしまい方(片付け方)

剣道防具の付け方と言うものは、
剣道を始める上に最も必要なものになってきています。

防具のつけ方を知らなければ
剣道をまともにすることはできませんし、

剣道防具の付け方だけでも
その実力が分かってしまうほどだと言われています。

剣道防具の付け方や
しまい方・片付け方というものは、
剣道の技術の中でも超基礎のものです。

子供用(少年用)から大人用などサイズもあるので、

しっかり防具のつけ方やしまい方(片付け方)を
知っておく必要があるでしょう。

剣道防具の種類としては、それぞれ、
面、胴、垂、甲手というものに分かれており、
これは日本の甲冑を意識していると言われています。

更に剣道防具には袋へのしまい方(片付け方)も
しっかりと決められておりこれは作法だと言います。

製造してくれた職人への礼儀でもありますね。

剣道は近々、中学校での体育の科目として、
男女ともに必修になると言われています。

そこで剣道の歴史や防具の
付け方・しまい方(片付け方)などを学ぶことになり、

またほとんどの日本国民が
剣道を経験したという事になるのではないでしょうか?

東京(武蔵)や千葉・埼玉や大阪、
京都に和歌山や九州(熊本)あたりで特に人気が高いようです。

剣道防具(面や胴、垂、甲手等)は、
本格的に剣道を始めるような場合以外は、
学校に常備されているものを使う事になるでしょう。

もちろんその場合は、剣道防具店で、
防具などを買う必要はなくなってくるわけですが、

長年使用した剣道防具は
かなりの汗ジミや汚れなどを持ってしまっているといいます。

防具の名称などについては
常識的に知られていますが、

そのつけ方までを日本国民
皆が知っていくことになるのでしょう。

剣道防具には、袋などへのしまい方(片付け方)から
つけ方に至るまでが作法であると言われており、

それが剣道の超基礎と言われるのではないでしょうか?

剣道や剣道の歴史から宮本武蔵の話、
竹刀・防具まで日本国民皆に、
親しみの持たれるものになっていくといいですよね。