なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

フラップレス手術とは?
メリットやデメリットについても見てみよう

近年、フラップレス手術という言葉を聞くようになりました。フラップレス手術とは一体何なのでしょうか。今回はメリットやデメリットも合わせて紹介していきます。これからインプラント治療を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

フラップレス手術とは

フラップレス手術とは一体何なのか、こちらではさまざまな特徴について見ていきましょう。近年はデンタルクリニックも積極的に一般インプラント手術からフラップレス手術に切り替えているようです。

・メスを使わないインプラント

フラップレス手術の最大の特徴はメスを使わないことです。今までのインプラント手術では、メスで切開をするためどうしても患者に負担が大きい治療でした。しかし、メスを使わずにパンチやバーなどで歯茎に小さな穴をあける治療法のフラップレス手術は患者の負担を最低限に抑えることに成功しました。

・治療期間が大幅に短縮できる

通常のインプラント手術では、術後2週間以内で抜糸が必要となり最大半年で2次手術が必要とされていました。しかし、フラップレス手術では切開や縫合がないので抜糸の必要がなく、2次手術もほぼ不要と言われています。

・患者への負担が少ない

フラップレス手術の特徴は、切開がないことで患者の負担が少ないことでしょう。例え、小さな切開であっても歯茎を切るため出血や腫れ、痛みなどで患者の負担は大きいものでした。フラップレス手術は切開を省くことで、それによって引き起こされる炎症などもありません。

フラップレス手術のメリット

フラップレス手術のメリットについて見ていきましょう。近年、インプラント手術と言えばフラップレス手術を提案されることが多くなってきました。提案されて悩む人もいるでしょう。そういった人たちはメリットを見て検討してみてはいかがでしょうか。

・歯茎を切らない

先述したように歯茎を切らないのは最大のメリットと言えるでしょう。切開することによってインプラント治療が成功してもしばらくは痛みなどに悩まされます。中には痛み止めなどを飲んで胃を傷めてしまうという2次被害もあったのです。

・腫れや痛みを軽減できる

切開をしないので、腫れや痛みを軽減できるメリットがあります。フラップレス手術も歯茎に穴をあけるのですが、メスで切開するほどの腫れや痛みは出てきません。そのため、痛みに弱い人でもインプラント治療を受けられるのです。

・出血が少ない

インプラント治療においての出血は切開によるものがほとんどと言われています。そのため、切開を必要としないフラップレス手術では出血を最低限まで抑えることができます。インプラント治療では、出血面が問題視されて歯の状態は良くてもインプラント治療を受けられない人もいました。フラップレス手術ができたことによって、そういった人たちもインプラント治療を受けられる可能性が広がってきたのです。

フラップレス手術のデメリット

メリットが多いフラップレス手術ですが、実はデメリットもあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

・施術できる歯科医が限られている

フラップレス手術は施術できる歯科医が多くなっていますが、それでもまだ取り扱っていないデンタルクリニックもあるようです。地域によっては周辺のデンタルクリニックでフラップレス手術が行えない場合もあると言われています。

・検査時にズレが起こる可能性もある

フラップレス手術は切開をしないため、骨を直視しません。そのためCTスキャンやコンピューターなど機器を使用する特徴があります。しかし、機器によってはズレが生じることもあるので、神経を傷つけてしまう場合もあるのです。このリスクを回避するためには、検査を念入りに行ってくれるデンタルクリニックを見つけなければいけません。

・誰でもフラップレス手術を受けられるわけではない

フラップレス手術は施術を受けたい人全員がしてもらえるわけではありません。高口内環境、歯茎の状態などによっては断られるケースもあるようです。特に歯槽膿漏などで歯茎が弱っている人は施術を受けられない可能性があります。しかし、自分で思い込んでしまうよりしっかりと検査をしてもらった方が確実と言えます。

 

もし、フラップレス手術ができなくても他の施術方法で治療をしてもらえることがあるので、決してあきらめないようにしましょう。

他にもフラップレス手術について知りたい人は、こちらをクリックしてみてください。

まとめ

フラップレス手術はメリットとデメリットがあります。基本的にはメリットの方が大きいので、自分が施術を受けられるかどうかも含めて相談をしてみてはいかがでしょうか。フラップレス手術を行う時は、しっかりと実績と知識が豊富な歯科医にお願いしましょう。インターネット上ではデンタルクリニックの評判なども書かれているので目安になります。