世界一信頼される
カウンセラーになるための
無料で参加する勉強会に
ようこそ!

ブレない心で人をみちびくこと
そして、ひらめきのあるカウンセラーとして
成功したい・・・
人の人生に灯りをともしたい・・・
そんなあなたのための学びの場です。

はじめまして。夫婦専門カウンセラーの 伊東悦子です

こんにちは。伊東悦子です。
これまで夫婦専門のコーチとして、多くの事例と向かい合いながら、歩んでまいりました。

私のセッションの卒業生が、現在カウンセラーとして羽ばたいています。
私を飛び越えて大活躍している方もいます。

本気で夫婦を修復したい人のために、本気で寄り添い結果を出す。
そんな人がどんどん輩出していくことは私にとって最高の喜びです。

これからも、さらに優秀な人材を育てていきたい!

そんな気持ちでこの勉強会を
立ち上げました。

カウンセラーに興味がある方、現役でカウンセラーとして活動している方も気軽にこの勉強会に参加してくださいね。

誠実な夫婦カウンセラーの養成が急務

なぜ私がカウンセラー発掘を目指すのか?

それは私がこれまであまりに多くの夫婦問題の悩みに向き合いながら、率直に感じたことに端を発します。

どうしてこれほどに辛い思いをしなくてはならないのか?
とりわけ夫婦の悩みがどれほど人生を辛くさせてしまうのか?

夫婦に関しては、本質的なアドバイスをするカウンセラーがあまりに少なすぎること。

対処療法的なアドバイスを受けて右往左往してしまう方があまりに多かったことです。

子どもにとっては親や先生の、また大人にとっては医者やカウンセラーの言葉はとても重たいものです。

より誠意を持って人に向き合うことができるカウンセラーの人材育成が急がれるのです。

とりわけ夫婦問題を扱う場合、ビジネスという枠を越えて真摯に、相手に向き合い、寄り添うことができる人材が必要なのです。

カウンセラーは誰もがなれる

カウンセラーは何も特別な能力がある人がなるということではありません。

あなたも、
職場の人とか、家族や友人から、何かしらアドバイスを求められたり、悩みを聞かされて回答を求められた経験があるはずです。

その時、きっとあなたは相手によい結果を得るための助言をしたことでしょう。

お金をもらっているわけでもないのに、必死でその人に寄り添ってあげたはずです。

さらに相手の幸せを願って、一生懸命に言葉をかけています。

人間には他者を助けたい、という本能が備わっています。

相手から信頼を受けたらそれになんとか応えたい。という感情が自然に生まれるのです。

カウンセラーは、そんなことを生きがいにしたいと思った人に、ふさわしい仕事なのです。

これからの時代を勝ち組として、生き残るために

私たちは今、実に平和な時代に生きています。

ところで人々の幸せ度はそれに比例して
向上しているのでしょうか?

 日本はたしかに豊かで平和になりました。

 しかし、人間の精神世界は依然としてさほど大きな変化はないのです。

 それどころかいじめや自殺が急増し、学校教師、政治家の堕落など、人間の生活はかえって混迷を極めています。

 つまり精神面ではいまだ原始のままということです。

 結局、人類は長い経験を積みながらも相変わらず本物の幸せを手に入れていない。

これが現実です。

 その理由は簡単です。

 人間の家庭環境が進化していないからなのです。

 実は人間の人生の土台がここにあります。

もっと言えば夫婦関係はむしろ退化しているのです。

 過去2000年という長きに渡って日本は離婚はほぼなかったのです。

 第2次世界大戦後もほんの3~4%でした。

 ところが今は離婚率は30%以上です。

 ここわずか数十年で離婚率が急増し、日本では親族同志の殺傷事件がなんと全体の6割を占めています。

 これをみてもいかに家族が危機的な状況にあるかがわかりますね。

 ところで今後、離婚率が下がって家族関係がよくなるという見込みはあるでしょうか?

