タネマキビト講座
セルフケアクラス

「自分のことが愛おしく感じ、思わず抱きしめたくなるあたたかい講座」です。
2020年3月上旬開講
あなたは、あなた自身と仲良しですか


私は、自分自身をジャッジしたり厳しくしたり、オーバーワークを続けることによって倒れてしまった経験があります。セルフケアがとても大切だし、さらにケアする人は、より自分をケアできることが必要不可欠だと痛感しました。


まずは、奇跡のような身体に意識を向けること

そして、ゆっくり深呼吸して、ゆっくり自分と繋がってゆく…

内側のおうちのような安心できる場所に戻り、そこで自分自身を慈しみ、ケアしていくこと、繋がりなおすこと。

自分と繋がったら、今まで見えていたものが違ってみえるから不思議です。



このコースでは、”日常の中で仲間と旅に出る”体験、”人生の中でかけがえのない土台となる体験”を共有していければと思います。

自分が自分の身体を大切に扱い、敬い、愛で満ちると、心も体も本当に楽になります。

そしてそこから、大切な人への愛が広がっていき、「あなたが手を差し伸べなくても」「あなたがあなたのことをしているだけで」大切な人が勝手に幸せになっていく。そんな循環が始まります。

まずは私から。

右脳も左脳も使いつつ、体験し感じるプロセスを大切にしていく「自分のことが愛おしく感じ、思わず抱きしめたくなるあたたかい講座」です。



こんな方にオススメです

・自分と繋がり、仲良くご機嫌に生きていきたい

・布ナプキンをきっかけにセルフケアに取り組んでみたい


・更年期を豊かに過ごし、より輝いて生きるきっかけにしたい

・安心感のある中で共感しあえる仲間と創造的な時間を過ごしたい

・本気で自分を、そして大切な人を幸せにしたい

・命の使い方を見直し、自己実現に向けて土台を整えたい。

受講生の声

●普段は単発でも学ぶものが多いのですが、忙しく日々を過ごしていると学んだものがだんだん薄れ、習慣づけるにはかなりの意識が必要…

私にとって2週間に一度の講座は、学んだものを継続するにはちょうどいいスパンで、学びがミルフィーユのように重なり、セルフケアの継続と強化に役立っています。 講座残り1回と個別セッションが楽しみです。(50代、保育士)

 

●一番良かったことは、zoom講座で、自分で口から発したことによって改めて自分が好きなこと、心地好いことに氣付けたことです。思ってもいなかったことが言葉として出てきたこともあって、自分でビックリしたこともありました。

継続していて良かったことはやりっぱなしにならずに繰り返し思い出せることです。

講座を受けて、毎日、自分の内側を見つめる時間を持てるようになってきました。 はじめの頃は、「今から内側を見つめる時間を持つ」と、気合いを入れて?臨んでいたところがありました(笑) 最近は、呼吸法の助けもあり短時間でも回りがざわついていても集中できるようになってきました。

内側を見つめることができるようになると自分を許せるようになってきたように思います。それは、どんな結果があっても、どんなことにも意味があって、感謝できる事があるんだと思えるようになったからどんな自分も愛してあげられることが増えました。
自分を満たしていけるようになってきたので、どんどん、家族や友人も満たしてあげられるようにしていきたいです。(50代、子育てアドバイザー)

 

●セルフケアに興味持ってる人沢山いると思うから、私はひろみちゃんがやってくれてる講座すごく良いと思います!

講座受講して自分自身を見直すきっかけになったし、もっと自分を大切にしていいんだ〜と思いました。そして自分が満たされてくると自然と周りにも優しくなれたりする事に改めて気づきました。

きっとそんな人沢山いてどう思考を持って行ったらいいのか迷ってる時に、ひろみちゃんの言葉だったり、セルフケアの方法だったりしっかり受け止めて返してもらえる安心感は、自信にも勇気にもなります。

だから受講して良かったと思うし、他の人と同じ時間を共有してその人の話を聞くとまた新たな思いや色んな考え方があることに感動したり共感したりすることができます。

これからますます、ひろみちゃんから色んな人にあふれた思いが伝わるといいなぁ〜と思います。

 (40代 子宮ケアアドバイザー)

