アセアン市場を見に行きませんか?

〜中古車・アフタービジネスのアセアン進出をご支援します〜

お問い合わせ

現地でのネットワークがなく、誰に頼めば良いのかわからない。現地の商習慣がわからない。アジアの中古自動車・アフタービジネスになぜ参入を実現できているのか?

その秘密は・・・担当者が持つ『3つの価値の提供』にあったのです!

約8割が日本車シェアのアセアン地域は、自動車の新車市場について長く注目をされています。日本からも多くの自動車関連企業が進出をしております。また、AEC(アセアン経済共同体)によりヒト・モノ・カネの自由化が実現し、6億人の巨大市場が誕生いたします。

このような市場が誕生するにもかかわらず、アセアンにおける中古車・アフター市場は、流通システムが整備されておらず、さらに統計的データもないために市場を把握する情報が極端に少ないのが現状です。

アセアンプラスコンサルティングでは、日本ナンバー1の中古車企業ガリバーインターナショナルの海外事業部でアセアン進出を担当していた川崎大輔が、3つの価値を提供し、中古車・アフターマーケットビジネスのアセアン進出をご支援いたします。

『百聞は一見にしかず』、まずは現地をご案内させていただきます。皆さまはアセアンにどのようなイメージをお持ちでしょうか?日本が親、アジアが子というような見方はすでに変化しています。当然、日本のすばらしさも多くございますが、日本人がアジアから学ぶことはたくさんあると感じています。中でも重要なものが、「活気」と「変化のスピード」です。日本から失われてしまった、より良い生活をしたいと思う人々の素朴な意欲がこれらの根源にあることは間違いございません。

効率的にアセアン自動車市場の全貌を把握しながら、消費意欲あふれるアセアンの市場を攻略していくのに必要な生の情報を一緒に得てまいりましょう。

アセアン自動車市場の同行視察

タイ
市場視察

『アジアのデトロイト、アセアン最大規模の自動車生産、成長を続けるタイアフターマーケットの全貌を知る。』

タイ人の所得の向上とともに、「安かろう、悪かろう」から「多少高くても品質重視」と考えがシフトし、「日本製品がほしい!」という層が確実に増えています。この魅力的なマーケットを攻略していくための現場の情報を入手するのが視察の目的です。

タイ視察
ムービー

マレーシア
市場視察

『アセアン最大の中古部品市場であり、アセアン2番目の中古車輸出マーケットの規模を見る。』

中古車販売店から中古車部品集積場のようなミクロまで、幅広いマレーシア自動車関連の見識を得ることができます。マレーシアの自動車アフターマーケットのリアルな現場の空気を肌で感じていただき、貴社のマレーシア進出の参考にことが目的です。

マレーシア
視察ムービー

インドネシア
市場視察

『アセアン最大2.5億人の人口とタイの新車販売台数を抜きアセアンの盟主となった市場の可能性を感じる。』

日系メーカーのシェアが95%を超える親日的なインドネシアは、日系企業にとって大きなビジネスポテンシャルを持つ市場であることは間違いありません。ビジネスチャンスはどこにあるのか?可能性について感じていただくのが目的です。


インドネシア
視察ムービー

ベトナム
市場視察

『TPPへの参加で最も有利になると言われているベトナムの自動車市場を理解する。』

2015年の自動車販売台数は55%増と拡大。2030年までには人口も1億人を超えると予想され大きな自動車市場拡大が見込まれています。現地に足を運び、自ら見聞きすることで、ベトナム自動車市場攻略のために、他で得られない確かな情報を得ることが目的です。

ベトナム
視察ムービー

ミャンマー
市場視察

『アセアン最大の中古車輸入国、ミャンマーはこれからどのように変化をするのか自ら判断をする。』

「アジアのラストフロンティア」と呼ばれて注目を集めていたミャンマーで、ここ数年で自動車市場に大きな動きがありました。変化は常に新たなビジネスチャンスを生み出します。中古車市場は飽和なのか?新車市場はどれくらいのスピードで広がるのか?整備業界はブレイク寸前なのか?などの疑問に、ご自身で判断いただきビジネスチャンスを掴み取るのが目的です。

