このページでは主なVODサービスを調査し、刑事7人 第1シリーズ無料で視聴することができるVODサービスをご紹介しています。

刑事7人 第1シリーズ を視聴できるサービスまとめ

FODプレミアム

①刑事7人 第1シリーズの配信:X
②無料視聴:ー

※Amazonアカウントで登録すれば31日間無料!
  • 無料期間:31日
  • 無料期間終了後:月額888円 
  • フジテレビのドラマやバラエティをはじめ、アニメや映画、配信オリジナル番組などの対象作品を楽しめます。
  • マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PCなど)

U-NEXT

U-NEXTの特徴
①刑事7人 第1シリーズの配信:☓ 
②無料視聴:ー

※U-NEXTには見放題のタイトルが多数あり、登録後31日間無料で視聴できます!但しポイントが必要な作品も登録時にもらえるポイントを利用して実質無料視聴可能です。
  • 無料期間:31日
  • 無料期間終了後:月額1,990円 ※家族でアカウントシェア可能(4人まで)
  • マルチデバイス対応

TSUTAYA DISCAS

①刑事7人 第1シリーズの配信:◎ 
②無料視聴:可

※動画配信サービスもしくは宅配レンタルの利用ができます
  • 無料期間:30日
  • 無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
  • TSUTAYAのほぼ全ての動画が楽しめます
  • マルチデバイス対応

ビデオマーケット

Video Marketの特徴
①刑事7人 第1シリーズの配信:×
②無料視聴:ー

  • 無料期間:登録月内(最長31日)
  • 無料期間終了後:月額500円 or 980円
    ※500円のプレミアムコースは毎月付与される540ポイントを使ってタイトルごとポイントで購入するタイプ
    ※980円のプレミアム&見放題コースはプレミアムコースに加えて見放題作品が視聴可能!
  • マルチデバイス対応

Hulu

Huluの特徴
①刑事7人 第1シリーズの配信:×
②無料視聴:ー
  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額933円
  • マルチデバイス対応

DMM見放題chライト

①刑事7人 第1シリーズの配信:×
②無料視聴:ー
  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額540円

DMM見放題chライトの特徴は成人用作品の多さ!月額540円で多くの作品が見放題です!

dTV

dTVの特徴
①刑事7人 第1シリーズの配信:X
②無料視聴:ー
※別途課金が必要です
  • 無料期間:31日
  • 無料期間終了後:月額500円
  • マルチデバイス対応

ビデオパス

①刑事7人 第1シリーズの配信:×
②無料視聴:ー
  • 無料期間:30日間
  • 無料期間終了後:月額562円
  • マルチデバイス対応


※au IDをお持ちの方限定のサービスです

マンガ好きなら必見!電子コミックも読めるVODサービス

1.FODプレミアム(電子書籍・コミック)

FODプレミアムに登録すれば、マンガはもちろんドラマやアニメや映画などの動画作品を無料で楽しめます。

動画配信サービスとしてご紹介したFODプレミアムですが、電子コミックも多数取り扱いがあります!

有料のマンガも新規入会時にもらえるポイントで購入することができるので、実質無料でマンガを楽しめます。(ポイントの消費もなく完全無料で読める作品も多数アリ!)

まずはFODプレミアムに新規会員登録して、マンガコーナーからお好みのマンガをお探し下さい。

(会員登録後、無料期間中(31日間)に解約すれば、料金は一切かかりません)

2.U-NEXT(電子書籍・コミック)

U-NEXTに登録すれば、マンガはもちろんドラマやアニメや映画などの動画作品を無料で楽しめます。

こちらもVODとして有名なU-NEXTですが、電子コミックも多数取り扱いがあります!

有料のマンガも新規入会時にもらえるポイントで購入することができるので、実質無料でマンガを楽しめます。(ポイントの消費もなく完全無料で読める作品も多数アリ!)

まずはU-NEXTに新規会員登録して、マンガコーナーからお好みのマンガをお探し下さい。

(会員登録後、無料期間中(31日間)に解約すれば、料金は一切かかりません)

刑事7人 第1シリーズ の動画を無料で視聴する際はご注意を!

刑事7人 第1シリーズの動画を無料で視聴する際には危険も伴います!

