Hello! 私の声

カラダ & Voice Labo福岡

声はあなたの世界を変える!!

いい声は周りの反応を変える

  • 声は継続的に相手に情報や印象を与えることができるメディア
    顔やファッションなどの資格情報は最初の一瞬のインパクトが大きいですよね。でも、人は話すときはいろんな発音を高低や強弱をつけて話します。だから、声は最初の失敗やマイナスを取り戻せる方法なんです。

  • 声は自分でコントロールできる
    「今日はちょっと調子が悪いな」という日がありますよね。声は姿勢や体の使い方で短時間でいい時に近づけることができる伝達手段。不安を取り除いたり、常に自信をもって臨めるようになります。

  • いい声はいい体を作る
    いい声で話していると、いつの間にかいい姿勢・正しい体の使い方が身につくようになります。「いい」「正しい」は人によって千差万別。自分にとっていい体の使い方を知ると楽になりますよ。

だから、声はあなた自身も変えることができる。声がよくなれば楽しいと思いませんか?

カラダ&Voice Labo 福岡とは

福岡市のレンタルオフィス・カラオケボックス拠点に行っているヴォイストレーニング。

「声がよく伝わっているように見える・感じる」、「一番声がよく出る体の使い方」を探ること・知ることを中心にレッスンしている。

「自分の体と声を知れば、あらゆる場面で効果を発揮する」との観点から、発声のジャンルは問わない方法を用いている。

特に以下のような職業・場面でより良い発声をしたい人におススメです。

  • ママ友グループに入っていくときの最初の自己紹介。
    (声に自信があると話す勇気が湧きます)

  • 子どもに聞かせる声をよくしたい。
    (安心させるときの声・叱るときの声にうまく感情を乗せると伝わりやすくなります。また子どもを安心させる声は、健康な心の成長の助けになります)

  • 営業職
    (より相手の記憶に残りやすくなります)

  • 面接対策
    (声は生の情報。履歴書の情報より重要です)

  • 教員・教育実習生
    (子どもや生徒を惹きつける声は教室運営の大きな助けになります)

  • 少年野球・サッカーのコーチ、ジムインストラクター
    (いい声はより自分の話すことに説得力を与えます)

インストラクター

田中 宏樹

声のインストラクター。

声で人との接し方・周りの反応を変えられることに気づき、伝えるためにインストラクターを始める。

元々声が細く上ずる癖があり、弱々しさをさらけ出す弱点となっていた。転職を機に発声トレーニングを始め、2ヶ月で「いい声」の評価を得られ、3ヶ月で苦手であった喜怒哀楽(特に怒り)の気持ちを声に出して表せるようになる。


最近の研究興味:プロ野球やサッカーの解説・監督インタビューを聞く。声や視覚情報(姿勢、服装)が指導や成績に与える影響に非常に興味を惹かれる。お手本になると思うのはペトロビッチ監督(サッカーのコンサドーレ札幌)。

LINE