ミャンマー
視察ムービー

スリランカ
市場視察

『アセアン周辺国で中古車輸入単価が最も高いスリランカ、多くの優位性を保つハイブリッド車王国のネットワークを掴む。』

内戦からようやく解放され、地理的優位性、外資手つかずの小売市場、親日的な国民性により日系企業による自動車アフタービジネスの可能性が広がっています。地場企業とのネットワークを早期に獲得し、先行者利益獲得が可能性を見つけるのが目的です。

スリランカ
視察ムービー

同行市場視察させていただいたお客様の声が届いております。

  • お客様の声

    現地市場調査及び、この同行コンサルをお願いしタイの自動車アフターマーケットの現状を知ることができました。

    百聞は一見に如かず。実際にみて、感じて、発する考え、言葉には迫力が増しますね。とても、素人では見聞き出来ないもの、ことを知ったことで、今後の海外ビジネスのおおきな一歩となったと確信してます。

    マクロから、中古車部品の集積場のようなミクロまで、レイヤーに富んだ見識を得ることができて非常に有意義でした。タイのカスタマーがどうして年収以上の中古車を購入するのかという問いに対して、リアルな現場の空気感を嗅げたことが最も意義深かったです。

    これはきっと、机上で数字とにらめっこするだけでは出てこなかった解でしたし、それこそが現地に足を運び、自分で見聞きする価値だと思います。凄く良い時間でした。

  • お客様の声

    本当に価値のある情報と経験を得られていること、大変感謝致します。まさに我々とアジアの架け橋ですね。

    仰る通りで実際訪問して得難い情報を得ただけでなく、ビジネスをより推進するための強いインパクトを受けたこともまた一つの大きな価値に思います。

    直に触れた情報は、何百万円をかけて得られるデータよりも価値のあるものでした。構造的に数字で整理することも大事ですが、潮流が常に変わるこのASEANについてはマーケットにいる業者が次に考えていること、カスタマーの行動・思考、これらを自分でどう感じ、今後どうレスポンスするかということの方がよほど価値のあることに感じました。

  • お客様の声

    他の調査会社/コンサルタントと比較して圧倒的に強みだと感じた。

    -川崎さんに紐づく強固な人的ネットワーク

    -Asean各国をまわり足でかせいだ幅広い情報/知見

    -外国人相手に実際にビジネスを行った結果に照らした、海外での高いコミュニケーション能力

    -現地環境を把握したうえでの将来予測とビジネス展開仮説

『3つの価値の提供』

圧倒的な現地情報と人的ネットワーク
Local Infrmation and
Wide Human Networks

詳しく見る(コラムへ)

現実的なビジネス展開アドバイス
Realistic Business
Development Advice

詳しく見る(FBへ)

きめ細かなサービス
Deep Help and Service

詳しく見る(HPへ)

アセアンプラスコンサルティング代表

川崎大輔(Daisuke Kawasaki)

香港の会社に就職後、アジアに8年駐在し、日本に帰国。ベンチャー企業の経営企画を経て、大手中古車企業のガリバーインターナショナルで海外事業部の立ち上げ、アメリカ事業、インド事業、タイ事業の立ち上げと海外事業を担当。2015年半ばよりアセアンプラスコンサルティングにて日系企業のアジア進出をサポート。 
                             
経済学修士、MBA(経営学修士)、京都大学大学院経済学研究科東アジア経済研究センター 外部研究員

詳しく見る

【会社概要】アセアンプラスコンサルティングとは、アセアン進出を検討している中古車・自動車アフタービジネスの経営者、および海外事業担当者に対して個別案件の提案・提供をしています。サービス内容は、現地視察コーディネイト、コンサルティング、市場調査、パートナーマッチング、現地法人設立支援、セミナーなどがあります。どのような案件ででもご相談をいただければ最適なアイデアとソリューションをご提案させていただいます。