家相が運気を変える!理想的な間取りを教えるよ!

日本には昔から陰陽道などの占い文化がありますし、戦の前には勝敗の占いを行っていたという話もあります。現在でも日本人は占いが好きな人が多いですし、風水を気にする人もたくさんいるので、家相について気にしている人も多いでしょう。そこで家相についての情報をいろいろと見ていきたいと思います。

運気が変わる?家相とは

・家相とはどのようなものなのか

家相と言われても、何のことかよくわからないという人もいるでしょう。家相というのは家の間取りや土地などを見て、住人の運勢がどのようになっているのかを占うことです。風水にもよく似ているのですが、異なっている点もあります。

・風水と異なっている点

風水は方角と色がメインになっているのに対して、家相はどのような土地だったのか、どういった間取りになっているのかが重要になるのです。同じ家についての占いなのですが、焦点を当てているところが異なっています。実際は家相も風水も両方気にする人が多いと言えるでしょう。

理想的な間取りを実現するには「鬼門」は絶対避ける!

よく鬼門という言葉を耳にすることがあると思いますが、鬼門とは何のことなのでしょうか。鬼門というのは方角を指す言葉で、北東を指しているのです。よく北枕はよくないと言われることがあるでしょう。これは頭を鬼門の方向に向けるのを避けるために使われていました。家相では鬼門の方向に玄関や窓のような入口になる物、水回りを作るとよくないと言われているのです。

では、鬼門の方向に玄関や窓、水回りがあると何がいけないのでしょうか。鬼門というのは外敵と強風を意味しています。ようするに北東方向に玄関や窓があると、そこから外敵が侵入すると言い伝えられてきました。北東から外敵が家の中に侵入しないようにという意味があるのです。ただし根拠があるわけではないので、あくまで縁起担ぎと思うべきでしょう。

家相を意識すべき間取り8つ

家相を意識するとキリがありませんが、全てを意識する必要はありません。中でも8つ意識するべき重要な点があるので見ていきましょう。その8つというのは方角ことです。この8方位をしっかりと抑えておけば、運気の下がるような間取りにしてしまうことはないでしょう。まずは北ですが、北は社交性の方位と言われています。経済的な安定をもたらす方角ですが、欠けが生じて家相が悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

北東は先ほど紹介した鬼門です。東は発展や希望を象徴する方位になるので、家相では吉だと言えるでしょう。そして南東の方角が最もよいと言われています。特に出入り口が南東にあるのが最適です。南は精神力を高める方位と言われています。南西は裏鬼門と呼ばれており、力があふれてくる方角です。ただし火や水は厳禁なので注意しましょう。西は全てに総じて運がよくなります。

