宮崎のご当地ラーメン「辛麺」の袋麺はどれがおすすめ?
辛麺のインスタント麺を食べ比べてみたら
「本格宮崎辛麺」が本格過ぎた!

今、激辛グルメが人気急上昇中!

激辛グルメ「本格宮崎辛麺」

カレーはもちろん、麻婆豆腐や担々麺などの中華料理や、チゲ鍋、タッカルビなどの韓国料理をはじめ、トムヤムクン・タコス・サルサなど、世界中にはたくさんの美味しい辛い料理がある。辛いものを食べると、ダイエットや健康にいいというのはみんな聞いたことがあると思うが、血行促進による新陳代謝アップや、冷え性改善、脂肪分解、疲労回復などの効果が期待されると言われている。最近では、「免活」で辛い物を食べるという人も多くなってきているようだ。

宮崎のご当地ラーメン「辛麺」

秘密のケンミンSHOWやマツコのテレビでも紹介されている、宮崎のご当地ラーメン「辛麺」が辛いラーメン分野で人気急上昇中!
「辛麺」は、宮崎県延岡市で30年以上も前に誕生したご当地グルメで、もともとは一軒の居酒屋で提供されていたたメニューである。その後あっと言う間に人気となり、昭和61年に辛麺専門店の一号店として「桝元」がオープン。今や宮崎を代表するご当地ラーメンとなり、宮崎県内はもちろん、福岡や関東などにも進出している。
辛麺の特徴は、そば粉と小麦粉で練られた独特の食感の通称「こんにゃく麺」で、唐辛子とニンニクが効いたコクと香りのある醤油ベースのスープにひき肉とニラを具に、溶き卵で仕上げるのが宮崎辛麺。「辛いけど旨い」「この辛さがクセになる」と評判になり、女性客のリピーターから支持を多く得ている。

そんな人気の辛麺を宮崎まで行かなくても自宅で簡単に食べられるよう、インスタントタイプの袋麺をチョイス、取り寄せて食べ比べてみた!!!

元祖「桝元」の辛麺

桝元辛麺
辛麺専門店第一号の「桝元」が販売している定番中の定番の辛麺
<作り方>
麺は別茹でしないといけないが作り方はシンプル
別に準備するものは卵だけ。無しでもいいが、辛麺を辛麺らしく食べるなら必須のアイテムだろう。卵は多めに入れるとまろやかに仕上がるみたいで、量はお好みで調整できるようだが、私の感覚からすると1個でじゅうぶんだと思う。
① スープと水とかやくを鍋に入れて火にかける
② 麺は別の鍋で1分程度茹でる  ※麺の堅さは茹で時間で調整
③ 茹で上がったら、湯切りして器に盛る
④ スープが沸いたら卵を溶き入れる
⑤ 出来上がったスープを麺の器に入れるて、唐辛子をお好みで0~2袋入れて出来上がり
桝元辛麺食べ比べ
食べてみた感想
通称「こんにゃく麺」は弾力性があって、なるほどこんにゃくのようだ。中華麺やうどん、蕎麦とは違った食感。しかし、実際はこんにゃくは入っていないらしく、蕎麦と小麦粉で作る韓国麺を想像してもらうとわかりやすい。
スープは、少し甘味のある醤油ベースで、あっさりしていてラーメンというよりは、どちらかというとうどん出汁に近い。ホームページでは、約20種類の材料から絞り出た伝統のスープ、辛さを旨味に変える秘伝のスープと書いている。お店で食べればそうなのかもしれないが、辛口のコメントを言わせてもらえば、インスタントラーメンの域は越えていないというのが正直な感想だ。ただその反面、カロリーが低いというのは女性に人気というのもうなずける。他のラーメンと比べても328kcalはかなり低い方だと思うが、ただ男にとってはボリュームが少なくちょっと物足りない。
桝元辛麺で雑炊
最後のお楽しみ

ボリュームがちょっと足りないので、残ったスープでおすすめの「旨辛ぞうすい」を作ってみた。残ったスープにご飯を入れるだけでいいようだが、ここは面倒だったが、一度鍋にスープを戻して、再加熱、追い溶き卵をして作った。味は、スープが元々淡白なので、雑炊というよりはどちらかと言うとお茶漬けに近い。辛さとニンニクが食をそそる。男性には雑炊まで食べてちょうどいい腹具合だ。

桝元の辛麺のまとめ
麺の再現性は高いが、スープはインスタントの域を超えない。
カロリーは低いので女性におすすめ。男性には雑炊までいってちょうどいい。
良い点は、辛さゼロからの調整が可能な点。子供でも食べられるし、辛いのが苦手な人でも、宮崎のご当地ラーメンを味わうことができる。(辛くない辛麺だけど)

