最も損をしていると言われている火災保険
『仕組みを知れば絶対に得をします!』

TV番組『林先生の初耳学』や
『ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜』などで紹介され、幅広い知識をお持ちの林先生も知らなかった火災保険の有効活用法。

火災保険の仕組みを理解し、
補償対象外になる前に、正しく申請して補償を受けましょう。

築5年以上の約7割の一軒家で、平均130万円の補償金が払われています。

1.火災保険の現状

現在日本にある一戸建てのうち、火災共済を含めた普通の火災保険に加入している家は全体の9割にも上ります。一戸建てにお住まいの方ならほとんどの方が火災保険に加入しているのです。

火災保険が下りるタイミングといえば、一般的には「ボヤ」では済まないほどの火災、家屋の全焼や半焼ほどの大きな火災などが思い浮かぶかと思います。

また、火災保険という名前である以上、火災以外の損壊では補償の対象にならないと思われがちですが、、、

本当は...

「火災」だけでなく、雨や風などの
「自然災害」にも適用でき保険金が下りるのです。

しかも火災保険は、自動車保険のように等級制度になっているわけではありません。

保険申請して保険金をもらったとしても、毎月支払う保険料は全く上がらないのです。

何度でも申請できる
また当然のことですが、風雨や火事などに被災するたび、補償の範囲内にある災害による被害であれば、何度でも申請できるようになっています。
所有者でさえ気づいていない程度の被害でも下りる
保険は「大きな被害がないと適用されない」という認識になりがちですが、火災保険では、保険適用をするためには被害が小さくても被害の原因さえ明確であれば(補償の範囲内にある風雪雷雨によるものと認められれば)、被害箇所の現状復旧費が下りるようになっています。

申請すれば平均130万円下りるはずの補償金を、知らずに貰いそびれている方が数多くいるのです。

2.保険申請の課題

しかし、保険申請を実際にしようとしても、個人での申請の場合、注意するべき点はいくつもあります。

実地調査による被害箇所の特定から見積書の作成、保険会社とのやり取りをする上でのアドバイスなど、個人では難しい火災・地震保険申請のトータルサポートを行い、お客様が正当な保険金を受け取る為のお手伝いをさせていただきます。

私たちは、これまで4000件以上の火災・地震保険申請のサポートをしてまいりました。

3.選ばれる理由

4.保険申請の流れ

5.調査対象物件

現在は三角屋根はもちろん、
平らな屋根(陸屋根)で対象になりました。

またテナント物件
(貸事務所・貸店舗)も対象です。

6.事例

7.費用

建物調査は無料です。
手付金など自己費用は一切かかりません。

承認された場合にのみ、受け取った金額の50%を成功報酬としてお支払いください。

調査、申請をしても承認されずお金が貰えなかった場合、調査費などの請求は一切ありませんのでご安心ください。
(その場合、損傷箇所の無い良いお家という安心が手に入ります!)

8.お客様の声

栃木県 67歳 男性

5年前にリフォームをした際に大工さんに隅々まで見てもらっているし、その後も自然災害で受けた被災個所の申請もこまめに自分でしていましたが、プロに見てもらったところ92万円もの承認がおり大変驚きました。感謝しかありません。
VOICE

埼玉県 41歳 女性

火災保険、地震保険の受取り漏れがこんなにもあることを知ってびっくりしました。
火災保険は火事の時しか使えないと思っていたのですが、保証の内容についても詳しく教えていただきました!まずは「自分の家は保証を受け取れるようなところはない」と思い込む前に専門家に見ていただくのが一番ですね。だって私たちは建築の専門家でも保険の専門家でもないんですから。
VOICE

横浜市 24歳 男性

実家をお願いしました。
3.11以前から入っている地震保険も申請対象とのことで、地震保険を受け取ることができました。
さらに解約してしまった保険も過去を追って申請できる内容があることも知り、保険会社2社から承認がおりました。
知らないだけで損をしていることがたくさんあることを知りました!
両親も喜んでくれて親孝行ができました。
ありがとうございました!
VOICE

埼玉県 41歳 女性

火災保険、地震保険の受取り漏れがこんなにもあることを知ってびっくりしました。
火災保険は火事の時しか使えないと思っていたのですが、保証の内容についても詳しく教えていただきました!まずは「自分の家は保証を受け取れるようなところはない」と思い込む前に専門家に見ていただくのが一番ですね。だって私たちは建築の専門家でも保険の専門家でもないんですから。
VOICE

火災保険を正しく理解しましょう

火災保険の仕組みを正しく理解できている人は数少ないのが現状です。

自然災害で受けた損傷箇所も3年以上経過すると「経年劣化」とみなされ、補償対象外になってしまいます。
損傷被害は早めに申請をし、有効的に保険を活用しましょう。

お申込みから着金まで、
専門員がわかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。

お申込み・お問合せ

保険証券をお手元にご用意の上
ご連絡いただけるとスムーズなご案内が可能です。

サポート専用ダイヤル
050-7116-6187
(担当:佐倉)


