看護転職に最適な時期  とは?

看護師の転職事情は1年のうちでも変動があることをご存じですか?また、経験年数によって転職のおすすめ時期は変化するのです。今回は、看護師の転職に関する月ごとの業界事情や、見極めるべきタイミングについてご紹介します。
看護師の転職におすすめの時期はある?

・看護師としての経験を積んでいく中での転職時期
・1年間を通してのタイミングという意味の転職時期
・月の中で考えた転職時期

一口に時期といっても、何年目で転職するのが良いのか、1~12月で有利な時期があるのか、月初・中旬・月末で選考に通りやすい時期があるのか。

それぞれ理解する事で、自分がいつ転職するべきか判断できるようになるはずです。

思い立った時期に転職を進めたいと考えるかもしれませんが、その後のことも考えて、3つの時期を冷静に見極めていくことをおすすめします。


看護師キャリアの中で転職がおすすめのタイミング


はじめに考えるべきは看護師としてのキャリアプランでの転職時期です。結論から言うと、入職後間もないうちに転職するのは得策ではありません。
理由があるにせよ、「採用してもすぐやめてしまうのではないか」という印象を採用担当者に与え、転職活動が難航する恐れがあります。

そこで、キャリアプランの中でおすすめの時期は、入職後5年~10年の時期です。
看護師として5年程度の経験を積むと、プリセプターはもちろんの事、人によってはエルダーなど責任あるポジションを任される機会が増し、自身でこなせる仕事の幅も広がることでしょう。もちろん、まだまだ勉強や経験を積み重ねていける時期でもあります。
採用する側としては、即戦力になりうる点と、これからも成長を続けてくれる経験年数であることから、プラスに捉えられることが多いです。

 入職したばかりだけど耐えれない!そんな方へ

5年目以降が転職成功率は高くなりますが、1年目や2年目の転職が悪い訳ではありません。

苦しい環境で今後3~4年間我慢するより、早めの転職でずっと働ける良い職場を探した方が賢明です

教育体制の整った法人・グループであれば、病院・クリニック・高齢者施設等、問わず採用してもらえるでしょう!

月ごとの看護業界の採用状況

おすすめ時期
1月、6月、9月、11月
おすすめではない時期
4月、12月

おすすめトップ4

  • 1月は意外にも、看護師の転職にはおすすめの時期です。年末で離職者が増え求人数が増加したり、4月入社に向けた求人が出やすくなったりする時期なのです。
    その一方で、年始ということもあり、休職者の動きは活発ではありません。こうした理由から、求人数の割には競争率が低い傾向にあります。ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • 6月はボーナス支給時期のため、転職希望者が増加します。結論として、離職者の補充を行うために求人数も増えてくる傾向にあります。新卒者の研修が落ち着くタイミングでもあるため、スムーズに転職活動ができる時期です。
    ただ、今現在働いている職場でボーナスを受け取ってから退職したい場合は、退職日を決める際に気を付けましょう。ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • 9月は人員強化に向けて、即戦力採用が活発化してきます。経験豊かな転職希望者には特に適した時期と言えるでしょう。大量採用を行うところが多いため、即戦力として認められれば転職しやすい時期です。
  • 11月は年明けに向けて採用活動が活発化するため、求人数が増えます。転職活動を始める時期としては最適です。年始に限らず、4月入職を目指す人にも向いています。
  • 6月はボーナス支給時期のため、転職希望者が増加します。結論として、離職者の補充を行うために求人数も増えてくる傾向にあります。新卒者の研修が落ち着くタイミングでもあるため、スムーズに転職活動ができる時期です。
    ただ、今現在働いている職場でボーナスを受け取ってから退職したい場合は、退職日を決める際に気を付けましょう。ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

おすすめではない時期

  • 4月のこの時期は新卒入社があるため、人員は潤っている可能性も高く、求人数は少ないです。選択肢が少なくなり、転職にも不向きと言えるでしょう。焦って決めてしまうよりは、見送るのがベターです。ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • 12月は業界全体で繁忙期を迎え、転職には不向きです。長期休暇を控えて現場はとても慌ただしく、入職したとしても十分なフォローは望めない可能性もあります。
    また、求職者の動きも鈍くなることが分かっているため、求人そのものが少なくなります。焦って転職活動をするよりは、年明けを待つことをおすすめします。
  • 12月は業界全体で繁忙期を迎え、転職には不向きです。長期休暇を控えて現場はとても慌ただしく、入職したとしても十分なフォローは望めない可能性もあります。
    また、求職者の動きも鈍くなることが分かっているため、求人そのものが少なくなります。焦って転職活動をするよりは、年明けを待つことをおすすめします。

おすすめ時期じゃないけど、いますぐ転職したい!

採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします