コロナを恐れず暮らす
カラダ・意識改革講座

巷ではまた
「コロナ感染が再拡大」「第3波」
などと騒ぎが大きくなり、
不安を感じている方も

たくさんいらっしゃると思います。



私はというと
当初からコロナはそれほど

怖いと思っていなくて
以前とほぼ変わらない生活をしています。

(もちろん外出自粛期間中は自粛もしたし
必要なところではマスクもするし
消毒・検温も受けますが
精神的には、ほぼ不安を感じていません)




「コロナは怖くない」なんて発言すると、
今のご時世、
「何言ってんだ!危機感が薄い!自分勝手!」
みたいなバッシングを受けそうですが

 

 

正確な情報さえ得たら
それほど怖い感染症ではないと
思えるからです。

 

 

そして、もう一つは
自分の中にある自然治癒力を
信じられるからです。

 

 

 誰の体の中にも
自然治癒力(内なるドクター)
はあります。

 

  

その力を信頼することができていたら
コロナだろうが、他の感染症だろうが
とるべき対策は同じなんです。

コロナには特別な対策が必要な
わけではないんです。

 

 

 正直に言うと、
今のコロナ対策は
免疫力を弱めるものばかりです。

 

 過度の手洗い、除菌、
極めつけはソーシャルディスタンス。




これでは、ますます人間の免疫力は落ち、
病気は増えていきますし 
鬱や自殺が増えていくのって、
当然の成り行きです。




うちの3歳の娘が
保育園での手洗い・除菌のし過ぎで
血がにじむほどの
ひどいあかぎれになったのですが
皆さんのお子さんたちはどうですか?



保育園や幼稚園でも学校でも
除菌、除菌のしすぎで
ひどい手荒れになっているお子さんが
今年は多いとお聞きします。

 

  

子どものつやつやふわふわな肌が
あかぎれになるなんて
異常なことだと思いませんか?

 

 

 

私たちの皮膚には、
免疫力の要である常在菌が
たくさんいます。

 

 多様な菌がバランスを取り合って
存在するおかげで
私たちの免疫系は正常に働きます。

 

 

特に3歳までの時期は
常在菌の多様性を育てる大切な時期。
3歳までにどれだけ多様な菌に触れられるかで
その人の生涯の腸内環境は決まると言われます。

 

 

除菌は、その大切な菌さえ
死滅・減少させてしまうんです。

 

 

これから多様な腸内細菌を育んで
一生涯の免疫力を作っていく段階の
子どもたちにとっては一大事です。

 


さらに、健康的な肌には
自前のバリア(皮脂)があって
異物が体に入ってくるのを
防いでくれているんですが

 

  

手洗い・除菌のし過ぎで皮脂が流され
荒れた皮膚からは
病原菌や、アレルギーの原因となる物質も
容易に侵入しやすくなります。

 

  

このまま除菌、除菌を続けていたら
新たなアレルギーになる人が
爆発的に増えるだろうなと私は見ています。




私がこの講座でお伝えしたいのは
自分の中にある
内なるドクターを信じられる
安心感。



人間の体は、そんなに弱くない。



でも、その内なるドクターの働きを
弱めるものが
現代には、とても多すぎるんです。




多くの人がコロナを恐れている昨今、
なぜ私はコロナを恐れず、
今までと変わらない穏やかな気持ちで
暮らせているのか。



その理由と根拠、具体策をお伝えることは
もしかしたら多くの方の役に立つのではないか
という思いから
この講座を作ることを決めました。





私が恐れているのは
コロナウイルスではありません。




コロナを理由として、
ますます人間の免疫力を弱める
除菌が徹底され、ワクチンが開発され、
多くの人がまた新たな謎の現代病を
発症すること。




コロナを理由として、
様々な活動が自粛され、

その結果、企業の倒産、リストラ、
人との交流がなくなったことでの孤独・孤立
それを発端とする鬱、自殺者などが増加すること。




様々な行事やイベントが中止され
目標を持って何かに取り組んできた
未来ある子どもたちの
多くの夢が奪われること。




多くの人にとっては
知識を得れば特に
恐れる必要もないような
コロナウイルスのために
こんな対策をまだ続けていく必要が
本当にあるのでしょうか。

ウイルスより危険な
ワクチンが認可される前に伝えたい

私は、このコロナ騒動の行く末は
「コロナワクチンの開発・普及」によって
「もうコロナがあっても安全です」
という宣言が出て
終息する
というシナリオだろうと

当初から思っていました。

(ワクチンを売りたいから
これほどまでにコロナは危険と煽っている)