桝元の辛麺の購入はこちら

桝元辛麺食べ比べ
食べてみた感想
通称「こんにゃく麺」は弾力性があって、なるほどこんにゃくのようだ。中華麺やうどん、蕎麦とは違った食感。しかし、実際はこんにゃくは入っていないらしく、蕎麦と小麦粉で作る韓国麺を想像してもらうとわかりやすい。
スープは、少し甘味のある醤油ベースで、あっさりしていてラーメンというよりは、どちらかというとうどん出汁に近い。ホームページでは、約20種類の材料から絞り出た伝統のスープ、辛さを旨味に変える秘伝のスープと書いている。お店で食べればそうなのかもしれないが、辛口のコメントを言わせてもらえば、インスタントラーメンの域は越えていないというのが正直な感想だ。ただその反面、カロリーが低いというのは女性に人気というのもうなずける。他のラーメンと比べても328kcalはかなり低い方だと思うが、ただ男にとってはボリュームが少なくちょっと物足りない。

響の宮崎辛麺(カラメン)

響の辛麺
宮崎県で豚骨ラーメン店を数店舗展開している人気ラーメン店が販売する辛麺
<作り方>
ほぼ一般的なインスタントラーメンと同じ。
さらに美味しく食べるための作り方として、裏面にひき肉を30g入れると記載されているが却下。ただし卵だけは辛麺を辛麺らしく食べるために必須なので用意が必要。
① 鍋に500mlの水を入れ沸騰させる
② 麺を入れ約2分30秒煮込む
③ 麺がほぐれたら火を止めて粉末スープとかやくを入れる
④ 再度火を付け、溶き卵を入れる
⑤ 器に移して出来上がり
響の辛麺を食べ比べ
食べてみた感想
30年ほど昔、知人の韓国人から韓国のインスタントラーメンをもらって食べたことがある。最近韓国製のインスタントラーメンの辛ラーメン(シンラーメン)なるものをよく見かけるが、今思えばあれだったのかな…。この宮崎カラメンは、まさにその韓国ラーメンの辛さをちょっと抑えた感じの味だ。と言っても私にしかわからないので、シンラーメンを食べてみたら、まさに“それ”だった。麺も見た目通りのインスタント縮れ麺で想像通りの麺である。なので、本場宮崎の辛麺の再現性は?と問われても答えは控えておく。私個人の意見を言わせてもらうと、溶き卵を入れて辛さをまろやかにするよりは、そのままの辛さを楽しんだ方がいいかもしれない。
響の宮崎辛麺(カラメン)のまとめ

価格が安いインスタントラーメンなので、宮崎辛麺の再現性という部分は置いとくとして、いろいろなアレンジの幅があるラーメンだと思う。美味しく食べるための作り方として、ひき肉や溶き卵の記載があるが、もやしやキャベツなどの野菜を入れてもよく合うと思う。

響の辛麺を食べ比べ
食べてみた感想
30年ほど昔、知人の韓国人から韓国のインスタントラーメンをもらって食べたことがある。最近韓国製のインスタントラーメンの辛ラーメン(シンラーメン)なるものをよく見かけるが、今思えばあれだったのかな…。この宮崎カラメンは、まさにその韓国ラーメンの辛さをちょっと抑えた感じの味だ。と言っても私にしかわからないので、シンラーメンを食べてみたら、まさに“それ”だった。麺も見た目通りのインスタント縮れ麺で想像通りの麺である。なので、本場宮崎の辛麺の再現性は?と問われても答えは控えておく。私個人の意見を言わせてもらうと、溶き卵を入れて辛さをまろやかにするよりは、そのままの辛さを楽しんだ方がいいかもしれない。