たとえばYouTube、dailymotion、ニコニコ動画、PandoraTV、裏中国サイトなど、無料で映画やドラマを視聴できるサイトはたくさんあります。刑事7人 第1シリーズの動画についても無料で公開している裏サイトは存在するでしょう。

しかし著作権違反など違法に動画をアップロードする行為は犯罪です。違法動画をアップロードすることは罪に問われることは言うまでもありませんが、それを無料視聴する側にも注意が必要です。

まず、違法にアップロードされた動画を無料視聴するとき、違法動画と知りながらダウンロードする行為には2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科せられます。

しかしダウンロードではなく、無料で公開されている動画をただ閲覧するだけなら、刑罰の対象にはなりません。

じゃあ、YouTubeやdailyモーションなどのサイトの無料動画を視聴るだけなら良いのでは?ということになるのですが、そこにも実は注意が必要なのです。

動画を視聴する際は、ストリーミングとダウンロードの2種類の方法があります。ダウンロードはハードディスクにデータを記録する方法。ストリーミングは、動画を再生したものから順次削除していく方法なので、ダウンロードには当たりません。

しかし最近は、動画の再生をスムーズに行うため、ストリーミングとダウンロードの中間的方法、プログレッシブ・ダウンロードという方法が用いられていることが多いのです。

これだと、PCに動画ファイルが残りますから、ダウンロードに当たり、違法な無料動画を見るだけのつもりがダウンロードしていたということになります。

著作権違反などの無料動画は、見るだけなら大丈夫と思っていると、思いもよらないところで足元をすくわれ可能性もあります。

下手なリスクを侵さず、合法的に刑事7人 第1シリーズの動画を楽しみましょう!

刑事7人 第1シリーズ 無料動画 YouTube予告編

刑事7人 第1シリーズの公式予告編動画です。

刑事7人 第1シリーズ あらすじ

2015年夏期にテレビ朝日系で放送された東山紀之主演の刑事ドラマ・シリーズ。時間に関して鋭い分析力と観察眼を持つ風変わりな刑事・天樹悠が、配属された捜査一課12係の面々とともに難解な事件に挑んでいく。