実際その流れで
事態は進んでいきそうですね。




ワクチンがいかに容易に
巨額の富を生み出すか

ワクチン産業の市場規模が
いかに大きいか。

それを巡る、驚くべきあれこれは
講座の中で詳しくお伝えします。






このようなことを知っている人たちは
みんな当初からコロナウイルスを
それほど恐れていないし




ワクチンが開発されたところで
「ワクチンの方が
コロナウイルスよりはるかに怖い」

と口をそろえて言います。




そのワクチン接種が
まもなく日本でも
始まろうとしています。





その前に一人でも多く、
関心のある人にだけでいい、

ワクチンのリスクを
お伝えしたいと思ったのです。



知った上で打つか打たないかは
個人の判断になりますが
知っていて選ぶのと
知らずにそうするのでは
全く違いますよね。




それが、このタイミングで
この講座を作ろうと決めた、
もう一つの大きな動機です。






ワクチンは、確実に着実に
人体に悪影響を及ぼします。


✅アレルギー疾患


✅アナフィラキシーショック

✅ギランバレー症候群

✅その他、広範な自己免疫疾患

✅発達障害

✅不妊

など
昔は存在しなかったような

いわゆる現代病の原因になっていると
警鐘を鳴らしている医師も多くいます。





そして、時を経て世代を経れば経るほどに
その悪影響が現れてくるというものです。






コロナ予防には(コロナに限らずですが)
ワクチンよりはるかに安全で有効な
対策方法があります。





その方法と根拠を
この講座では最大限お伝えします。




ご自身と、大切な人の健康、
未来を守るために
マスメディアには絶対に出てこない情報を
ぜひご自身で学んでください。

この講座を受けると

✅マスメディアの情報に
  惑わされない情報を読み解く軸が持てます

✅病院に行かなくても
  体調ケアできる方法がわかります

✅ワクチンを打つ打たないの判断をするための
  情報と根拠が得られます

✅免疫力を働かせるには
  何をやめ、何をすればいいかわかります

✅自分の中にある自然治癒力を信頼できます

✅食生活改善の具体的方法がわかります

コロナを恐れず暮らす
カラダ・意識改革講座

①メールでテキストをお届け
②ご質問はLINEで個別対応
  • 【第1回】
    人は菌と共に生まれる
    過剰な衛生思考が免疫力を潰す
  • 【第2回】
    本当に感染拡大しているの?
    マスコミの情報の読み解き方
  • 【第3回】
    病気にかかるのは悪いこと?
    すべての症状はありがたい
  • 【第4回】
    現代社会は
    免疫力を弱めるものばかり
  • 【第5回】
    コロナウイルスより怖い
    ワクチンの中身と副作用
  • 【第6回】
    その食事がコロナ鬱や
    コロナ不安を生み出す
  • 【第7回】
    免疫力を高める方法①
    生活全般
  • 【第8回】
    免疫力を高める方法②
    食事
  • 【第6回】
    その食事がコロナ鬱や
    コロナ不安を生み出す

お申込み・お支払い方法

【ご受講費用】
12000円(税込)

【お支払い方法】
事前口座振り込みでお願いします

講師プロフィール

伊藤 真奈美 (料理教室omusubi 主宰)

1978年、新潟県生まれ。
大学卒業後、地元新聞社で記者となる。

現代の子どもたちの「キレる」「荒れる」の背景に何があるのか、
どうしたら子どもを救えるのかに最も関心を寄せて
新聞記者生活を送る。


食で子どもたちの心身の問題を解決できる!
という確信が強まり、子ども料理教室を始めるため
5年勤めた新聞社を退職し、調理師専門学校へ。
卒業後は、保育園調理師として子どもの食と食育に携わる。


2013年第1子出産。
産後9か月のとき、ワンオペママのつながりの場を作るため
自宅で子連れOK料理教室をスタート。

延べ400名を超えるママたちの
お悩み、子育てのイライラ・不安を聞いてきた中で
根本からママの悩みや不安を解消できる
「食×心×時間術」を伝える連続講座をスタート。


第1子(現在7歳の息子)が1歳の時、
予防接種を打った後に副作用が出たことを機に
予防接種に疑問を感じるようになり、勉強を開始。


代替医療を取り入れるようになってからは
家族そろって薬の服用はゼロに。
医療機関を受診することもほぼゼロ(健診などだけ)
という生活を送っている。

2013年生まれの男の子、2017年生まれの女の子、
和食店オーナーシェフの夫と4人暮らし。