てげうめぇマルシェの「本格宮崎辛麺」

本格宮崎辛麺
宮崎のお土産品を専門に扱うネットショップ「てげうめぇマルシェ」が販売する辛麺
<作り方>
「お鍋一つで簡単調理‼」と書いてある通り作り方は簡単。ほぼ一般的なインスタントラーメンと同じで、鍋一つと卵一個準備すればよい。裏面表記には日本語と英語の記載があるので、外国の人でも簡単に作れる?だろう(笑)
① 鍋に500mlの水を入れ沸騰させる
② 麺を入れ約3分30秒ほど茹でる
③ 麺が茹で上がったらスープとかやくと辛タレを入れる
④ 沸騰したら溶き卵を入れる
⑤ 器に移して出来上がり
本格宮崎辛麺を食べ比べ
食べてみた感想
通称「こんにゃく麺」と言われる弾力性のある麺とは違い、もちもちっとした食感の麺である。辛麺の麺には通常蕎麦粉が使用されているが、開発者が蕎麦アレルギーの人にも宮崎の本格的な辛麺を食べてもらいたいと試行錯誤した結果できた麺だそうだ。なので、この本格宮崎辛麺には蕎麦粉が使用されてなく、小麦粉のみの麺である。もちもちっとした食感に開発者の苦労がうかがえる。詳しくはこちら
スープは、あご出汁ベースの醤油味で、コクのある旨味を感じる。袋麺としてはかなり完成度が高く、もしかしたら、実物より美味しいかも!「本格宮崎辛麺」という商品名も決して名前負けしていない。それと特筆すべきは具の多さ。2種類のニンニクがたっぷり入っているので、こうばしい香りが食欲をかきたてる。
辛さについては、辛タレを入れずに「辛さゼロ」も可能で、これはこれで旨い。が、私の個人的な意見を言わせてもらうと、この辛タレと、2つある唐辛子のうち1袋だけを入れたぐらいの辛さが宮崎の辛麺を楽しめる最高のレシピだと思う。個人的な見解なので辛さはお好みでいろいろ試して欲しい。
辛麺チーズ雑炊
やっぱり最後のお楽しみ
ボリューム感はちょうどいい感じなのだが、ガーリックの効いたこのスープにご飯を入れない手はない。ホームページで紹介されている雑炊とチーズトッピングを合体させて作ってみた。残ったスープにご飯を入れるだけではチーズが解けにくいので、一度鍋にスープを戻して再加熱して作った。
いやいや、これはヤバい旨さ。この「本格宮崎辛麺」を購入したら、このチーズ雑炊は絶対やった方がいい。お値段以上の価値あり!!!
本格宮崎辛麺のまとめ

全体的な仕上がりの再現性は高く、本場のお店で食べる辛麺にも引けをとらない。辛さもゼロからの調整が可能なので、子供や辛いのが苦手な人でも、宮崎のご当地ラーメンを味わうことができるし、辛いのが好きな方は唐辛子2袋を全部入れると激辛まで楽しめる。また、蕎麦粉を使用していないので、蕎麦アレルギーの方もOK
それと、絶対おすすめなのが「チーズ雑炊」。これをやらないと、この本格宮崎辛麺の価値を半分しか味わわないことになると言っても過言ではない!

本格宮崎辛麺の購入はこちら

本格宮崎辛麺を食べ比べ
食べてみた感想
通称「こんにゃく麺」と言われる弾力性のある麺とは違い、もちもちっとした食感の麺である。辛麺の麺には通常蕎麦粉が使用されているが、開発者が蕎麦アレルギーの人にも宮崎の本格的な辛麺を食べてもらいたいと試行錯誤した結果できた麺だそうだ。なので、この本格宮崎辛麺には蕎麦粉が使用されてなく、小麦粉のみの麺である。もちもちっとした食感に開発者の苦労がうかがえる。詳しくはこちら
スープは、あご出汁ベースの醤油味で、コクのある旨味を感じる。袋麺としてはかなり完成度が高く、もしかしたら、実物より美味しいかも!「本格宮崎辛麺」という商品名も決して名前負けしていない。それと特筆すべきは具の多さ。2種類のニンニクがたっぷり入っているので、こうばしい香りが食欲をかきたてる。
辛さについては、辛タレを入れずに「辛さゼロ」も可能で、これはこれで旨い。が、私の個人的な意見を言わせてもらうと、この辛タレと、2つある唐辛子のうち1袋だけを入れたぐらいの辛さが宮崎の辛麺を楽しめる最高のレシピだと思う。個人的な見解なので辛さはお好みでいろいろ試して欲しい。

辛麺食べ比べのまとめ

「桝元の辛麺」=スタンダードな辛麺
とりあえず「辛麺を食べてみたい」という方には元祖枡元の辛麺がおすすめ(▶桝元の辛麺の購入はこちら

「響の辛麺」=アレンジ向きの辛麺
アレンジが好き、または料理好きという方には響の辛麺でアレンジラーメンを

「てげうめぇマルシェの辛麺」=クオリティの高い辛麺
本物嗜好のグルメ派、本場以上の味を求める方にはてげうめぇマルシェの辛麺がおすすめ(チーズ雑炊は必須w)
(▶本格宮崎辛麺の購入はこちら