彼氏や彼女の浮気をチェックする方法

恋人が浮気をしているかも…そんな疑いを持ってしまったら。
まずは自分でできる調査を試してみましょう。

自分で浮気調査をするにはどんな方法がある?

探偵の浮気調査は、決してリーズナブルとは言えませんし、基本的に敷居も高いものでしょう。
また、白か黒かはっきりとしていない場合は、とくに探偵に浮気調査を依頼することを躊躇してしまうものです
だからといってパートナーを疑ったまま日々を過ごしていたり、そのまま放置することは賢い選択とは言えません。
そこで自分でも出来る浮気調査の方法を紹介します。
小見出し

持ち物を調べる

パートナーの所有している持ち物の中に、浮気の証拠がある可能性は高いと言えるでしょう。
カバン、財布、ポケットは確率の高い場所となります。
また、ゴミ箱の中も要チェックとなります。
小見出し

スマホチェック

自分で出来る浮気調査の定番といえば、やはりスマートフォンのチェックです。
浮気をしている場合、その手がかりがかなりの確率で隠されているはずです。
アドレス、メール、LINE、着信履歴、保存された画像は必ず調べておきたいポイントとなります。
また、SNSのチェックも浮気を暴くために有効ですね。
小見出し

車内チェック

車内も浮気の痕跡が残りやすい場所のひとつです。
特に助手席やシートの下、ダッシュボード、トランクルームを念入りに調べてみましょう。
カーナビがついている場合は、その履歴も確認しておきたいものです。
さりげなく検索や走行履歴が残るように設定しておくのも良いですね。
小見出し

アプリの活用

世の中には、浮気調査アプリと呼ばれる類いのものがいくつも存在します。
また、GPSアプリなどを浮気調査用として利用することも可能です。
こうした浮気調査アプリでは、どんな事が出来るのかというとパソコンから現在位置情報の確認・カメラ撮影・音声録音・電話発信・SMSログの確認などが出来てしまうのです。
しかも無料で利用できるアプリも多く、コストパフォーマンスが高いのが特徴となります。
ですが、もし無断で勝手にこういったアプリをインストールした場合、深刻な場合はプライバシーの侵害として訴えられることがあります。できるだけ許可をとるために、口実などを考える工夫が必要です。

小見出し

日記をつける

パートナーが浮気をしているかも?と思ったら日記をつけるのもオススメの方法です。
日記をつけることが浮気調査になるのか?と疑問に思うかもしれません。
しかし、これはパートナーの行動を客観的に把握するために非常に役立ちます。
こうすることでこれまで気がつかなかったパートナーの行動パターンが分かったり、証拠として役立つこともあるのです。
出掛けた日時や帰宅時間などは、出来るだけ正確に記しておきましょう。

小見出し

お金の使い方の変化をチェック

浮気をするとお金の使い方に変化が現れるものです。
レシートやクレジットカードの明細、お財布事情を把握しておくようにすると良いでしょう。
明らかにこれまでと違う購入品や使い途をしていないか、お金の減りが早くないかどうか注意してみてください。
小見出し

服装や持ち物、身嗜みの変化をチェック

男女かかわらず、浮気をすることで服装や持ち物がガラッと変わることもあります。
洋服から下着、持ち物、髪型に大きな変化はないかチェックしてみましょう。
また、身嗜みにこれまでより気を遣うようになったなどの変化も浮気をしているかどうかを見極める為には大切です。

小見出し

友人とコンタクトをとる

まわりにバレても良いと思うなら、パートナーの友人にコンタクトをとるというのもひとつの手段です。
いわゆる探偵の聞き込み調査と同じようなものですね。
場合によっては非常に有力な情報をゲットすることが出来ますが、リスクも高い方法となります。

小見出し

GPS機器の活用

浮気調査アプリなどのスマホにインストールするものではなく、持っている人がいまどこにいるのかが解析できる便利なGPS機器を活用するのも一つの手です。今はかなり小型で見つかりにくいもの、安価なものがあります。これを普段使いの車に仕掛ければ、毎日の行動がわかります。仕掛けるときには車体に傷をつけたりしないように注意しましょう。また、GPS機器にもさまざまな種類がありますので、ご自分にあった調査ができるものを探してみましょう。
小見出し

ボイスレコーダー・ICレコーダーを使う

寝室や車の中などにレコーダーを設置しておくことで、不貞行為の証拠が録音でき、相手に言い逃れをさせない決定的証拠をつかむことができます。ペンタイプやUSBほどの小さなもの、録音時間が長いもの、鮮明に録音できるものなど、こういった録音機械もいまは多種多様に選ぶことができます。また、ドライブレコーダーにも多くの種類に音声録音機能がついています。こういった機種は運転中の映像と音声が録音できるので、危険運転や煽り運転の自己防衛のためと説得して、相手の車に設置してみてはいかがでしょうか。

危険な行動には注意しましょう

ターゲットを尾行したり、張り込みをするといった実際追いかけるような行動をとると、見つかってしまう危険性があります。
ストーカーや、プライバシーの侵害にあたると訴えられたらどうしようもありません。
また、調査する側が交通事故を起こしてしまうこともあり得ます。
法に触れたりするリスクがあるようなことは、素人が安易に行うことは控えるべきでしょう。
尾行調査や張り込みなどは経験と技術が必要となり、プロのみができる技術と思った方が良いでしょう。
ひとつひとつはちいさな調査ですが、束になれば有力な浮気の状況判断ができる証拠として使えるものになります。
コツコツ継続して調査してみましょう。