シネマトゥデイ

刑事7人 第1シリーズ 出演者・キャスト

東山紀之 、 高嶋政宏 、 六代目 片岡愛之助 、 鈴木浩介 、 倉科カナ 、 吉田鋼太郎 、 北大路欣也

刑事7人 第1シリーズ ネタバレ・レビュー

刑事7人 ジャンル 刑事ドラマ 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 監督 猪崎宣昭 長谷川康 及川拓郎 脚本 大石哲也 真野勝成 寺田敏雄 出演者 東山紀之 髙嶋政宏 片岡愛之助 鈴木浩介 倉科カナ 塚本高史(S.2 - ) 田辺誠一(S.4) 白洲迅(S.4) 吉田鋼太郎 北大路欣也 第1シリーズ 放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分) 放送期間 2015年7月15日 - 9月9日(9回) 外部リンク 公式サイト 第2シリ刑事7人 第1シリーズ 動画 刑事7人 第1シリーズ 無料 刑事7人 第1シリーズ 配信 刑事7人 第1シリーズ 見逃し 刑事7人 第1シリーズ 見逃し配信 ーズ 放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分) 放送期間 2016年7月13日 - 9月14日(9回) 外部リンク 公式サイト 第3シリーズ 放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分) 放刑事7人 第1シリーズ 動画 無料 刑事7人 第1シリーズ 動画 フル 刑事7人 第1シリーズ 無料視聴 刑事7人 第1シリーズ 無料動画 刑事7人 第1シリーズ 動画 見逃し 送期間 2017年7月12日 - 9月13日(10回) 外部リンク 公式サイト 第4シリーズ 放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分) 放送期間 2018年7月11日 - 外部リンク 公式サイト 特記事項: S.1の初回は30分拡大(21:00 - 22:24)。 S.2の初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 S.3の初回、第2回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 テンプレートを表示 『刑事7人』(けいじしちにん)は、テレビ朝日系の「水曜21時」枠(水曜日21時 - 21時54分)で継続的に放送されている日本の刑事ドラマシリーズ。主演は東山紀之[1]。 本項での「S.1」は第1シリーズを表す。 タイトルの「刑事7人」は各シリーズの主要メンバー7人のことで、刑事が7人いるというわけではない[2]。S.2は当初8人いたが、永沢が殉職して7人になる。 S.1は2015年7月15日から9月9日まで放送された。 S.2は2016年刑事7人 第1シリーズ ドラマ 動画 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 無料 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 配信 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 見逃し 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 見逃し配信 7月13日から9月14日まで放送された[3]。 S.3は2017年7月12日から9月13日まで放送された[4]。 S.4は2018年7月11日から放送されている。 目次 1 あらすじ 2 登場人物 2.1 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 2.2 警視庁刑事部捜査一課12係 2.3 元12係のメンバー 2.4 東都大学医学部 2.5 警察関係者 2.6 12係・元12係の親族 2.7 臨海エリアの住人 2.8 事件関係者 2.9 ゲスト 2.9.1 第1シリーズ(2015年) 2.9.2 第2シリーズ(2016年) 2.9.3 第3シリーズ(2017年) 2.9.4 第4シリー刑事7人 第1シリーズ ドラマ 動画 無料 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 動画 フル 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 無料視聴 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 無料動画 刑事7人 第1シリーズ ドラマ 動画 見逃し ズ(2018年) 3 用語 4 スタッフ 5 放送日程 5.1 第1シリーズ 5.2 第2シリーズ 5.3 第3シリーズ 5.4 第4シリーズ 6 注釈 7 出典 8 外部リンク あらすじ 「警視庁刑事部捜査一課12係」の現、旧メンバーたちが様々な凶悪事件に立ち向かう。 