 

●講座を受けて、これまで学んできた一見ジャンルの異なるもの全てはひっくるめるとセルフケアの方法のツールなんじゃないかと改めて気がつきました。

自分の存在意義としてそれらを相手に合わせて提案できる、そんな社会福祉士になりたかったのだということ。

この点と点が繋がって自分のなかでひとつの軸になった感覚を得ました。


"骨盤底筋を呼吸とともに意識して緩める、排尿の時に力み過ぎない"、気分を変えたい時、呼吸にフォーカスしてみること"これまで何気なくしていたことも含めて意識して行うというところがたいせつなのだな と気がつきました。

何気なくしていたことを意識して行った時に"からだは完全な均整を持って存在していること、それを妨げず、そのままを活かし切ること"の大切さをあらためて感じました。

 「体を大切にすることはおのれの命を使い切るため」であり、それは「それは神さまとの約束だった」ということを思い出しました。(30代 公務員)

 

●3か月前は、自分や他人をジャッジする癖があり、自分を信用できない、自分の機嫌が取れない状態でした。

講座を受講してみて、自分の余裕が無い状態を知る事ができた。自分を客観的に観る事ができる時が多くなってきた。自分を大切にしようと心掛けれるようになりました。自分がきつくなった時の為に職場にナッツを持って行ったり人の機嫌を取る事に真剣にならなくなってきた。ふてくされる癖もある事に気が付きました。

セルフケアを行うにあたり、自分がセルフケアを勘違いしている所があり、自分の中の完璧な自分になろうとしていましたが、ロミーに教えてもらったように怒りや不満、感情を否定せず「そうなんだ、私」って自分の側にいる事の大切さを感じました。そんな自分といる事ができると他人ともいれるようになるような気がします。(40代 栄養士)

 

●3か月前は、自分の身体の声が聞こえてくるけれど、それに対して、気付かぬふりをして、行動しないでいた。自分のことを大切にして、まわりのことも大切にできる人になりたいと思っていた。

講座を受けて、進化したことは、自分の身体の声が聞こえたら、まず自分と対話する。まず認めることができるようになった。周りの人のがんばりやつらそうな様子が気に留まり、言葉をかけることが増えた。

ひろみさんが伝えてくださることを3か月では消化できない私でした。2週に1回というペースであっても、どうしても生活優先になってしまう今の自分でした。しかし、このご縁やあたえていただいたものは、私にすべて必要なものです。時間をかけることになりますが、私のペースで自分を大切に、周りを大切にできる人間になっていけるように努めていきます。一緒に学んだ仲間の投稿には、刺激を与えてもらいました。いまを真心を尽くしてコツコツ生きている姿が美しいと思いました。
(30代 教員)

講座の特徴

目指すゴール
●”身体の声を聴き、自分と繋がる”体験をする。
●”今ここに生きる”ということが腑に落ちる。
●自分が自分の世界一の応援団長となる。
サポート内容
・個別の個人セッション(2回)

講座(3回)
 2週間に一回のオンライン講座 
 
・facebookグループページで想いの共有
・個別メール対応:期間中無制限
・教材&テキスト随時配布。
・課題に関するフォロー。

※録画受講も可能です。
スケジュール
講座1
身体の声に耳を傾け、身体の声を聴いてみよう。
・シャンパンタワーの法則~不足感と充足感~
・呼吸法、その他のワーク、シェアリング

講座2
女性の身体の神秘を感じてみよう。
・身体のリズム・生命の不思議
・月経と更年期
・骨盤底筋を活性化する呼吸法

講座3
自分と繋がり、”今ここ”に生きるということ。
・呼吸が人体にもたらす影響
・五感を開くということ
・自分が自分の世界一の応援団長になる!
スケジュール
講座1
身体の声に耳を傾け、身体の声を聴いてみよう。
・シャンパンタワーの法則~不足感と充足感~
・呼吸法、その他のワーク、シェアリング

講座2
女性の身体の神秘を感じてみよう。
・身体のリズム・生命の不思議
・月経と更年期
・骨盤底筋を活性化する呼吸法

講座3
自分と繋がり、”今ここ”に生きるということ。
・呼吸が人体にもたらす影響
・五感を開くということ
・自分が自分の世界一の応援団長になる!