受付時間 12:00〜18:00
休み 日曜、木曜
ご紹介者、またはこちらへお申し込みください。
↓火災・地震保険活用サポートLINE@↓

よくあるご質問

  • Q
    調査は本当に無料ですか?
    A
    お客様に事前費用のご負担をして頂く事は一切ありません。 被災箇所の有無に関わらず、調査は無料でさせて頂きます。( ※補償金を受給された場合のみ、成功報酬のお支払いをお願いいたします。7項目「費用」をご参照ください。)
  • Q
    災害の自覚や症状は無いのですが、無料調査に申し込んでもよいでしょうか?
    A
    はい、大丈夫です。調査の条件にあてはまる物件なら問題ありません。対象か確認し調査可能かお答えいたしますのでご安心ください。(※5項目「調査対象物件」をご参照ください)
  • Q
    とりあえず調査だけしてもらうだけでもいいですか?
    A
    調査によって災害損傷個所が見つかった場合は保険申請を進めて頂くのが原則となっております。ご同意いただける場合のみ無料調査をさせていただいております。
  • Q
    被災箇所が無かった場合はどうなりますか?
    A
    被災箇所がない場合は、残念ですが申請はできません。その場合は調査費用などは一切いただきませんのでご安心ください。申請はできませんが、損傷の無い家という安心が得られます。
  • Q
    申請だけやってもらって、修繕工事は知り合いの工務店に頼んでもいいですか?
    A
    はい、申請サポートのみでも受付けております。
  • Q
    調査の内容は?
    A
    ハシゴやドローンなども使い、屋根や外壁など災害箇所が無いかチェック致します。災害箇所が確認されれば申請書類に必要な被災箇所の写真撮影をします。(※申請の流れは4項目「保険申請の流れ」をご参照ください)
  • Q
    調査時間はどれくらいですか?
    A
    約1時間程です。(被災箇所があった場合には書類作成を行いますので、当日はお時間に余裕を持ってお立ち会いお願いいたします)
  • Q
    調査には立ち会わなくてはいけませんか?
    A
    原則立ち会いをお願いいたします。どうしてもご在宅いただけない場合はご相談くださいませ。
  • Q
    調査を依頼するのに必要なものは何ですか?
    A
    保険証券(表・裏両面)のコピーを頂くか、スマホなどカメラで撮影してお送りいただきます。合わせて必要事項シートのご回答をお願いしております。必要事項シートはお申し込み時お送りさせていただきます。
  • Q
    調査の結果、保険申請が出来ないことはありますか?
    A
    はい、以下のような場合は申請ができません。
    ・損傷箇所が発見されない場合
    ・損傷個所が経年劣化と判断される箇所しかない場合
  • Q
    火災保険を使うと保険料が値上がりしませんか?
    A
    火災保険は車の保険と違い等級制ではありませんので、掛け金が値上りすることはありません。
  • Q
    申請後すぐに災害が起こった場合、またすぐに火災保険を申請できますか?
    A
    はい、申請できます。火災保険は災害の度に申請できる保険です。また何度申請しても保険の掛金が上がることもありません。
  • Q
    どうして他の人はこの仕組みを利用しないのですか?
    A
    殆どの人がこの仕組みを知らないのが現状です。また、知っていても個人では申請が難しいなどの理由もあります。また、正しく保険の仕組みを理解できていないために調査で見つけた被災箇所の申請は保険金詐欺になるのでは?という誤解を持ってしまい申請しない方もいらっしゃいます。
  • Q
    保険金が降りなかったらどうなりますか?
    A
    それまでに行なった調査や見積り費用等は 一切請求いたしませんのでご安心ください。
  • Q
    補償金は全額修繕費用に使わなくてはいけませんか?
    A
    保険会社から支払われる補償金の用途は定められていません。ご自由にお使いいただけます。
  • Q
    調査の依頼をしたらあとは何もしなくていいのですか?
    A
    お客様は調査に立ち会って頂き被災が確認されたら その場で保険会社への連絡をお客様ご自身でして頂く必要があります。
    調査員が丁寧にアドバイス差し上げますので安心して申請して頂けます。
  • Q
    既に工事済みの場合も保険申請出来ますか?
    A
    2年以内の工事でしたら事後申請可能がです。申請には下記の書類が必要になります。
    1、工事前の被災箇所の写真
    2、工事後の被災箇所の写真
    3、工事代金の見積・領収書
  • Q
    積立式の火災保険なのですが、保険を使うと積立した分が受け取れなくなりませんか?
    A
    保険として払っている分と積立している分は別個になっていますので、積立されています金額は 満期に受け取ることができます。
  • Q
    いま加入している火災保険は、どこの火災保険でも大丈夫ですか?
    A
    ご加入中の保険会社の規定や、お客様の契約内容によっては申請できない場合もございます。申請可能かお客様の現在の契約内容を確認させていただきますので保険証券をご用意になりお問い合わせくださいませ。
  • Q
    災害の自覚や症状は無いのですが、無料調査に申し込んでもよいでしょうか?
    A
    賃貸契約でも店舗総合保険などのご契約ですと対象になります。
    飲食店ですと椅子やテーブルなども対象ですので、賃貸物件の店舗オーナー様はぜひご活用ください。
  • Q
    災害の自覚や症状は無いのですが、無料調査に申し込んでもよいでしょうか?
    A
    はい、大丈夫です。調査の条件にあてはまる物件なら問題ありません。対象か確認し調査可能かお答えいたしますのでご安心ください。(※5項目「調査対象物件」をご参照ください)