火災保険申請のサポート業者を徹底比較!安心して依頼できて得する優良業者は?

この記事では火災保険申請サポートを提供している業者情報についてまとめています。
  • 業者を比較、検討する際のポイント
  • 悪徳業者に騙されないための注意点
  • 火災保険の申請サポート業者を比較
  • 悪徳業者に騙されないための注意点
など書いていますので、よければ参考にご覧ください。

記事の最後におすすめの優良業者と、当ページをご覧になった方限定の特典についてもご紹介いたします。

比較ポイント


火災保険の申請サポートで大事なのは最終的に手元に残る保険金額です。

その上で誠実で誠意ある業者を選びたいですよね。

比較する際は各社のサービス紹介について次のポイントを確認することです。
  • 火災保険・地震保険に関して熟知している専門家であること、または専門機関と提携していること
  • 契約内容などを曖昧にせず、分かりやすく事前に説明してくれること
  • 申請サポート費用が30%以内であること(業界最安値水準)
  • 対応エリアが広く、調査・交通費用が発生しないこと
  • 保険請求の承認率が高くて、高額受給の実績があること
  • 保険金の支払いが完了するまで、任意の工事契約をしないこと
  • 契約内容などを曖昧にせず、分かりやすく事前に説明してくれること

悪質な業者の見分け方


火災保険申請サポートを不正に提供している悪質な業者を見分けるための注意点は次の通りです。
  • 保険申請ができるのは基本的に保険名義人のみで申請代行は不可(保険会社との契約違反)
  • 弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに申請代行する(非弁活動による弁護士法違反)
  • 無料で保険金の申請を行い補修・修繕を抱き合わせ販売する(不用品強要型の独占禁止法違反)
    • 過大な被害報告や被害捏造による申請(虚偽報告による詐欺罪)
  • 弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに申請代行する(非弁活動による弁護士法違反)

業者比較


比較・検討する際のポイントと注意点を踏まえて、

火災保険の申請サポート、アドバイスを提供している業者一覧と各情報を掲載いたします。

ぜひ参考にしてみてください。



火災保険申請ドクター

項目 内容
会社名 株式会社リンクス
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-25-29 ファザーランド高田馬場10F
代表取締役 内山 成児
設立年月日 2012年6月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の20~40%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 無料(交通費は記載なし、要確認)
対象地域 全国
工事契約 記載なし(要問合せ)
設立年月日 2012年6月
株式会社リンクスはWebマーケティングやWebサイト制作、ネット風評被害対策などの事業を行っている会社で、

火災保険申請サポート事業は依頼者と調査会社のマッチングをされているのだと思います。

記載されている費用に幅があり、保険金支払い額に応じて変わるようです。

一見、記載されている20%(税別)は「他社より安いかも」と感じますが、

実際は保険金額がかなり高額にならないと適用されないと思いますので、

一般的な一戸建て物件を依頼をした場合、保険金が数十万円程度だと割高になる可能性が高いかもしれません。



火災保険申請サポートセンター(ホケサポ)

項目 内容
会社名 株式会社TIC
所在地 〒171-0042 東京都豊島区高松2-31-11 グローリア高松102
代表取締役 不明(運営責任者:小嶋 哲矢)
設立年月日 不明
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の35%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 無料(交通費は記載なし、要確認)
対象地域 (離島等、一部地域を除く)全国
工事契約 不要
設立年月日 不明
株式会社TICや運営責任者の小嶋哲矢さんの情報はネット上で見つけることはできませんでした。

株式会社シープラスが運営している建物損害保険調査室の対談に登場していることから、

単純に情報が少ないだけかもしれませんが、Webサイトが2018年から更新されていないことや、

会社情報などがほとんど公開されていないことから、現時点では利用をおすすめできません。



株式会社ホウツキ

項目 内容
会社名 株式会社ホウツキ
所在地 〒277-0872 千葉県柏市十余二248-322-101
代表取締役 渕田 朋太
設立年月日 2015年3月
業者種別 住宅リフォーム業者
申請サポート費用 保険金支払額の20%(税別)、無責の場合は2万円
調査・交通費 2万円、遠方の場合は別途交通費が追加
対象地域 主に首都圏(東京、埼玉、千葉周辺)
工事契約 不要
設立年月日 2015年3月
株式会社ホウツキはメイン事業が住宅リフォームですが、火災保険申請のサポート事業もされているようです。