S.1は他のテレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマにあるような一話完結型のシンプルなストーリーだったが、S.2からはゼネラルプロデューサーやメインライターを担当するスタッフの変更等により方針転換が行われ全体の雰囲気が大幅に変わっている(このような微調整は科捜研の女等テレビ朝日のドラマではしばしば行われ、結果として長期シリーズ化に貢献している)。S.3はメインシナリオが臨海エリア内の出来事に絞られ、一話完結エピソードに並行して臨海刑事7人 第1シリーズ ドラマ 動画 全話 刑事7人 第1シリーズ ネタバレ 刑事7人 第1シリーズ動画 刑事7人 第1シリーズ 東山紀之 刑事7人 第1シリーズ テレビ エリアの大地主として裏社会を牛耳る馬久根恒義との対決を通して妻と娘の死の真相が明らかになる。 登場人物 ※ 年齢はS.1時点。 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 天樹悠(あまぎ ゆう)〈46〉 演 - 東山紀之 経歴:警視庁八重洲警察署交通課 → 警視庁戸越警察署刑事課 → 警視庁刑事部捜査一課 → 警視庁遺失物センター(S.1第1話) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.1第2話 - 最終話) → 警視庁刑事部機動捜査隊(S.2 - S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 機動捜査員(S.3) → 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係(S.3最終話 - ) 兼 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 階級:巡査部長 1969年8月16日生まれ、血液型はA型。東明大学法学部 卒業(S.3第5話)。家族は妻・清と娘・聖と清の父・堂本俊太郎。 事件とは無関係に思われる「時間」に対してこだわりを持っている[5]。犯人に同情・共感せず、推理後は辛辣な非難・批評で追い打ちをかける(S.2第8話)。 S.1が始まる10年前の自身の誕生日に、妻と娘を亡くしている。天樹が常に身に付けている「『7時12分』を指したまま動かない腕時計」は、亡くなった娘が彼への誕生日プレゼントとして用意して刑事7人 第1シリーズ ドラマ 刑事7人 第1シリーズ 朝日 刑事7人 第1シリーズ 天樹悠 刑事7人 第1シリーズ 2018 刑事7人 第1シリーズ 東山紀之主演 いたものであり、娘が遺体として発見された時、彼女の手に握られていた。その為、天樹は新しい腕時計と買い換えることを拒んでおり(S.2第1話の開始時点では、既に修理されている)、また、「時間が止まった人」や「家族と死別した人」を見過ごせずにいる。妻と娘の死因については彼を12係に抜擢した片桐正敏も知らないが、S.3第1話で水田環が島村唄子から渡された、天樹の経歴に関する資料には「2005年8月16日、事故(臨海地区の『マリンサイドスクエア』の改装工事中に起きた崩落事故)により死亡」と書かれている S.2では機動捜査隊(機捜104)に所属しており、一日の殆どを覆面パトカーでの管轄内の巡回に費やしている。 立ち振る舞いはS.1とS.2以降で大きく異なっている。S.1ではノーネクタイで態度も飄々としており、妻の遺品の時計が毎回登場していたが、S.2ではネクタイを締めて態度もクールになり、妻の遺品の時計に拘るシーンも無くなった。 S.4での立ち振舞いはS.1に近いものになっているが、第1話の冒頭における健康診断で「老眼」だと診断されてからは、ノートパソコンを使って資料を作成する際などに老眼鏡を使っている。 野々村拓海(ののむら たくみ) 演 - 白洲迅(S.4) 経歴:警刑事7人 第1シリーズ クール 刑事7人 第1シリーズ 主演 刑事7人 第1シリーズ 感想 刑事7人 第1シリーズ 相棒 刑事7人 第1シリーズ 変更 視庁刑事部刑事総務課刑事資料係(S.4) 兼 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 1年前に入庁。