なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

カンタン腸活方法のまとめ

腸活のメリットは、腸のみにあらず

腸活は便秘のために行うと考えがちですが、腸活のメリットはそれだけではありません。
代謝が良くなるので痩せやすい体になる、肌の調子が整うといった効果もあります。
現在、むくみや冷え、こりを抱えている方はこうした不調を改善する働きも期待できます。

こちらの記事では、疾病やその予防効果についても言及されていますね。
改めて考えたい腸活の重要性と簡単な実践方法

腸活は大変そうだから敬遠してきたという方でも取り入れられるように、実践しやすいカンタンな腸活方法をご紹介していきます。

まずは食べ物以外で実践!カンタン腸活

まずは、起きたらすぐに朝日を浴びること。
朝日を浴びると、体内時計が調整されるで身体によいことを知っている方は多いと思います。
ここで注目してほしいのが自律神経です。
日光によって働きが促されるのが交感神経です。この交感神経がリズムよく働いているのが自律神経が整っている状態ですが、これにより腸の働きも活発化するのです。

次に、朝に水を飲むこと。
これは、腸に刺激をもたらして働きを促すことが目的です。
スムーズな消化や排便につながります。
できれば、白湯が良いです。冷たい水だと腸の調子を崩してしまう体質の方も多いです。

発酵食品と食物繊維をバランスよく食べましょう!

発酵食品の代表が、納豆菌や乳酸菌です。
こうした菌類はうまみをアップする働きもあるので、取り入れやすい食材が多いですね。
発酵食品には、腸内の善玉菌を増やして消化の働きがよくする効果があります。

食物繊維は、善玉菌を活発にする効果があります。
野菜や果物全般、きのこなどが挙げられます。

最初はなかなか取り入れるのが難しい方もいるかと思いますので、無理して毎食取り入れる、頑張って大量に食べるということをする必要はありません。
まずは1日1食発酵食品と食物繊維を含む食材を食べているかチェックしてみましょう。

日本食から乳酸菌を摂ろう!

乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方も多いかもしれません。
ただし、乳酸菌はヨーグルト以外にも含まれています。

乳製品が体質に合わない方も日本人には多いです。
牛乳でお腹が・・・
そのためご自身の体調にあった乳酸菌、腸活食材を見つけることが大切です。

特に日本食は乳酸菌を非常に取り入れやすいので、おすすめです。具体的な食材は、漬物、味噌、醤油などです。
こうした日本食に含まれている乳酸菌は、植物性です。
実は、植物性の乳酸菌は、動物性の乳酸菌よりも腸にまで生きて届きやすいということが最近の研究で分かっています。