費用が保険金支払額の20%(税別)で他社と比較して破格の安さです。

一見すると対象地域なら依頼したいと感じますが、

懸念点として申請サポートに関するノウハウが不足している可能性です。

一般的に火災保険申請サポート費用が安い理由は次の2つです。

  • 保険請求の承認率が高い(高確率で受給できる)
  • 補修工事などで利益があるので安くできる

株式会社ホウツキは申請サポート費用による利益ではなく、

補修・修繕工事やリフォーム工事による利益が目的だと思いますので、

申請サポートを請け負っているのはあくまで顧客リスト獲得のためと考えられます。

無責の場合(保険金が支払われない時)は調査費用が2万円かかることからも、

前述の懸念は大きく間違いではないのかと思います。

火災保険申請サポートに関して、最終的に手元に残る保険金という観点で、

株式会社ホウツキを利用するのはおすすめできるとは言えません。



建物保険請求の窓口

項目 内容
会社名 株式会社オーシャン
所在地 〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町1-15 第二東商ビル5階A
代表取締役 三谷 豊実
設立年月日 2011年5月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 神奈川、東京、千葉、埼玉は保険金支払額の35%(税別)、その他地域は40%、無責の場合は無料
調査・交通費 無料(交通費は記載なし、要確認)
対象地域 神奈川、東京、千葉、埼玉、その他地域は要問合せ
工事契約 不要
設立年月日 2011年5月
株式会社オーシャンは、火災保険の申請サポートを専門に行っている会社のようです。

会社のホームページを拝見すると、各種情報を細かく記載されていることや、

誠実な対応を徹底している言及、国民生活センターのリンク記載など、とても誠意を感じる会社です。

申請サポートに関しては事例紹介などを拝見する限り好印象ですが、

少し残念なのが費用の高さです。

神奈川、東京、千葉、埼玉は保険金支払額の35%(税別)、

その他の地域は保険金支払額の40%(税別)がかかるため、

こちらのページに掲載している各社と比較・検討されることをおすすめします。



サイビードットコム

項目 内容
会社名 株式会社サイビードットコム
所在地 〒108-0075 東京都港区港南4-2-7-3205
代表取締役 杉本 裕典
設立年月日 2019年2月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金の支払い額に応じた定額制、無責の場合は無料
調査・交通費 無料(交通費は記載なし、要確認)
対象地域 全国
工事契約 不要
設立年月日 2019年2月
株式会社サイビードットコムは災害に備えるための情報配信や総合防災アプリの開発・運営、損害調査サービス事業などをおこなっている会社です。

アプリを通じて業務内容を可視化した透明性の高いサービス提供や、高額受給も期待できる印象があります。

申請サポートに関してはとても好印象ですが、費用面に注意が必要です。

広告では100万円の給付金を受け取れた場合30万円と記載されているため安くて魅力的に見えるのですが、

実際は保険金の支払い額に応じて費用(パーセンテージ)が変わり、

100万円未満の受給では割高となります。

  • 80~90万円未満:28万円(35~31.1%)
  • 70~80万円未満:25万円(33~31.2%)
  • 60~70万円未満:21万円(35~30%)
  • 50~60万円未満:18万円(36~30%)
  • 40~50万円未満:14万円(35~28%)
  • 30~40万円未満:11万円(36.6~27.5%)
  • 20~30万円未満:8万円(40~26.6%)
  • 10~20万円未満:5万円(50~25%)
  • 1~10万円未満:無料

過去の支払い実績を参照したところ、保険金が給付された方で40万円を超える方は全体の85%なので、多くの場合は割高になる可能性があります。

とはいえ優良業者であると個人的に感じますので、ぜひ他社と比較・検討されてみてください。



火災保険申請.com

項目 内容
会社名 株式会社CAREARC
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-34-10 House Bridge
代表取締役 亀井 聖武
設立年月日 2018年11月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の35%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 無料
対象地域 (沖縄、離島を除く)全国
工事契約 不要
設立年月日 2018年11月
株式会社CAREARCは人材マッチング事業を主事業にしながら、コストマネジメント事業や火災保険の申請サポート事業を行っている会社のようです。

申請サポート事業は依頼者と調査会社をマッチングされているかと思います。

申請サポートについて紹介されているWebサイトはAmazonギフトの特典が印象的で、

一見、お得感を感じますが、費用が35%(税別)ですので最終的に割高となります。



建物損害保険調査室

項目 内容
会社名 株式会社シープラス
所在地 〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延2-11-11
代表取締役 武藤 将
設立年月日 2010年12月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の35%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 記載なし(要確認)
対象地域 記載なし(要確認)
工事契約 記載なし(要確認)
設立年月日 2010年12月
株式会社シープラスは調査会社の仲介役でWebサイト(建物損害保険調査室)を運営されている会社のようです。