明るく元気な性格だが、挨拶などを大きすぎる声で話すため、片桐からは煙たがられている 片桐正敏(かたぎり まさとし)〈55〉 演 - 吉田鋼太郎 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係 係長(S.1) → 警視庁刑事部刑事総務課 課長[注 1](S.2) → 警視庁第11方面本部準備室 室長(S.3) → 運転免許センター(S.3最終話) → 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 係長(S.4) 兼 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 階級:警部(S.1) → 警視(S.2 - ) 8月12日生まれ(S.1第5話)。表向きは警察組織に従っているが、実際は天樹たちと同様に正義感を持っており、彼らの捜査には良く許可を出し、特に上の立場であるために権力者が関わるような事件においては重要役割を担っている。水田には陰で「狸オヤジ」と呼ばれている(S.4第1話)。 警視庁刑事部捜査一課12係 水田環(みずた たまき)〈28〉 演 - 倉科カナ[6] 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S.1 - S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員(S.3) 刑事7人 第1シリーズ 2016 刑事7人 第1シリーズ 動画 ドラマ 刑事7人 第1シリーズ 動画 2018 刑事7人 第1シリーズ 動画 無料 刑事7人 第1シリーズ 動画 天樹 → 警視庁警務部 監察官(S.3最終話) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 階級:巡査(S.1) → 巡査部長(S.2 - ) 1987年3月2日生まれ(S.3第1話)。洞察力と推理力を持つ帰国子女。 S.3第1話では上の立場にいる島村唄子の依頼で第11方面本部の監視役となるが、徐々に監視役の仕事自体に疑問を抱くようになり、最終的には島村に反発して監視役を降り、片桐の誘いを受ける形で12係に復帰した(S.4第1話)。 青山新(あおやま あらた) 演 - 塚本高史[7][8](S.2 - ) 経歴:警視庁有明警察署刑事課(S.2第1話) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.2第2話 - S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員(S.3) → 所轄署地域課・交番勤務(S.3最終話) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 階級:巡査 1985年2月10日生まれ(S.3第1話)。臨海エリアで生まれ育つ[9]。 以前はスカウトマンをしていたが、品田ゆりと出会ったことをきっかけに警察官になる(S.2第1話)。スタンドプレーが目立つ天樹の監視役となるが、S.2第1話にて天樹達の捜査で過去の未解決事件の犯人であることを突き止められた上司を殴ったことで謹慎処分を受ける。その後、沙村の計らいで12係に配属される。 S.3最終話のラストで交番勤務へ異動となり、1年後に片桐に誘われる形で12係に復帰した(S.4第1話)。 海老沢芳樹(えびさわ よしき) 演 - 田辺誠一(S.4) 階級:警部補 主任。プライドが高く、かつて12係に所属していた天樹を「過去の人間」と見下す等の傲慢な物言いが目立つ。 7年前の「三億円強奪事件」にも携わっており、容疑者として浮上した松原裕二の行動等から「複数犯による犯行」ではないかと考え、上層部にも訴えていたが、「松原が単独で犯行を起こした」と結論付けた上層部には全く相手にされなかった。それ以来、警察組織に対して強い不信感を抱いており、他の捜査員達との折り合いが悪く人望も薄い。 元12係のメンバー 沙村康介(さむら こうすけ)〈49〉 演 - 髙嶋政宏[10](S.1 - S.3 / S.4第3話<回想>) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S.1) → 警視庁刑事部捜査一課12係 係長[注 2](S.2 - S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員・指揮官(S.3) → 所轄署刑事課(S.3最終話 - ) 階級:警部補(S.1) → 警部(S.2 - ) 1965年10月15日生まれ、血液型はB型(S.3第1話)。家族は妻・清美と娘・康江。 正義感が強く、情熱的で、天樹と同様に犯人に同情や共感はしない。学生時代はアメフト部に所属しており、S.1では刑事部屋で筋力トレーニングをしていることがあった。 清美とはS.3の1年前に離婚した(S.3第2話)。 山下巧(やました たくみ)〈42〉 演 - 片岡愛之助[11](S.1 - S.3 / S.4第3話[12]) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S.1) → 未来犯罪予測センター 長(S.2 - S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 鑑識(S.3) → 東京拘置所(S.4第3話) 階級:巡査部長 1973年刑事7人 第1シリーズ 動画 刑事資料係 刑事7人 第1シリーズ 動画 東山紀之 刑事7人 第1シリーズ 動画 見逃 刑事7人 第1シリーズ 動画 仲間 刑事7人 第1シリーズ 動画 テレビ 1月25日生まれ(S.3第1話)。ホワイトハッカー[13]。ハッカーとしての腕前もそれなりに優秀で、情報収集も得意としている。また、「この山下にお任せを」を口癖にしている。 馬久根恒義を逮捕しても裁くことは出来ないという歪んだ正義感から警察の代わりに自分が馬久根を裁くために「御厨一豊」という架空の人物に成りきり、S.3第1と2話で馬久根が関与している事件の容疑者を裏で操って馬久根を追い詰め、更には馬久根の関係者に拉致されたフリをすることで姿を消しながら天樹たちの行動を監視する。第9話で頃合いを見て天樹たちと合流し、最終話では林敬子を使って遂に馬久根の殺害に成功するが、天樹に全てを暴かれたことで御厨を名乗って行動した経緯を明かし、最後は持っていた拳銃で自殺を図ったが、S.4第3話で東京拘置所に拘留されており、現在は自分の行いを反省している。[注 3]。 永沢圭太(ながさわ けいた)〈38〉 演 - 鈴木浩介[14](S.1 - S.2第5話 / S.3第9話) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係 → 殉職(S.2第4話) 階級:巡査部長 → 警部 12係と他部署の潤滑油的存在。家族は父・圭介と母・和子。 S.2第4話では過去に起きた父の死の真相とそれに関連する別の事件の真実を独断で調べていたが、最後は事件の黒幕である山路史郎が差し向けた実行犯の丸藤遼平によって殺害された[15]。 東都大学医学部 堂本俊太郎(どうもと しゅんたろう)〈65〉 演 - 北大路欣也 法医学者で東都大学医学部長。天樹の義父。清の父で聖の祖父。 S.1最終話ではアメリカのとある大学から法医学のアドバイザーとして招待され、吉岡泰夫が殺害された事件が解決した後に渡米する。その後、S.2第1話にて帰国する。S.3で第11方面本部準備室と管轄・司法解剖担当となる。 警察関係者 松田健吾 演 - 中澤隆範[16](S.1第1話・第4話・第5話) 鑑識主任。 小田六郎 演 - 中丸新将[17](S.2第1話・第3話) 警視庁刑事部長。 岩下千治(いわした かずはる) 演 - 山田百貴(S.3第1話・第2話・第9話・最終話) 警視庁第1方面本部長。権力のある馬久根と繋がっており、彼の指示で関わる事件が表面化しないように配慮している。 島村唄子 演 - 久世星佳(S.3第1話・第6話・第9話・最終話) 監察官。監察対象になっている第11方面本部の内偵をするように水田環に指示するが、物語が進むにつれて詳しい調査報告は聞けず、最終話では意見の衝突により環から反発された。 12係・元12係の親族 永沢和子 演 - 立石涼子(S.2第4話・第5話) 永沢圭太の母。圭介の妻。 永沢圭介 演 - 岩渕敏司[18](S.2第5話)[注 4] 永沢圭太の父。殉職した元刑事、殉職前の階級は警部補。30年前の川口 横丁婦女暴行殺人事件の被疑者である三窪厳から無実を訴えられ、再捜査をしようとしたが、最後は事件の真犯人である山路史郎によって口封じのために殺害された。 天樹清(あまぎ さやか) 演 - 井上依吏子[19](S.3第1話・第6話) 天樹悠の妻。聖の母。堂本俊太郎の娘。2005年8月16日、聖のピアノのレッスンが終わったために家に帰ろうとしたが、最初の殺人で傷を負ったばかりの楠城誠也を目撃してしまい、最後は彼を通じて馬久根恒義の依頼を受けた牛島繁利の手により口封じのために事故に見せかけられて殺害された(S.3第6話)。 天樹聖(刑事7人 第1シリーズ 動画 スペシャリスト 刑事7人 第1シリーズ 動画 2016 刑事7人 第1シリーズ 動画 メンバー 刑事7人 第1シリーズ 動画 天樹悠 刑事7人 第1シリーズ 動画 https 刑事7人 第1シリーズ 動画 個性的 あまぎ みづき) 演 - 稲垣来泉[20](S.3第1話・第6話) 天樹と清の娘。堂本俊太郎の孫。生前ピアノを習っていた。殺人を犯した楠城誠也の姿を母親と共に目撃してしまい、その口封じのために母親と共に事故に見せかけられて殺害された。 