ただし経済的な破たんをもたらすこともあるので、油断しないようにしましょう。北西は社会的な地位を得られる方角と言われています。このように8方位にはいろいろな意味があるので、現在自分の置かれている状況に応じて間取りを検討してみましょう。ただし、プラス面だけではなく、マイナス面も必ず存在していることを忘れてはいけません。
玄関の間取り
玄関は入り口なので、外からいろいろな物が入ってくる場所になります。そのため、強い風や外敵が侵入すると言われている鬼門の北東は当然最も悪い方角です。逆に吉の方位と呼ばれている方向にすれば、よい気が入ってくるので最適だと言われています。その方向が南、南東、東です。ただし、玄関が汚れていると陰の気が溜まりやすくなるので、常にきれいな状態を維持しておくことが理想です。
リビングの間取り
リビングは家族が集まる場所でもあるので、日が差し込んでくることが大切です。よって最もよい方角は南になります。逆に年中日が差し込まない場所はよくありません。南でも光が差し込まない間取りはよくありませんので、方角よりも間取りを重要視しましょう。天井を高めにしておき、照明は若干控えめにしておくことや、観葉植物を置くとよいと言われています。家族がまとまる場所なので、気のバランスが崩れると家族の関係が悪くなることもあるでしょう。
寝室の間取り
寝室は名前の通りに寝る場所なので、疲れを取って体力を回復するところになります。そのため、西日が当たって熱がこもるのはよくないと言われていることから、西側は避けましょう。北や東がよいと言われているのですが、寒い地域に住んでいる人は北も避けるべきでしょう。よく北枕はよくないと言われていますが、家相や風水ではそうでもありません。寝室のカーテンは青や緑にすると気持ちが落ち着いて眠りやすくなるのでおすすめです。
子ども部屋の間取り
子供部屋は方角や間取りよりも、気の流れを重要視しましょう。気の流れをよくするためには、水晶を設置するのがよいと言われています。また、風通しがよくて日の光がしっかりと入り込む方がよいので、方角的には南がよく、北はあまりよくありません。子供は健康維持がとても重要になるので、常に清潔で見栄えのよい状態にしておくのがよいでしょう。そのため、白を基調とした部屋がおすすめできます。
寝室の間取り
寝室は名前の通りに寝る場所なので、疲れを取って体力を回復するところになります。そのため、西日が当たって熱がこもるのはよくないと言われていることから、西側は避けましょう。北や東がよいと言われているのですが、寒い地域に住んでいる人は北も避けるべきでしょう。よく北枕はよくないと言われていますが、家相や風水ではそうでもありません。寝室のカーテンは青や緑にすると気持ちが落ち着いて眠りやすくなるのでおすすめです。
キッチンの間取り
集合住宅などでは、キッチンが西側にあることも多いのですが、実は西側にあるのはあまりよくありません。夏場は西日が当たって熱くなり、食欲を減退させるからです。逆に東や東南の方向は吉と言われています。キッチンは火と水を使う場所なので、陰と陽のエネルギーの両方が集まる場所です。そのため、空気の流れをよくしておくことで、溜まった悪い気を出すことができるでしょう。足を温めておくことで、健康維持に繋がります。
トイレの間取り
トイレは陰の気が溜まる場所と言われています。風通しも悪い上に、人間の体の中にある不要な物を流す場所でもあるでしょう。方向の良し悪しにあまり関係ないので、鬼門の方向に設置されることもよくあるのですが、重要なのは常に清潔な状態にしておくことです。トイレには換気扇が設置されていることが多いので、換気扇を頻繁に使用して、悪い気を外に出すように心がけましょう。小窓が付いている場合には、できる限り開けておくべきです。
風呂の間取り
風呂は温まる場所であることから、寒い風が吹く北側は避けるべきでしょう。逆に暖かい風が吹く南ならよいのではと思う人もいるでしょうが、実は東や西が最適と言われているのです。特に東は朝日が入る場所なので、健康運を運んでくれる方角とされているのです。できればすりガラスなどの窓を設けておくと、明るくて風通しがよく、カビの予防ができるので最適でしょう。
洗面所の間取り
洗面所は基本的に風呂場と同じと考えて問題ありません。特に集合住宅では、風呂場と洗面所が一緒になっているのが一般的ですし、トイレも一緒になっているユニットバスもあります。よって基本となるのは風通しがよい場所と、明るく保つことが重要になります。窓がない場合も多いので、換気扇を回して頻繁に掃除を行い、きれいにすることで嫌な気を避けることができるでしょう。
風呂の間取り
風呂は温まる場所であることから、寒い風が吹く北側は避けるべきでしょう。逆に暖かい風が吹く南ならよいのではと思う人もいるでしょうが、実は東や西が最適と言われているのです。特に東は朝日が入る場所なので、健康運を運んでくれる方角とされているのです。できればすりガラスなどの窓を設けておくと、明るくて風通しがよく、カビの予防ができるので最適でしょう。

家相を意識した間取りプランをプロに依頼しよう!【無料】

間取り図は自分で作成することも不可能ではありません。実際に無料で使用できるソフトもあるのですが、家相を意識して作成するとなると、素人では難しいでしょう。そこで家相を意識した間取り図を作成する場合には、プロに依頼するのがおすすめです。普通のプロであれば、家相や風水を意識した間取り図の作成も可能ですし、このような知識も持っているのが一般的です。そのため、家相を意識して作成してもらいたいと頼めば、しっかりと対応してくれる場合が多いでしょう。しかも無料で行ってくれる場合もあります。

タウンライフ家づくりはプロが作る間取りプランが無料

どこの住宅メーカーを利用したらよいのかわからない場合には、まず一括資料請求をするのが一般的です。この場合、住宅建設に関する案内や、このような商品を取り扱っているという内容の資料のみが届くのが一般的です。しかし、タウンライフ家づくりという業者を利用した場合、間取りのプランやどれぐらいの費用が必要になるのかという情報、さらい土地に関する情報も得ることができるのです。

間取り図の作成も、家相を重要視した家がよいと希望を伝えておけば、その通りの間取り図を無料で作成してくれます。このようなサービスを実施している住宅メーカーはそれほど多くはないので、利用して損はないでしょう。もちろん住宅設計のプロが作成するので、本格的な間取り図になっていますし、気に入ればそのまま家づくりに利用することもできます。

まとめ

家はとても高い買い物なので、とことんこだわって自分が納得いくような家を建てるべきでしょう。そのためには家相も頭に入れておくべきです。家相についてよく情報収集を行い、安心して任せられる業者を選ぶ必要もあるでしょう。どうしても家相についてよくわからないという場合でも、業者に家相を意識した間取り図を作ってほしいと言えば、応じてくれるところを選べば問題ありません。