サラリーマンにはどんな不動産投資がおすすめ?

これから不動産投資を始めたいと思っていても、ゼロからのスタートだと不安もあるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが、簡単でもよいので不動産投資の知識を習得しておくことです。不安があるのは知識がないからのため、基本的な情報を得ておきましょう。サラリーマンにおすすめの不動産投資の種類を紹介します。

中古と新築マンションはどっちがおすすめ?

・中古マンションのメリット

中古マンションは新築マンションと比べて価格が抑えられています。そのため、初期資金を多く用意できないサラリーマンの方に中古マンションがおすすめです。購入価格が少ないと利回りも高くなりやすいので、収益性が高くなるでしょう。

 

・中古マンションのデメリット

新築マンションと中古マンションで比べると、新築マンションのほうが人気です。そのため、中古マンションの築年数によっては、入居者がなかなか決まらない可能性があります。新築と比べて設備投資資金もある程度必要となってくるので、計画的に不動産投資をすすめられる方におすすめです。

 

・新築マンションのメリット

新築マンションは建物の価値が高まりやすいので、ローンの審査に通りやすいメリットがあります。また、新築マンションは減価償却費で節税効果も得られやすく、サラリーマンの方で収入が高い方におすすめです。売却益を得たいと考えている方も、新築マンション投資が向いているでしょう。

 

・新築マンションのデメリット

新築マンションは購入価格が高くなるので、中古マンションと比べて利回りが低くなります。しかし、新築で購入すれば設備が古くなって投資するのはまだ先となるため、当面は大きな出費は必要ありません。安定した収入を長期的に得たい方にも、新築マンションがおすすめです。設備投資の費用は将来的に必要となってくるので、計画的に貯蓄できる人に向いています。

覚えておきたい物件の選び方

・需要が高い都市部を選ぶ

不動産投資で成功するには、入居者がコンスタントに決まらなければなりません。出入りが激しい地域であっても、新しい入居者が決まりやすいなら問題はないでしょう。都市部は人口が多いので、安定して入居者が埋まりやすい特徴があります。安定収入のためには空き室率が低くなる都市部を選ばなければなりません。

 

・区分マンションを選ぶ

サラリーマンの方に1棟マンションは敷居が高すぎて失敗するリスクがあります。それよりも区分マンションを購入して、不動産投資を学んでいきましょう。不動産投資に慣れてきたら、違う地域の区分マンションに投資を広げることができます。地域をずらすとリスク対策となり、空き室対策になるでしょう。

・ランニングコストが低いワンルーム

ファミリー物件は住宅設備が豪華になりやすく、設備投資に大きな資金を必要とします。ワンルームマンションならキッチンや浴室などの設備投資が抑えられるので、多くの資金を確保できないサラリーマン向けです。

 

・購入資金が少ない中古がおすすめ

新築マンションと比べ数年経過したマンションは、2~3割ほど価格が下がります。価格が下がれば利回りが高くなるので、収益性が高まるでしょう。中古でも昭和56年以前のマンションだと耐震性能を満たしていない物件も多いため、避けるのがおすすめです。

サラリーマンが不動産投資の情報を学ぶコツ

・書籍を活用する

不動産投資の書籍は1,000円~2,000円程度で売られています。高額なセミナーなどに参加する費用がないなら、最初は書籍から知識を得るようにしましょう。実際にサラリーマン大家になった人の書籍や、税理士やファイナンシャルプランナーなどプロの目線で書かれた書籍もあります。書籍は幅広い知識を得るためにおすすめです。

 

・セミナーに参加する

セミナーに参加するメリットは、講師に直接質問できることです。また、文字で読むより耳で聞いて目で見るほうが、何倍も情報の吸収量が違います。費用が足りない方は無料のセミナーから始めて、物足りなくなったら有料のセミナーに参加すればいいでしょう。

・不動産業者から話を聞く

不動産投資を始めるには、物件を購入しなければなりません。不動産業者に直接足を運んで話を聞くだけでも、知識を得ることができます。上手いセールスに乗せられて物件を買わないようにしながら、知識を得ていきましょう。

 

・ネットで情報収集する

不動産投資に活用できる情報は、ネットでも得ることができます。大手の不動産情報サイトをのぞいて、実際に売られている不動産を比較してみましょう。地域によっても販売価格が違うことがわかります。利回りが記載されている情報も多いので、気になる物件があったら自分でもシミュレーションしてみるのがおすすめです。

サラリーマンの不動産投資情報はこちらからも確認できます。

まとめ

不動産投資といっても、サラリーマンに向いている物件の種類があります。知識もないうちに勢いで物件を買っても、失敗する可能性があるでしょう。不動産投資の情報収集は多方面から行うことができるので、無料のものから始めてみるのがおすすめです。