ダイヤモンド買取時の注意点や
業者の選び方とは?

ダイヤモンドは宝石の中でも価値が高いので、売却する際は高額が期待できます。しかし、ダイヤモンド買取にはいくつかの注意点があります。今回は、どんな注意点があるのか、買取業者の選び方などについて紹介していきましょう。

ダイヤモンド買取の注意点

ダイヤモンドの品質を決めるポイントはいくつかあります。ダイヤモンド買取を行う際は、品質にも注目しなければいけません。こちらでは、重量を意味するカラット以外の注意点について見ていきましょう。

 ・カラー

無色透明と思われがちなダイヤモンドですが、完全な無色透明は少ないのです。基本的にカラットやクラリティが上位だとしても、カラーのグレードによって価値が大きく変わります。カラーはDランクが最も良いのですが、Zに近づくにつれて価値が低くなるようです。

 ・クラリティ

透明度を意味するクラリティも重要です。ダイヤモンドに含まれる内包物やキズの量と大きさで判定されます。不純物がまったくないということはごく稀と言われています。これは、ダイヤモンドが自然の産物であるからです。欠点がない最高級を「フローレス」と言いますが、ほとんど目にかかることはありません。

 ・カット

カットは全体の見た目のバランスや研磨の仕上がりの状態によって、グレードが決まります。5段階評価であり、4Cで評価されているものは「ラウンドブリリアンカット」のみと言われているようです。

ダイヤモンドの売り時とは?

どんなものでも売却する際は「売り時」があります。こちらでは、ダイヤモンドの売り時に関することを見ていきましょう。

 ・特に考えなくていい?

基本的にダイヤモンドは大きな価格の変動がありません。そのため、あまり売却するタイミングは深く考えなくてもいいという意見の方が多いようです。

 ・経済が良くなるほど高騰化する?

ダイヤモンドは円安相場がタイミングと思われがちですが実際は経済が良くなるほど高騰化する傾向にあるのです。宝飾品は景気に影響されやすいからでしょう。経済が悪い状態では「宝石を買おう」という気にならないからかもしれませんね。

 ・売り時よりも業者選びを重視する

ダイヤモンドは買取業者によって大きく査定額が変動する場合があります。熟練の鑑定力を持つものと、あまり経験がない鑑定士が混在しているからでしょう。

ダイヤモンド買取業者の選び方

こちらでは、ダイヤモンド買取業者の選び方について見ていきましょう。どのような業者がおすすめされているのかチェックしてください。

 ・鑑定書がなくても大丈夫か

鑑定書の有無は査定に関して重要ですが、鑑定書がないからと言って査定拒否をする業者やあからさまに安価な金額をつける業者もあります。鑑定書だけにこだわらない業者に鑑定してもらいましょう。

 ・実績のある鑑定士がいるか

買取業者で重要なものは、実績豊富な鑑定士がいるかどうかです。鑑定士の査定によってダイヤモンド買取金額は大きく変わってきます。そのため、実績のある鑑定士がいるかいないかで査定額も大きく変わってくると考えましょう。

 ・手数料

なるべく手数料が無料の業者に査定をしてもらいましょう。金額に納得がいかない場合は、買い取ってもらえないだけではなく手数料を支払わなければいけないからです。近年は手数料無料の業者もあるので比較して決めてください。

ダイヤモンドの人気が高いジュエリーブランドとは?

こちらでは、ダイヤモンドの人気が高いジュエリーブランドについて見ていきましょう。どんなジュエリーブランドがあるのかチェックしてみてください。

 ・ディオール

国内でも知名度が高いブランドのひとつ、それがディオールです。アシンメトリックで大胆なデザインのダイヤモンドが多くあります。そのため、女性人気が高いと言えるのです。ダイヤモンドに特化しているわけではありませんが、個性的なダイヤモンドの美しさを持つジュエリーブランドと言っていいでしょう。

 ・ラザールダイヤモンド

世界三大カッティングブランドのひとつと言われていて、もっとも美しい輝きを引き出すということにこだわりを持っています。原石調達からカット、研磨とワンストップで行うブランドです。

 ・ロイヤルアッシャー

ダイヤモンドのクオリティが高いブランドとして絶大な人気を誇っています。ダイヤモンドブランドとして常に進化を続けているので、さまざまな人を強く魅了しています。

ダイヤモンド買取について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ダイヤモンドは買取業者によって大きな差が出てくるので注意しましょう。
相場並の鑑定をしてくれているかをチェックするためにも、
複数業者に鑑定してもらうことを心掛けてください。
複数業者に査定してもらうことで、
業者の質やダイヤモンドの相場などを見極めることができるはずです。