受講料


モニター価格
32,000yen
(分割対応可)

~柏田ひろみ プロフィール~

 “嬉しい、楽しい、心地いい”をテーマに、身体の声に耳を傾け、生命の神秘に触れるセルフケアの大切さをお伝えしています。
自然と神々の国、宮崎県在住。


セルフケア講座では受講者1,000人を超え「月経が楽しみになった」「自分のことを大切にできるようになった」「人生のターニングポイントとなった」など嬉しい反応を頂いています。


ホームページ  http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~tukitonami0720/
メール     moon.and.wave0417@gmail.com


セルフケアをテーマに活動しようと動き始めて16年、試行錯誤しながらご縁に恵まれ、お陰様で「さらにバージョンアップしたい!」と伝える術を模索しています。


「笑う門には福来る」よく笑い、よく泣き、毎日を丁寧に生きていくのが目標。


樹木希林さんに「あなたは座敷童子みたいね」と言われたことがあります。出逢った人が幸せになるという座敷童子のような存在になれますように。


●看護師、保健師の国家資格取得 

●地域の保健師として市町村で働く 

●経験や出逢いの中で、セルフケアをテーマに活動したいと思い、2003年よりフリーランスでの活動をはじめ、ワークショップや講演会などを
通じてセルフケアのきっかけづくりを行っている。

●2011年11月~2012年5月まで
宮崎日日新聞のヘルス欄にて週一回のコラム執筆 

●助産院での産前産後のサポート、福祉施設での「ケアする人のケア」教室、「みやざき布なぷ母の会」設立当初からサポーターとして、学校での保護者や子供たちに向けたお話会など開催。

●2019年8月からオンラインにて3か月継続グループ講座
「子宮ビューティ講座」を開講。全国から受講頂いている。
(第二期は10月開講予定)
現在、種まき人の養成講座も準備中です。

●著書:「シアワセノタネマコウ~布ナプキンという選択~」(新日本文芸協会)

~最後に~

保健師としてケアするお仕事を無我夢中でやっていた頃


"悪くなる前の予防"こそ大切だと思っていましたが、目の前にいらっしゃる今すぐケアを必要とされている方への対応や、たくさんの事業、次々と増えていく事務作業…


とてもやり甲斐がある反面、まるでモグラ叩きをしているような感覚にもなり、途方にくれたことがあります。


シャンパンタワーの法則でいうと、自分自身に注ぐことを後回しにし続けた結果であるし、他の人に注いで周り続けた結果でもあります。


”過労で倒れる”
という体験は、そのあり方の根本を見つめ直すきっかけとなりました。


まずは自分を愛し、整え、満たすこと


そこから始まる循環は、無理がなく、一番効率的であること


しかも、それをたくさんの人が気づいていっぺんにやったら、あっという間にこの世界に幸せが増えていくのではないか⁈


セルフケアは
「同時多発的、自動幸せ生産システム」になりうるかもしれない


この仮説を立て、セルフケアをテーマに、道無き道を作りながら動き始めて16年


お陰様で、活動を通したたくさんの出逢いと様々な出来事を通して、それが確信へと変わっています。


人生も折り返しに入り、いつ空に還っても後悔しないよう、これまで私が培ってきたものを世界に還元させてもらいたいと、最近強く思うようになってきました。


そんな想いを込めて、たんぽぽの種子のように想いを空に放ち、必要な方のもとへ届いてくれるといいなと思います。


シアワセノタネ

受け取っていただき、ありがとうございます。

様々な場所で、唯一無二のお花が咲き乱れることを心から願っています。

その花を咲かせるべく、一緒にご自愛始めませんか。

あなたと出逢えることを、楽しみにしています。