生命を維持する事ができない方法は

ダイエットでは無く、自分を苦しめる行為です。
あなたは、あと何年、産後を続けますか?

辛い食事制限

激しい運動

高いジム

産後ダイエットに
実は・・・

これらは一切、必要ありません。


管理栄養士 きのした ひとみ が 語る

「 危険ダイエット 」

SNSには危険な情報が溢れています

あなたは「危険ダイエット」と言うと、どんなダイエットを思い出されますか??

管理栄養士と言うプロの立場で、1番「危険ダイエット」だな、と感じるのは
「食事(カロリー)を制限するダイエット」です。

もちろん、食事は生命を維持するのにとても重要な役割を担っているので、
「食事を食べないというだけで危険」というのはご存知ですよね。

では、ダイエットにおいて何が危険因子となるか??

まず、食事を制限するということは、身体と心に、見えないストレスが、もの凄くかかっています。その結果、長い目でみると、後で、余計に食欲が増してしまうのです。

これが「リバウンド」です。

我慢を続けていれば、いつかは爆発してしまいます。
もし、ダイエットする前以上に食べてしまったのなら、しなかった方がいいと言えます。

さらに、太るだけならまだいいのですが、制限をしている間食べないことにより、栄養不足になってしまいます。

ここが1番危険です!!

私たちの身体はすべて栄養素から作られています。
それが栄養不足になるということは、身体をつくるもとがなくなる、どんどん弱くなっていき…

結果、身体が正常に機能しなくなって行きます。

女性の場合、肌が荒れたり、疲れやすくなったり、生理が止まってしまうことも。
特にダイエットに関わる身体の機能の一つとして、食べた栄養素を身体の一部に変えたり、その栄養素から身体を動かすエネルギーにかえる、代謝機能がおちてしまいます。

代謝が落ちると、浮腫の原因になったり、カロリー消費が少なくなったりするので

少ししか食べていないのに、太りやすい体質になってしまうのです。

痩せようと思って一生懸命カロリー制限をしていても、実はその行動自体が太る原因を作っているということになるのです。

気持ちばっかりは前向きに頑張って、一生懸命食べたいものを抑えて、食べ物を買うときでも裏の成分表示を見てチェックして・・・

そこまでして頑張っているのに、実はその行動が1番太りやすい体質を作っていたという恐ろしい結果になっているわけです。

かといって、全くカロリーを気にしないで好きなものを食べたらいいのか、というとそういう訳ではなく、気にせずに食べたほうがいいからと言って、もちろんそれだけで痩せるわけではありません。

カロリーだけじゃなく栄養バランスが取れたしっかりと栄養とっていただいて、
内臓機能を高めて代謝を上げるということが必要で、そうすれば、自然と痩せやすい体質になっていきます。
私を含め、ダイエットを一生懸命に頑張って来られた方は、大変知識も豊富で、もしかすると、知っていらっしゃる事かもしれません。

ですが、そんな方も、今でもまだダイエットしていると言う事は、ダイエットに成功していないと言うことですよね。

やはり知識だけでは、うまくいかないのです。

もちろん食事やカロリーを制限することは、一時的には体重がへります。
これが、高揚感を高めてしまうトリックで、特に糖質は水分を含みやすいので、糖質を制限することによりその時だけは体重が減ります。

ただそれは数字が減ったと言う喜びだけで、本当に脂肪が燃焼されたわけではありません。
それでもやはり、私たちは数字と言うものにこだわってしまうし、明らかに減ったというのがわかるので、その場で、すぐに、直結した喜びを感じやすい・・・一種のギャンブルと同じなのです。

頑張って頑張って数字が見えた時の、あの快感、アドレナリンが出る感じ。
ダイエットも、立派な依存症だと思います。数字がへった時の快感を得るのが、体重を気にしたダイエット。
一瞬の喜びを味わいたくて、極端に食事を減らすと言う、後々危険になるというのがわかっていても、その時だけでも体重を減らしたい!という気持ちがずっと続くわけです。

ただこれをずっと続けていくと、どんどんどんどん代謝が落ちてしまって、逆に太りやすい体質になり、いつまでもダイエットジプシー、何やっても痩せないと言う負のループに陥るわけです。

そして、ただ太りやすいと言う体質になるだけならば良いのですが、食べたら太ると強く思うばかりに、今度は、自分自身で食欲がコントロールできなくなってしまいます。

気持ち的には痩せたい、でも食べる事はやめられない。

そうなってくると、食をコントロールする脳と痩せたいと思う心と、それに振り回される身体と心が、バランスをすっかり失ってしまいます・・・

これは、最終的に1番怖い、いわゆる過食、拒食といった摂食障害と呼ばれるもので、食べると言う行為自体が壊れていってしまいます。

本当に怖いのはこの状態にいきついた時です。

「私はそこまでならない」と安易に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は予備軍の人は沢山います。

