Yahoo!ショッピング無在庫転売プログラム

無在庫転売について、こんな風に考えたことありませんか?

よくわからないけれど、難しそう・・・
どうせ続かないと思うのですが・・・.
そもそも僕(私)にできるのだろうか・・・
とにかく不安・・・
本システムは、完全に自動化しているので、放置するだけでショップの商品を自動的に選定、削除、更新します。無在庫転売プログラムにありがちな「情報が古くて苦情が相次ぐ」という点もクリアしています。

・商品はシステムが自動的に、Amazonから選定します。
商品タイトル、SEO対策、HTMLによる商品紹介部分の装飾、画像アップロード、その他設定はシステムが自動的に行います。
・商品が売れた場合の粗利率の設定も可能です。

出品者の作業は、お客様対応のみです。
※実際の売り上げを考慮するとショップのトップページなどは、別途対応したほうがよりよい結果になりますので、ご要望の方はご相談ください。

リサーチ、出品されている商品の更新/削除はシステムが自動対応しますので、本業が忙しい方でもご参加いただけます。

そもそも無在庫転売ってなに?

商品を販売するときは、通常、先に仕入れを行います。その上で写真を撮影したり、商品説明を考えたりしてショップに掲載します。
無在庫の場合は、手元に商品がない状態で出品して、実際に売れたら商品を購入し、発送する方法で、金銭的なリスクが発生しにくいのが特徴です。

在庫有転売の流れ

「商品リサーチ」(人気度、口コミ、価格)
「仕入れ」
「商品が自宅に届く」
「確認」
「商品を撮影」
「yahooショップに掲載」
「商品が売れる」
「受注完了メールが届く」
「入金を確認する」
「商品を発送する」
「発送完了の旨をメールする」

無在庫転売の流れ

システムで自動的にバックグラウンドで実施
「商品が売れる」
「受注完了メールが届く」
「入金を確認する」
※1「仕入れ」
「商品を発送する」

※1
  • 発送先を購入者の住所にするとアカウント凍結の恐れがあります。
  • 最終的は判断は出品者にお任せしますが、ツール提供側としては一度自宅に発送してから発送の処理をする方法を推奨いたします。
  • 売れ行きなどを見ながら、外注して一本化するかどうかも決めようと思いますので、その際には別途ご連絡いたします。 

メリットとデメリット

・メリット
手間の削減

・デメリット
在庫不足など

☆無在庫販売の危険なシーン
(主に客先へ直送した場合)
・在庫不足で商品が渡せないという事態
・異なる商品が届いた
・不良品だった
・客がyahooショップにクレームを入れた

本システムを利用するに当たって

現在、システム自体は完成していますが、日に20万点以上の商品をYahoo!ショップに最新の情報で掲載するのは、現時点ではかなり難しい状況ではありますが、やり方次第で可能性が十分あることがわかってきました。

本システムを利用するに当たり、出品者に必要だと思われる要素を以下にあげます。
----------------------------------------------------------------
※Yahoo!ショップに店舗申請が通っている法人または個人様。
※Yahoo!ショップにFTP申請がすんでいて、当社へID、PASSを通知することをご了承いただける方。(自動的に商品を掲載するに当たり必要になります)
※PCを使って、Yahoo!ショップを運営する出品者としての自覚を持ち、お客様とのメールのやり取りができる。(「イレギュラーな事柄」にも自分で対応ができる)
※システムが自動的に選定する商品がYahooのガイドライン違反となり使用できなくなる可能性はゼロではないことにご了承いただける方。
※万が一ガイドライン違反の連絡が来た際にはこちらへ速やかに連絡するとともに、自身でYahooに対して、謝罪の連絡をすることができる。

※当社は、サービスを提供するに当たり、細心の注意を 払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。
このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、やむを得ず予告なしに当サイトの運営中断、中止や情報の変更を行なうことがありますが、これらによって生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
----------------------------------------------------------------

まじめに取り組めば、まず利益が出るないようですので、ご検討ください。

ご承諾いただける方は以下のボタンよりご連絡ください。

※正式サービスに向けて協力者・モニター募集中
価格:利益の50%の予定(2017年1月21日現在)

ご興味などおありでしたらご連絡ください