実際に調査してくれるのは一般社団法人全国建物損害調査協会です。

Webサイトは専門家による対談が印象的で、こちらも期間限定でAmazonギフト券をプレゼントしているようです。

信頼感のある印象ですが、費用面が割高なのがマイナスです。

他社と比較・検討されることをおすすめします。

火災保険申請事務局

項目 内容
会社名 株式会社アプリケーション
所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-32-4 藤原ビル5階5B
代表取締役 石葉 洋之
設立年月日 2016年3月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の40%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 記載なし(要確認)
工事契約 記載なし(要確認)
設立年月日 2016年3月
広告で目にすることがある火災保険申請事務局は、株式会社アプリケーションというWebマーケティング事業などをされている会社が運営しています。

調査会社の一般社団法人日本住宅修繕協会とマッチングしているようですが、

申請サポートのサービス面の問題以前に、費用がかなり割高なため、おすすめはできません。

現在、一般的な相場として保険金支払い額の30%(税別)が最安値基準ですので、検討する際の目安にされてください。

株式会社ONE’S BEST(ワンズベスト)

項目 内容
会社名 株式会社ONE’S BEST(ワンズベスト)
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5
代表取締役 根本 晴人
設立年月日 2007年5月
業者種別 申請サポート専門
申請サポート費用 保険金支払額の30%(税別)、無責の場合は無料
調査・交通費 無料
対象地域 離島を除く全国(沖縄含む)
工事契約 不要
設立年月日 2007年5月
株式会社ONE’S BEST(ワンズベスト)は各種コンサルティング事業をされている会社です。

火災保険の申請サポート事業は依頼者と調査会社をマッチングする形式のようです。

保険請求の承認率が高いことや、保険受給額の多さによって十分な事業利益があるため、

業界最安値水準の申請サポート費用でサービス提供できているようです。

事前に各種情報も開示されているため安心感も持てると思いますし、現時点ではおすすめできる優良業者です。

おすすめの優良業者


比較ポイントや注意点などを踏まえて、ここまで読んでくださったあなたへおすすめする会社は、

ワンズベストの火災保険申請サポートです。
現時点で、他社と比較しても総合的にサービス水準が高く、満足していただけると思います。

全国どこからの依頼でも出張費や調査費用は完全無料で、依頼者はリスクを負いません。

築1年の建物での需給実績や、無責の保険請求を再請求で約200万円受給に覆した実績など、

確かな実力を持った専門家のアドバイスが受けられます。

さらに詳細についても解説していますので、気になった方はこちらからご覧ください。

ワンズベストへよくいただくご質問


  • Q
    無料調査ということですが、本当に無料ですか?
    A
    お客様に調査費用をご負担していただくことは原則ありませんので、ご安心ください。
  • Q
    申請サポート費用が高すぎませんか?
    A
    現在の業界相場では最安値の水準で提供していますが、初めての方には費用が高いと感じられるかもしれません。

    参考として、保険請求で最も大事なことは最終的に手元に残る保険金と考えた場合、

    一般的に自己申請と比較して申請サポートを利用した方が約7倍も多く受け取れます。

    また、リフォーム業者など建築関連業者と比較しても、適切な申請サポート業者を利用した方が受給できる金額が増える傾向にあると思います。
  • Q
    調査はどのくらい時間がかかりますか?
    A
    調査の所要時間は、およそ1時間前後です。
  • Q
    被災箇所がなかった場合はどうなりますか?
    A

    被災箇所が見つからなかった場合、お客様に調査費用をご負担していただくことはありません。

    但し、被災箇所が見つかったにも関わらず、申請サポートをキャンセルされた場合は費用のご負担が発生する場合がありますので予めご了承ください。

  • Q
    どういった建物が対象ですか?
    A

    火災保険に加入済みの自己所有している全ての建物(民家、アパート、店舗、旅館、工場など)が対象です。

    賃貸や分譲マンションの場合は不可ですが、建物自体を所有しているオーナー様からのご依頼であれば対象となります。

  • Q
    どういった被災箇所が対象ですか?
    A

    火災保険は火事だけでなく風災、雪災、水災など、様々な自然災害が対象です。

    また、屋根などの特定箇所に限らず、住宅が自然災害で何かしらのダメージを受けていることが認められれば受給対象となります。

  • Q
    昨年、被災したのですが、いまからでも間に合いますか?
    A
    保険の申請期限は被災から3年以内と保険法第九十五条で定められています。

    2年前の損害に対して保険金が受給できた事例もあるのでご相談ください。
  • Q
    いま加入している火災保険は、どこの保険会社でも大丈夫ですか?
    A
    現在の業界相場では最安値の水準で提供していますが、初めての方には費用が高いと感じられる