そして、何がきっかけでそうなるかは「誰にも」予想できないんです。

ということをお伝えできるのも、私がその摂食障害でかなり長い間苦しみました。

やはりきっかけはダイエットだったのです。

間違えた知識で苦しいだけのダイエットや、最終的には心も身体も壊してしまう、ということにならないようにも、正しいダイエット知識をつけて、美しく痩せる!理想の減量を成功させましょう。

今すぐ試せる豆知識
「毎日できる!あたり前ダイエット」
※2020/7/28お昼のFacebookライブの模様です。


~ ラストダイエット ~
毎日がんばる、あなたへ。
チャンスの片道きっぷを手に入れてください。

ママとして、頑張った証?!

ママとして、頑張った証が『お腹のぜい肉』だなんて、
皮肉な話ですよね。

あなたは今、自分の身体を鏡で直視できますか?

向き合えば、見えてくる。
ゆるせない「脂肪」

お風呂上がりに10秒、正面から。

そして、できればもう10秒、今度は、横からのシルエットも確認してみて下さい。

鎖骨の見えかた。

バストトップの位置。

ウエストのくびれ。

ヒップの高さ。

足の筋肉で引き締まったシルエット。


どれかひとつでも
「妊娠前と変わらないわ!保てている!」

と、言う事であれば、
この先に目を通して頂く必要はありません。
でも、そうでは無いとしたら…
このまま、読み進めて見て下さい。

きっと、今、あなたが一番、何が必要なのか
見えてくるハズです。

キレイになる事に、罪悪感は必要ありません。

もう一度、ノースリーブを着て
ショートパンツを履いたっていいじゃないですか。

赤ちゃんを産み、育てることは、凄く立派で、大変なことで、
だからこそ、そんな女性が
「美しさも欲張って欲しい」と思います。


40代、もう後が無い。

産後の体重を戻しやすい
ボディメイクのチャンスは、もう二度と無いかもしれません。

また、これまでと同じように
間違ったダイエットを繰り返して・・・
あなたはいったい、何才になっているでしょうか。

あなたの一生で、最後のダイエット。

これまでに、何らかのダイエットを、
2回以上失敗している方は必見です。


あなたがキレイになる事に
罪悪感を感じる必要はありません。
あなたを
人生のラストダイエットへと
ご案内いたします



  • もうダイエットをするのを最後にしたい
  • 産後太ってしまったこの体をなんとかして、独身の時のような体型にしておしゃれな服が着たい
  • ひとりでしていてもどうしても続かない
  • 何とかダイエットから卒業したいと思っている

そんな方に、きっと効果を体感頂けると思います。

まずはお問い合わせフォームから、あなたのお声を聞かせてください。

▼ あなたのお声を、聞かせてください ▼


お客様の声

無理をしない、リバウンドしにくいダイエットなので、長く続けられて、確実に成果が出た。ウエストがどんどんくびれていった。失敗しても自分で立て直す力が身についた。
M様 40代 女性
専門知識が豊富なきのしたさんの説明はとてもわかりやすく、自分が今まで抱いていた疑問を払拭してくれるような的を得たモノで腑に落ちる所がたくさんあった。
U様 50代 男性
一ヶ月コース×三回更新しました。経済面からも躊躇してたからです。でも結果三回やってよかった! 目に見えての大きな成長成功はなくとも、確実に小さな成功事や得たこと気付きがあったからです。 特に嫌悪してた糖質摂取(米)については、なんとなくわかってはいたけど、なかなか中途半端な受け入れ方だったとこから、ようやく、やっとちゃんと見直せ始めているところです!
M様 30代 女性
食事だけでない、いろんな面での気遣いが、期間を短く感じさせるほど、優しく心に響きました。 心と身体に優しいダイエット、実感できました。 会ったことはありませんが、電話でも、そのお人柄は、充分伝わりますし、感謝の言葉しかありません。 このような時期だから、どうぞご自愛下さい。
I 様 50代 男性
専門知識が豊富なきのしたさんの説明はとてもわかりやすく、自分が今まで抱いていた疑問を払拭してくれるような的を得たモノで腑に落ちる所がたくさんあった。
U様 50代 男性

今だから話せる。
きのした ひとみ と ダイエット

▼ ラストダイエットを手に入れてください ▼