未知の世界へ飛び出してみよう!!

サウジアラビアトリップ

日本人の行かない国をお探しならサウジアラビアへ
オンラインで簡単に観光ビザが取得!
砂漠の国、ナツメヤシの国、ゴールドのお買い得の国へ是非お越しください!

サウジアラビア西海岸はスキューバダイビングの穴場!
紺碧の海が広がる紅海。
世界文化遺産見学、砂漠サファリなども楽しんでみよう
ジェッダの街には、沢山の芸術的なモニュメントが作られています。これは、地球儀ですが、他にはランタンや海のウェーブや自転車、抽象的なデザインなど様々なものがあります。
のどかに草を食むラクダたち
ラクダの群れは、都市から都市への車で移動中、肉眼で車道から見える(見つけられる)距離にいます。ベドウィンの人たちがラクダや羊などを放牧しているのです。
サウジアラビアで一番美しい砂漠「ルボアルハリ砂漠」
砂漠サファリは、4輪駆動の車で、どこまでも地平線に続く砂漠をかけ走り、目的地のテントに着きます。
夜は、満点の空の下でアラビア料理とアラビアコーヒーのディナーで舌づつみをうちます。

サウジアラビアで一番美しい砂漠「ルボアルハリ砂漠」
砂漠サファリは、4輪駆動の車で、どこまでも地平線に続く砂漠をかけ走り、目的地のテントに着きます。
夜は、満点の空の下でアラビア料理とアラビアコーヒーのディナーで舌づつみをうちます。

マダーインサーレハは、中東の世界遺産人気ランキングで4番目に入ります。ランキング2番目のヨルダンのペトラ遺跡と似ていますが、それもそのはず、ペトラを創った同じ民族のナバテア人の手によるものです。

アル・ウラにある「マダーインサーレハ」の遺跡を実際に見学した人のレビューがありますのでご紹介しますね。

Y.M.さんの世界遺産「マダーインサーレハ」の感想です。

観光で訪問したのは、「※Tantora Festival」が開かれていた2019年2月です。
Y.M.さんは、ヨルダンの「ペトラ遺跡」を以前、訪問していて、その遺跡と「マダーインサーレハ」を比較されています。

「ウラ地区に足を踏み入れると、砂漠の中にそびえ立つ砂岩の山々やその気候が、ヨルダンのペトラ遺跡の環境に非常によく似ていて、ペトラから逃れたナバティア族がこの地に同文化構築を求めた理由が分かるような気がします。 この地にある世界遺産マダーイン・サーレハはペトラよりも保存状態が良いと思います。何故なら、イスラム教の聖地メッカがあるこの国で、墓を崇める異教徒文化の墓石群遺跡は、コーランに記されている罰を受けた民が住んでいた場所でもあって、今まで忌み嫌われ、人々があまり寄り付かなかった事や、観光開発をつい近年まで行っていなかったサウジ国内だったからではないでしょうか。2030年サウジビジョンへ向け、ウラ地区は細部の公共施設整備が必至の観光開発過程ですが、今のところ、冬場の週末のみ開催されるTantora Festival は、観光と世界的音楽コンサートがセットで楽しめ、一般公開される前の稀有な世界遺産をプライベートツアーで独り占めできる体験なんて、そう滅多にはございません、、、超お薦めです!」


「※Tantora Festival」については、以下のブログを参照してください。

https://syamus.com/saudi-kanko-tantora/

ジェッダには、アーバンテックな喫茶店が沢山ありますよ。
街歩きで疲れたときに、立ち寄ると店の中は、ひんやり、爽やか(さわやか)。
大通りに面した通りには、スターバックスがあるけれど、こじんまりとした粋(いき)なお店は、住宅街を入ったところにあったりします。
申し込みは下記のボタンから