沙村清美 演 - 楊原京子(S.3第9話) 沙村康介の妻。S.3では沙村と離婚している。 沙村康江 演 - 中尾百合音(S.3第9話) 沙村康介と清美の娘。両親の離婚後は清美と暮らしている。 臨海エリアの住人 馬久根恒義(ばくね つよし) 演 - 山本學(S.3第1話・第2話・第6話・第9話・最終話) 馬久根家の18代目当主で、元大地主。臨海エリアの中心人物として臨海エリアに戦後期から根を張っており、政財界にも影響を及ぼしている。また、報恩と報復を家訓としており、自分の頼みを引き受けた者にはそれなりの報酬を用意するが、反面では自分に対して害になる者は徹底的に排除する。犯罪の揉み消しなど、犯罪の片棒を担ぐような仕事もしており、また犯人が別にいると気付かれないよう、自分とその犯人との繋がりが明らかにならないように用意周到なやり方で物事を治める等の計算高く、知略的である。過去に片桐正敏と組んでいた刑事・前田優太をある事件絡みから始末したことがあるようで、彼からは「宿敵」として敵視されている。S.3第1話で起きたある事件に関与して以降は天樹たち12係と対峙するようになるが、最終話では自身に恨みを抱いていた介護士の林敬子によって殺害された。 林敬子 演 - 中村映里子(S.3第1話・第2話・第6話・第9話・最終話) 「あすなろ介護相談センター」から馬久根家に派遣されている介護士。馬久根の孫娘である涼子(本編未登場)からいじめを受け、更には愛犬までも殺されたことで激怒したが、当時から権力のあった馬久根のせいで学校や両親が事実に目を瞑ってしまい、結果として馬久根に恨みを抱くようになる[注 5]。その後、復讐計画を手助けした御厨一豊の指示に従って介護士として馬久根の懐に忍び込んだが、最終話では御厨から殺しの指示が下った為に馬久根を殺害する。その後、全てを暴いた天樹たちに逮捕され、大人しく全てを自供する。 ロク/黒石健次(くろいし けんじ) 演 - 川口力哉(S.3第6話・第9話) 臨海商工出版の社長だが、正体は馬久根の関係者の事件師である。忠実で、馬久根のどんな命令にも従い、「ロクさん」と呼ばれているが、自身も馬久根のことは「ネーバクさん」と呼んでいる(第6話)。また、任務を必ず遂行しており、馬久根からの信頼は厚く、仕事を頼まれる際に手段についてはほぼ任されている。 第9話では天樹達に素性と居場所を知られ、本拠地である臨界商工出版社に乗り込まれたが、直後に馬久根に関する秘密保持の為に天樹らの目の前で毒を飲んで自殺した。 久喜鉄平 演 - 米村亮太朗(S.3第1話・第5話・第6話・第9話) 青山新の旧友の情報屋。普段は移動販売のケバブ屋を営んでおり、婚約者の菅谷美也子と暮らしている。 青山に情報を提供し続け、第9話では馬久根の手先であるロクの情報を青山に伝えたが、その日の夜にロク本人の襲撃を受ける。彼が持ってきた美也子の首を見たことで激昂し、仇討ちのためにロクに襲い掛かるも返り討ちに遭って殺害され、翌日に死体として発見される。 菅谷美也子 演 - 和田麻菜[21](S.3第6話・第9話) 久喜鉄平の婚約者。久喜と一緒にケバブ屋をやっており、久喜との間に出来た子を身籠っている。第9話で買い出しに出ている途中で久喜に対する報復の為に馬久根の手先であるロクに殺害されたが、見せしめの為に首だけは切り取られて久喜の目の前に見せ付けられ、翌日には久喜の死体と共に警察に発見された。 宮本あかり 演 - ハマカワフミエ[22](S.3第2話・第6話・第9話) 沙村康介の通うジムのインストラクター。第9話ではロクに金で雇われて沙村を誘き寄せるための人質になるが、自分を助ける為に必死になっていた沙村を見たことで自分の行いを反省し、最終的には彼を助けた。その後、警察に保護され、前述の事を天樹達に打ち明けた後は警護されたまま帰宅した。 事件関係者 丸藤遼平 演 - 音尾琢真(S.2第4話・第5話 / S.3第9話[23]) 経歴:警視庁青砥警察署地域課(S.2第4話・第5話) → 東京拘置所 死刑囚(S.3第9話) 階級:巡査 警視庁青砥警察署地域課の巡査。殺人事件の真犯人である山路史郎から「(永沢を)動かないようにしてくれ」と依頼され(S.2第5話)、川口 横丁婦女暴行殺人事件の再捜査を始めた永沢を「山笠団地」で殺害する。その後、永沢圭太の殺害現場に来た天樹達を案内したが、後に真相を知った天樹達によって身柄を拘束される。黙秘を続けていたが、山路が逮捕されたことにより自身も書類送検され、死刑囚として収監される。 S.3第9話でロクの手引きによって東京拘置所から脱走した。脱走後、宮本あかりを使って沙村康介を呼び出し、永沢巡査部長殺害事件の身柄拘束時、沙村に絞め落とされた屈辱からリベンジのために脱走したことを明かす。接戦の末に沙村を後一歩の所まで追い詰めるが、あかりの邪魔が入ったことで隙を突かれ、沙村に絞め落とされる形で倒される。