 おそらく10年後、20年後は結婚事情はさらに厳しくなると予想します。

 子供たちは将来「結婚の氷河期」ともいうべき時代を迎えなくてはならないでしょう。

メディアや週刊誌、学校や周辺の情報、ネット情報、自然環境や政治、社会、さらには子ども教育環境、若者の思考、夫婦、親子関係すべて至って混沌としているのです。

価値観が崩壊している現代社会で何が真実か、本来の幸せとは?
と人々は模索しているのです。

昔の日本は中間層が大多数を占めていましたが、今後は勝ち組、負け組がはっきりするので経済的、精神的格差社会に突入します。

そういう時代であればあるほど、明確な方向性とビジョンを持って人を導ける人材育成が、必要とされるのです。

このような新時代に必要とされるカウンセラーを私は「未来志向のカウンセラー」と定義しています。

あなたにしか助けられない人が、どこかであなたを待っているのです。

やり甲斐のあることを
見つけた人が一番幸せ

カウンセリングは、決して気楽な仕事ではありません。

肉体労働ではないかわりに、精神的にはかなりの重労働かもしれません。

しかし、他の仕事にはない有益な価値を得ることができます。

この価値を一度、知ればおそらく他の仕事をすることはできないぐらい、仕事を好きになるはずです。

ビジネスと割り切っているカウンセラーは、自分にばかりベクトルが向いているので、ひらめきがなく「天からの声」のようなアドバイスができません。

ありきたりな言葉ばかりが出てきます。

資格とか技術でカウンセラーの価値が測られるものではありません。
天職だと感じることが、その人のスキルとなるのです。

どんな人も人を助けたい

基本的には、最初は誰もが素人です。
「私になんてとてもムリ!100年早い!」
かつての私もそんな風に思っていました。

どんなカリスマカウンセラーも、最初は
初心者なのです。

まずは「人の真似」でいいということなのです。

人の人生に灯りをともすことに、喜びや生きがいを感じれる人ならば、カウンセラーの素質がある
と私は信じています。

どれだけ人の人生に影響出来ることができたのか?

人生はこれを体感した分だけ豊かになるのです。

どん底体験がものを言う

もしあなたが現在、どん底だったら?

カウンセラー志望の人でも、当人自身の悩みが大きくてそれどころではない。という人も結構いらっしゃいます。

これはこれで大丈夫なのです。

私のコーチングを卒業してカウンセラーになった人はどん底から這い上がった経験を武器にして今があるのです。

どん底を体験している人であればこそ、人を指導する資格があると言ってもいいぐらいです。

現在、活躍しているプロのカウンセラーは、ほとんどがこのプロセスを体験しているのです。

過去の悩み、苦労の経験はむしろあなたのプロフィールとさえ言えるのです。

ときめきカウンセラーになるための勉強会のご案内
勉強会はどんな形で行うの?
基本的には夫婦学講座を中心に私がリードしますが、同時に皆さんの交流の場でもあります。
なので気楽な茶話会的な感じで行います。

むしろ、皆さんのほうから、素晴らしい意見や、気付きなどを受け取れる。そんな場でもあると期待しています。

基本的に毎月2~3回ほど、勉強会を設定します。

資格は必要なの?
カウンセラーは人生経験と誠実さがものを言う仕事です。
あなたは資格のある人の本に興味がありますか?
それより、自分と同じ悩みを持って解決した人の本に興味があるはずです。
規定の資格がものを言うのではなく、年をとればとるほどに、与えるものが多くなる仕事なのです。
カウンセラーなんて
ちょっと敷居が高いけど?
安心してください。
これは茶話会のような形で行います。
基本的に私がリードしますが皆さん同志の自由なコミュニケーションの場でもあります。
お互いに交流しながら、学び合いをしていける場所にしていきましょう。
どうやって参加するの?
インターネットがある場所でしたらスマフォやパソコンから世界中、どこでも参加できます。
ZOOMという無料の会議システムを使って行います。
どうやって参加するの?
インターネットがある場所でしたらスマフォやパソコンから世界中、どこでも参加できます。
ZOOMという無料の会議システムを使って行います。