家相の基本は玄関から!運気を上げる位置・向きなど徹底解説!

家の入り口となる玄関は、いろいろな物を家の中に入れてしまう場所とも言われています。

そのため家相や風水でも玄関の位置は最初に決めてから間取りを決めるべきというのが定番です。

家の顔とも呼べるところなので、家相を意識した玄関はどの位置にすればよいのか、どの向きにするのがよいのかなどを解説していきます。

これから新築を建てるという人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

家相は玄関の位置から考えること

家相では最初に玄関の位置を決めるのが最適だと言われています。なぜなら家全体の運気を決める場所だからです。

そこで家相から見ると、玄関とはどのような役割を持っているのか、どれぐらい運気を左右するのかを見ていきましょう。

玄関は南東がベスト

玄関は運気の入る場所なので、よくない方角に設置すると、マイナスのパワーで満ち溢れてしまいます。逆によい方角に設置すれば、プラスのパワーで満ち溢れます。

最もよい玄関の方角というのは吉の方角であり、最もよくないのは凶の方角です。

凶の方角というのは、北東と南西です。吉の方角は北西、東、南東、南になります。

その中でも南東が最適と言われていますが、この方角は外交的なパワーが得られるので、社会的信用を得られる方角になっています。

玄関は家の土台とも言われているので、全ての運気が左右すると言えるでしょう。

家相と玄関。避けるべき位置や向きなど

避けるべき玄関の位置、方位は鬼門・裏鬼門の北東と南西

玄関を作るときに、避けなければいけない方位というのは、鬼門である北東と、裏鬼門と言われている南西になります。

鬼門や裏鬼門というのは、鬼が出入りする場所と言われています。陰陽道でも忌む場所と言われているので、やはり風水的にも家相的にも避けるべき方位なのです。

正中線、四隅線の上に玄関を作らない

玄関は正中線や四隅線の上に作らない方がよいと言われているのですが、まず正中線や四隅線とは何かを解説させていただきます。

正中線というのは東西南北、四隅線というのは北東に北西、南西に南東を指します。これではどこにも玄関が作れないと思うでしょうが、これは家の中心から見て、正中線や四隅線の上に玄関を設置しないという意味なのです。

よって方角という意味でないので、間違えないようにしましょう。家の中心から少しずらして吉の方角に玄関を作るのがよいと言われているのです。

間取り図を見れば家の中心がわかりますが、中心部から八方位上を避ければ特に問題はありません。

家の欠け部分に玄関は作らない

家というのは必ずしも真四角ではありません。出っ張っている部分もあれば、へこんでいる部分もあるのですが、出っ張った部分を張り、へこんでいる部分を欠けと呼ぶのです。

家相や風水では、張りは吉、欠けは凶と言われているので、欠けの部分には玄関を作らないように注意しましょう。特に鬼門や裏鬼門の欠けは、最も忌む場所とされているのです。

玄関の家相と方位

北、北東、北西

北の位置に玄関がある場合には、無難な位置と言われています。よくもなく悪くもないので、あえて北方向に玄関を設置する人もいるでしょう。

北東は知っての通りに鬼門と呼ばれる方角になるので、最も玄関を設置してはけない方位です。特に仕事面に影響が出やすいと言われています。では、鬼門の方角に玄関がある場合には、どのようにすればよいのでしょうか。

まずは玄関を清潔に保つことです。そうすることで嫌なパワーが入ってくるのを制御することができるでしょう。もしくはヒイラギを植えるという方法も効果的です。

鋭いトゲをもつヒイラギが邪気を通さないようにしてくれると言われています。北西はよい方角なので、好んで玄関を建てる人が多いと言えるでしょう。

南、東南

南や南東の方角は、玄関を設置するのには最適な方位です。特に南東は最高の方位なので、設計をするときには南東の方角を選ぶ人も多いと言えるでしょう。

社交的な方位とも言われているので、仕事の成功率もプライベートの充実性も高くなります。南は仕事運が強くなると言われているので、仕事で成功したいと考えている人には最適でしょう。これといった対策も行う必要はありませんが、清潔な玄関にしておくことは大切です。