    特に制限はありませんが、保険の内容によっては申請できない箇所もあります。

    但し、郵便局の簡易保険加入者が利用できる災害見舞トータルサポートについては当申請サポートの対象外となりますので、ご了承ください。

  • Q
    火災保険は何度でも使えるのですか?
    A
    被災するたびに申請をして被災した箇所を修繕していただければ、何度でも火災保険は使えます。
  • Q
    申請後に保険料は上がりませんか?
    A
    火災保険は、自動車の等級制度のように保険金を受け取ったら保険料が上がるということはありません。
  • Q
    損害申請についての保険金は、必ず申請した全てを修繕する必要があるのですか?
    A

    保険金支払いの目的は、建物に損害が発生した場合、その損害を原状回復するための費用を支払うものになります。

    よって修繕方法や、修繕をするしないについて、お客様が任意で選択でき、必ず修繕する必要はありません。

  • Q
    申請サポートは違法行為ではありませんか?
    A

    火災保険の申請は保険会社の規約に「保険金請求は被保険者がしなくてはいけない」と定めているため、保険加入者自身で行う必要があります。

    「保険金申請を代行する」場合、法律違反の恐れがありますが、保険金申請のサポートや、アドバイスをする行為は合法です。

    その他、違法行為についてはこちらを参考にご確認ください。

    「それって火災保険金詐欺じゃないの?」申請代行と申請サポートの違いとは

  • Q
    申請サポートは保険会社との契約違反になりませんか?
    A

    火災保険の申請は保険会社の規約に「保険金請求は被保険者がしなくてはいけない」と定めているため、保険加入者自身で行う必要があります。

    ただし、保険金申請のサポートや調査、アドバイスをする行為に関しては契約違反となりませんので、ご安心ください。

  • Q
    調査会社は信用できますか?
    A

    株式会社ワンズベストが提携している調査会社は、非弁行為を行わない、適正な損害調査しか行わないなど、誠実な対応を徹底しています。

    また、弁護士法人と提携するなどして、保険金申請額と保険金認定額の相違が起こった際、保険金増額交渉を弁護士に委任できるようなサービスを強化しながらも、追加の費用負担はなく、お客様第一の姿勢であることからも、信用していただいて大丈夫だと思います。

  • Q
    火災保険の申請代行や申請サポートってみんな詐欺じゃないんですか?
    A

    火災保険の保険申請をサポートする会社はいくつもありますが、詐欺行為を行う会社も存在するので十分に注意が必要です。

    株式会社ワンズベストの火災保険申請サポートは、情報開示や丁寧な事前説明、保険金支払い後に任意で工事契約など、利用者の立場に立ったサービス提供を行っているのでご安心ください。

  • Q
    給付された保険金は課税されますか?
    A

    住宅等が被災して受け取った損害保険金に税金はかかりません。火災保険や地震保険は受けた損害を穴埋めするのが役割です。損害の復旧を図るためのもので利益は生じないため非課税です。

    また、保険料の負担者(被保険者)と保険金の受取人が別でも、受取人に贈与税はかかりません。所得税も非課税です。

  • Q
    既に工事済みの場合でも保険申請できますか?
    A

    工事完了から 2 年以内でしたら申請可能です。ただし、次の 3 点の書類が必要になります。

    • ・工事前の被災箇所の写真
    • ・工事後の被災箇所の写真
    • ・工事費用の見積もりと領収書
  • Q
    火災保険の証券をなくしてしまいました?
    A
    保険会社に連絡して再発行の手続きを行ってください。概ね 1 週間から 2 週間ほどで再発行された保険証券が手元に届きます。
  • Q
    申請サポート費用が高すぎませんか?
    A
    現在の業界相場では最安値の水準で提供していますが、初めての方には費用が高いと感じられるかもしれません。

    参考として、保険請求で最も大事なことは最終的に手元に残る保険金と考えた場合、

    一般的に自己申請と比較して申請サポートを利用した方が約7倍も多く受け取れます。

    また、リフォーム業者など建築関連業者と比較しても、適切な申請サポート業者を利用した方が受給できる金額が増える傾向にあると思います。

プロに直接相談されたい方へ