東京都の治験

治験をもっと身近に感じてほしい。私たちはそのような思いから事業をスタートさせました。現在では、全国の医療機関などで治験の募集をおこなっています。

私たちの特長

治験情報を全国対応!
北は北海道。南は九州まで、全国の治験募集情報を網羅しています。皆さんの健康に役立ち、ほんの少しお財布にもやさしいそんな情報サイトを目指していますので、お気軽にご登録ください。
安心対応
治験の募集に特化したコールセンターで、専門のスタッフがあなたを最適な治験に導きます。はじめての参加でご不安な方も多いと思いますが、わかりやすくご説明していますのでご安心ください。
豊富な治験コンテンツ
治験をよく知らない方から見ると、治験ってちょっと怖いイメージですよね?治験の参加前に皆さんの不安な気持ちを少しでも取り払っていただけるように、わかりやすく豊富な情報量の治験コンテンツ「治験のトリセツ」にもチカラをいれています。
簡単に探せる
「治験の募集情報は全国の病院やクリニックで募集していることが多く探すのが大変」な場合も多くありますが、自分の住んでいる地域で募集がおこなわれているかも一発検索が可能です!
簡単に探せる
「治験の募集情報は全国の病院やクリニックで募集していることが多く探すのが大変」な場合も多くありますが、自分の住んでいる地域で募集がおこなわれているかも一発検索が可能です!
治験のメリット
治験をとおして新しい病気が見つかったり、現在治療中のご病気がある方も、治験の専門医に受診することでセカンドオピニオンとして専門的な意見を聞けたというお話もよく聞きます。あなた自身の健康管理に役立つことはもちろん、あなたの家族のためにも定期的に受診することは大切なことです。また、治験は創薬ボランティアですので、未来の医療のための社会貢献となります。
治験とは?
治験は新しいお薬の有効性や安全性を確認し、厚生労働省に販売を認めてもらうためにおこなわれる、人を対象にした治療を兼ねた試験です。決して怪しいものではなく、私たちが子供の頃に打ったワクチンや、何気なく飲んでいる痛み止めなど、全ての薬はこのような「治験」をとおして誕生しています。

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/fukyu1.html

治験の体験談

女性なら経験する月経の痛み。私の場合はこれが人より強く、幼い頃から悩まされていました。その原因が子宮筋腫だったのですが、ちょうどよく治験が募集されていたので飛びつきました。最初は不安がなかったといえば嘘になりますが、ホテルのように綺麗な病院でとても権威のある専門の女性の先生に見てもらえたことが財産になりました。これからも積極的に参加してみたいと思います。
東京都墨田区在住 20代女性
はじめて友達に紹介されて入院の治験バイトに参加したときは正直戸惑っていましたが、参加してみたら意外とあっけなく終わってしまい。謝礼ももらえたのでよかったです。ネット上にはいろんな情報が出回っていますが、今年から社会人になってなかなか参加機会がありませんが、有給消化などもらえるようになったら隙を見計ってまた参加したいです 笑
東京都足立区在住 30代男性
はじめて友達に紹介されて入院の治験バイトに参加したときは正直戸惑っていましたが、参加してみたら意外とあっけなく終わってしまい。謝礼ももらえたのでよかったです。ネット上にはいろんな情報が出回っていますが、今年から社会人になってなかなか参加機会がありませんが、有給消化などもらえるようになったら隙を見計ってまた参加したいです 笑
東京都足立区在住 30代男性

よくある質問

POINT

みんなが気になる治験に関する疑問

質問:ハーフやクォーターですが、登録出来ますか?

回答:もちろん、ご登録いただけます。しかしながら、ぺいるーとでご紹介しているモニター(治験や臨床試験など)のほとんどが、日本国籍の日本人の方を対象としているため、外国籍の方やハーフ・クォーターの方は、ご参加頂けないモニターが多いことを予めご了承ください。

 

質問:未成年(20歳未満)ですが登録できますか?

回答:はい、ご登録頂けます。しかし、入院タイプの治験などはすべて20歳以上の健康成人を対象としているため、高校生などはご参加いただくことはできません。通院タイプの持病をお持ちの方の治験やワクチンの治験などは未成年を対象としたものもございますが、その場合には保護者の同意も必要となります。因みに19歳の方の場合でも、事前検診までに20歳を超える場合は問題なくご参加頂けます。


質問:地方(遠方)からでも治験に参加できますか?

回答:健康成人向けの入院の治験の場合、関東・関西・札幌・福岡以外の都道府県からの参加はできない事が多いでしょう。その理由として、合否に関わらず事前検診の謝礼が3,000円程度しか出ず、それ以上かかる場合にはご自身の負担となってしまうことや、治験参加中や参加後に何か緊急事態があった際に、遠方の方だと適切な処置ができないいう、被験者保護の観点からもやはり遠方の方よりは近隣の方が優先される傾向にあります。

稀に募集人数が定員に足りない場合には、遠方からの参加に特別支給が出て、「事前検診参加謝礼として15,000円まで出ます」などということはありますが、それもかなり限定的です。持病をお持ちの方向けの通院タイプの治験に関しては、日本全国のクリニックや病院でおこなわれる事が多い為、この限りではありません。


質問:生活保護を受けているのですが、治験へ参加出来ますか?

回答:ほとんどの場合、治験への参加はいただけません。負担軽減費は収入の一部とみなされ、生活保護の適応を除外されたり減額になる可能性があります。また、もし治験や健康食品・化粧品などのモニターで参加が可能な場合でも、各自治体の福祉課などに事前に確認していただく必要があります。

東京都で募集している治験

東京都の治験事情

首都で最も人口が多い東京では治験の募集もとても多く、23区内はもちろん、調布市や府中市、清瀬市など23区以外の地域でも多くの治験が募集されています。

健康食品や化粧品、健康な男性対象の入院や病気の方を対象としたものなどその種類もさまざまですが、比較的健康な男性を対象とした入院の募集が多いのが特徴です。

また持病がある方を対象とした治験も多く、東京医科歯科大学医学部附属病院や東京都済生会中央病院など大きな医療機関で独自に募集していることもあります。

東京以外にも関東で実施している治験は非常に多く、関東にお住まいの方は他県で募集している治験にも参加できるので、ご自身の通える範囲で関東全域で募集している治験の中から希望にあった地域で治験実施施設を探すことをお勧めします。

 

■東京医科歯科大学 医学部附属病院

http://www.tmd-ac.jp/clinical_test/index.html

 

■東京都済生会 中央病院

https://www.saichu.jp/about/division/clinical-trial-center/chiken-kanri/inaction/

SNS