東の方角も比較的よい方位だと言われています。正中線上を避ければ特に問題はないでしょう。最初はあまりよくない場合もありますが、徐々によい方向へ向かいと言われています。

焦らずに堪えることも必要になるでしょう。東の方角は後継ぎという意味もあるので、子供が欲しい家族は東側を玄関に選ぶことがあります。

西、南西

西に玄関を設置するのはよいと言われています。社交性が強くなる方位と言われているので、たくさんの友人とプライベートを過ごしたいと考えている人には最適でしょう。

ただし、金銭面では若干気運が下がってしまうので、あまり見栄を張らないようにしましょう。南西の方角は裏鬼門と呼ばれており、玄関を設置するべきではない方角になります。

努力をしても報われないことが多く、無駄に終わってしまうことが多い方角になっています。対処法は鬼門である北東の方角と一緒です。

清潔にするのは当然として、鬼門除けの札を使用するという方法もあります。方位除災符というのが陰陽師では用いられていました。

運気を上げる家相による玄関の位置(方位)

家相で運気を上げるには、結局どの方向がよいのかというと、最適なのは南東の方角です。南東は社交的な方位というだけではなく、仕事運も高める方角にもなっています。

社交的で仕事運が上昇すれば、当然金運もあがってくるでしょう。日当たりもよいですし、朝日も当る場所になる上に、夏場の熱い夕方の日差しも避けることができます。

明るい玄関はよい気が流れ込むので、プラスのパワーが家全体に入り込みます。

玄関の上、周りに配置すべきでない間取り

玄関の上に風呂や寝室は避ける

玄関の上には風呂を配置するべきではないと言われていますが、風呂だけではなく、トイレなどの水回りは玄関の上に設置してはいけません。

その理由としては、2階に水回りを置くのは凶相と言われているからです。よって玄関の上だけではなく、必ず水回りは1階に配置するようにしましょう。また、寝室も玄関の上は避けるのがよいと言われています。

寝室は人間が寝る場所であり、横になることで大地のエネルギーの吸収が強くなると言われているのです。それに対して玄関はいろいろなエネルギーが出入りする場所でもありますし、道路に最も近い場所に設置されます。

玄関と寝室が近いと、車の排気ガスや音、人間の話し声などが聞こえやすくなり、ストレスが溜まってしまうのです。玄関と寝室は全く別の場所なので、真上には設置するべきではありません。

玄関の正面にトイレ、階段などは避ける

よく玄関の正面に階段を設置している家があります。これはあまりよくないと言われているのです。玄関はいろいろな気が入り込む場所なので、階段が正面にあると、マイナスエネルギーを家の中に散乱させてしまうからです。

よって階段は玄関から少し離れた場所の横に設置するのがよいでしょう。他にトイレも玄関の正面は避けるべきと言われています。

それは玄関からよいエネルギーが入り込んできても、それを拒んでしまうと言われているからです。しかも健康運を下げるとも言われているので、やはり避けるべきでしょう。

疲れた状態で家に帰ってきて、玄関を開けたらトイレが見えるという状況を想像してみると、決してよい気持ちにはなりません。玄関やトイレは清潔にすることも大切です。

まとめ:家相の間取りはプロにお任せ!

家相を考慮した間取りにしたい場合、素人ではどうしても無理があります。このような場合、やはりプロに設計してもらうのがよいでしょう。

間取りの設計を手掛けている人の場合、家相や風水に詳しいのが一般的です。ただし、何も依頼者のアイデアがない状態では難しいので、依頼者側もある程度は提案をしておくべきでしょう。

家相を意識した間取りをプロが無料で作成するサービスがありますので、ぜひご活用ください。

※完全無料・お断り自由