再び身柄を拘束されたが、変わらずに黙秘を貫く。 ゲスト 第1シリーズ(2015年) 第1話「最後の時効」 金子正信(土神建設 作業員) - 前田吟 安藤紗季(東活撮影所 清掃員) - 朝加真由美 高田浩一郎(法務大臣・元警視庁副総監) - 浜田晃 岡本正義(警視庁刑事部長) - 矢島健一 安倍俊也(高田の秘書) - 浜田学 中嶋健介(彩香の夫) - 木下隆行 江尻孝之(修一の息子) - 川口力哉(19歳:松田岳[24]) 内田涼子(グラビアアイドル) - 丸高愛実 橋本(世田谷東警察署 刑事) - 田中耕二 安藤聡子(紗季の娘) - 石井萌々果 有村依子(歯科医院スタッフ) - 三谷悦代[25] 朝倉美代子(英仙女子小学校 教諭) - 服部幸子 土屋富雄(所轄刑事・1996年 当時19歳の江尻孝之を逮捕しようとした) - 針原滋[26] 浅田一也(涼子の元彼) - 斉藤悠 高田真奈美(高田の孫娘・英仙女子小学校 児童) - 錦辺莉沙[27] 宅配便の配達員 - 平林弘太朗[28] 中嶋彩香(フリーライター) - 森脇由紀 江尻修一(元大蔵大臣・故人) - 斎藤克博 第2話「氷の殺人」 安積隆秀(日本理科大学 低温物理学研究室 助教授) - 橋本さとし[29] 香田正美(日本理科大学 低温物理学研究室 助教授) - 佐津川愛美 川村秀則(日本理科大学 低温物理学研究室 教授) - 大石吾朗 坂上洋一(坂上水道工房 社長) - 螢雪次朗 岩渕紀夫(投資家) - 新納敏正[30] 第3話「逃亡親友」 笹岡圭介(ベルフラワー生命 営業課長) - 飯田基祐[31] 小畑章枝(弥生の義母・喫茶「クコの実」店主) - 大島さと子 永井弘士(ベルフラワー生命 社員) - 少路勇介 小畑弥生(ピアニスト・失明の少女) - 尾高杏奈[32] 大野吾郎(ベルフラワー生命 営業部長) - 大村波彦[33] 河野理恵(笹岡の元妻) - 田村友里 井上芳樹(喫茶「クコの実」店員) - 青柳尊哉[34] 増田憲一(ベルフラワー生命 社員) - 島津健太郎 川崎洋一(東京アイバンク スタッフ) - 平川博晶[35] 笹岡奈美子(笹岡の妹・故人) - 大庭舞桜[36] 第4話「忘れた男」 高杉賢吾(高杉法律事務所 弁護士) - 眞島秀和 高杉真琴(高杉の妻) - 大塚千弘 添島修一(木戸ホールディングス 顧問弁護士) - 入江雅人 奈良岡(木戸ホールディングス 専属運転手) - 不破万作 木戸宏子(木戸ホールディングス 会長・清三郎の妻) - 松井紀美江 木戸明信(木戸ホールディングス 社長・清三郎と宏子の息子) - 日向丈[37] 木戸清三郎(木戸ホールディングス 前会長・故人) - 橘進之助 下川実(高杉法律事務所 元事務員) - 黒岩司[38] 第5話「母と息子」 前田尚紀(大平重工 研究員・前田と和美の息子) - 中丸雄一[39](幼少期:橋爪龍[40]) 前田和美(かなで洋裁店 店主) - 黒田福美 西岡民代(かなで洋裁店 店員・和美の友人) - 阿知波悟美 大沼和樹(大平重工 所長・尚紀の上司) - 大河内浩 羽田美樹(大平重工 社員) - 内田もも香 富樫(青葉金属工業所 社長・前田金工 元職人) - 山崎大輔[41] 石川剛(大平重工 社員) - 河内浩 中村(大平重工 社員) - 櫂作真帆[42] 前田伸雄(前田金工 元社長・故人) - 西岡秀記 第6話「真夏の復讐殺人!? 残1時間の命」 高堂隼人(ワイドショーのコメンテーター・元最高裁判事) - 長谷川初範 西沢淳一(西沢運輸 元社長) - 近藤公園 三輪友里(キャスター) - 小出ミカ[43] 田中優奈(スタイリスト) - 杉本有美 亀井(警視庁みなとまち交番 巡査) - 迫田孝也 成瀬博之(殺人の前科者) - 兼松若人[44] 高堂由美子(高堂の妻) - 渚あき 新垣(成瀬の会社の上司) - 江森正明 高堂愛理(高堂と由美子の娘・看護師) - 石志望 西沢涼子(西沢の妻・故人) - 上田愛美 西沢真菜(西沢と涼子の娘・故人) - 平澤宏々路 第7話「自首した男 容疑者0の殺人!!」 木島義男(無職・元タクシー運転手) - でんでん 溝口智也(洋菓子店「パティスリー ラ・ジェム」メインパティシエ) - 長谷川朝晴 溝口幸恵(「パティスリー ラ・ジェム」オーナー・溝口の妻) - 霧島れいか 井上幹夫(雑誌「ベストスイーツ」記者) - 須田邦裕 小石川美砂(「パティスリー ラ・ジェム」パティシエ見習い) - 高田里穂[45] 田所真弓(「パティスリー ラ・ジェム」パティシエ見習い) - 木下あゆ美 小石川久志(美砂の父・菓子職人) - ふるごおり雅浩[46]


映画.com

刑事7人 第1シリーズ みんなの感想

刑事7人 第1シリーズを見た皆さんはどんな感想を持ったのでし